教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 羽生くんと晴明神社 | トップページ | 見学に来る人と来られる生徒 »

2015年12月15日 (火)

耳がだまされること

少し風邪気味なので、本来ならジムに行くところですが、行かずに家でおとなしくしています。

ところで、ヴァイオリンのレッスンをしていて困るのが、エチュードは♯系、曲は♭系みたいな時(もちろん、逆も)!

けっこう上級者さんでも、♭が3、4個ついたエチュードの後に、♯が3、4個ついた曲を弾いていると初めの音から変な音程を弾き出すことがあります。

困ったものです。
仕方がないので、エチュードの後、曲の音階を、ちゃらちゃら〜っと弾いてもらって、耳をなじませてから曲に入ることもしばしばですが、、生徒さんによっては、セブシック(指の練習)ポジション移動の本、エチュード、曲とたくさん宿題を出している人もいますので、音階まで欲張ってできないこともしばしば。
もう少し、テキストを考え直さないといけないかも、、と、ちょっと思っていたりします。
大人の生徒さんは、音がわからなくなって、パニックになってしまって、余計弾けなくなる方もいます。
はじめてこの状態になると、とてもショックを受けていてかわいそうです。
ピアノだったら、こういう心配は絶対ないんだけどね。
耳だけに頼るのではなく、指で押さえる位置を覚えておくのも大事だと思います。
耳は騙されても、指の位置さえ間違っていなければ、怖いものはなしさ!?。(弦が狂っている時は例外ね( ̄Д ̄;;)

« 羽生くんと晴明神社 | トップページ | 見学に来る人と来られる生徒 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/62976450

この記事へのトラックバック一覧です: 耳がだまされること:

« 羽生くんと晴明神社 | トップページ | 見学に来る人と来られる生徒 »