教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« ポケモンGO | トップページ | ブログ、再開します。 »

2016年8月 2日 (火)

ヴァイオリンを弾くときの重心のかけ方

毎日、34、35度と暑いので、我が家では連日、かき氷機が活躍しております。
昨日はブルーハワイの氷みつを買ってきました。
といっても、製氷カップをなくしていたので、最近の話です。それまではアイスを買いまくって?ましたので節約になります。ちなみに、製氷カップのかわりにお茶碗一杯分の冷凍できるタッパーを使ってますが、ちょうどいい大きさです。

さてさて話は変わりますが、、、
ヴァイオリンを教えていて、弓の動きの悪い人をいろいろ見ていて、気づいたことがありました。

基本の姿勢を教える時に、肩幅より少し狭いくらいに足を開いて、少し左に重心をかけるようにして楽器をもたせます(と言っても、弾いている間は、重心が右に移る時のありますので、重心を動かせるように足の置き場を決めるのが大事だと思う)

でも、どちらかといえば、かかとよりつま先の方に重心を置きます。

たまたま先週教えていた幼稚園生が、運弓が良くないので、一緒に弓を引っ張って動かしてあげていた時、離すと後ろに倒れそうになっていたのを見て、もしや!?と思って、重心を直してみたところ、運弓が良くなりました。

次になぜか、右のかかとの方に重心を置く癖のある生徒さん(いやあ、何度も直すように言っているんですけどね( ̄Д ̄;;)の重心を左のつま先よりにかけるようにしてもらったところ、ダウン時、後ろに弓が曲がっていたのが前に出るようになってきてました。

重心って思っていたよりも大事だったのね。と思い直しました。

ちなみに、私の左足のつま先と首は通常の時もヴァイオリンを弾いているときみたいに常に左側に少し傾いていると整骨院の先生に言われました。毎日の習慣って怖いですね。というか、職業病ですね。

私の場合は普段、曲がらないように気をつけないといけないのですが、生徒には足の向きや、重心についてもっとちゃんと見てみようと思いました。

« ポケモンGO | トップページ | ブログ、再開します。 »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/66804284

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンを弾くときの重心のかけ方:

« ポケモンGO | トップページ | ブログ、再開します。 »