教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 | トップページ | 合奏発表会も終わって、、。 »

2017年1月17日 (火)

発表会の合奏とソロの違い

今週の日曜日は合奏発表会です。先週より一気に寒くなり、病気になって出られない人がいないといいのだけれど、、、。

 発表会の前に必ず思うのは、もう少しはやく練習に取り組めばよかったな〜ということ。わかってはいるのですが、ちょうどやりかけの曲を辞めて取り組むのは、後々、またやり直さないといけない場合もあるので、キリのいいところで、取り組もうと思うのですが、これがなかなかうまくいかないのです。

 難しい問題です。
 ソロに比べて、合奏は、みんなで弾くので、一人失敗しても目立たないというのはありますが、自分のテンポで弾くわけにはいかないので、大人の生徒さんは、難しい曲になると、難しい箇所が、速さについていけなくて、本当に大変そうです。
 逆に、子供は暗譜なので、これはこれで大変だと思う。(なかなか、たくさんの曲を運弓まで覚えるのって大変だと思う)
 あと、間違った時に、引きずらず、すぐ次にいくのも苦手な人が多いですね。
失敗した!!と思った時に、やり直すことはできないので、そこは捨てて次に次に弾いていかないといけません。、、、もちろん、間違わないに越したことはないのですが( ̄ー+ ̄)
 それとうちの発表会の大合奏は、前半、後半ともに難しい曲からスタートしますので、どのレベルの生徒さんも、1番緊張するのが、初っ端の曲になります。
 最初の曲がうまく弾けずに、その後もその気持ちを引きずって弾いている生徒さんもいるようですが、曲ごとにうまく気持ちを切り替えて、最後弾き終わる時には、弾ききった満足感で終われるようにしてほしいなと思っています。
 
 でも、1月の発表会は寒いし、やっぱきついです。できたら気候のいい季節に発表会は行いたいのですが、なかなか、ホールの抽選に当たらないのが困りものです。( ̄Д ̄;;

Img_0551_1_2

今年のプログラムは、うちのコピー機が
壊れかけているので、小倉で作ってきました。
先週の全国ニュースになった、中学生のモノレール寝そべり事件?が起こった駅の
めっちゃ近く、、、と、ここまで書いて気付きましたが、その日でした。
まったく、、北九州をこんなことで有名にするのは、本当にやめてほしいものです( ̄Д ̄;; 話題がずれてますね。笑

« 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 | トップページ | 合奏発表会も終わって、、。 »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/69274903

この記事へのトラックバック一覧です: 発表会の合奏とソロの違い:

« 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 | トップページ | 合奏発表会も終わって、、。 »