教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 今時の体重計 | トップページ | 子供の練習に親はどう関わるのか!? 2 »

2015年10月31日 (土)

子供の練習に親はどう関わるのか!? 1

今日は5週目なのでレッスンがありません。
長女が模試なので、終わったら博物館に直行しようと思っています!

 子供の練習にイライラが募り、レッスンを辞めたいというお母さんがいまして、昔の私や、他の生徒さんはどうしているのか?と考えてみました。

 確かに、ヴァイオリンという楽器は、導入時期が大事で、鈴木の教本でいうと、「キラキラ星変奏曲」がしっかり弾けるまでは大変だと思います。
 姿勢、持ち方、音程をとることなどができないと弾けませんので、3歳児など、そこまで到達するのに1年位かかってしまうこともあります。

 そんなこんなで、同じような練習が続くので、子供も練習の楽しくない日も多々あると思います。、、まあ、そこをなだめすかしながらやっていくのが親の役目coldsweats01

 とはいえ、昔、私も、こどもが練習を始める前に、ノロノロ松ヤニを塗ってみたり、モタモタ肩当をつけて、はじめたかと思うと、「お水飲みたい」とか言い出したりして、イライラが爆発してしまうことが何度もありましたangry

 音や、リズムが間違っているといっても、「わかってる!」と怒ってみたりするのに辟易してみたりね 汗。

 そうなると、もう練習に付き合うなんてできません。ひどい時には、ぎゃんぎゃん怒って子供も泣いて終わりという日もありました。、、、ま、私だけではなく、こういう親子バトルの話は多々聞きます。

 まあ、ただ、あんまりガミガミが過ぎると、子供がヴァイオリンを嫌いになってしまうので、そこはちょっといいところがあったら褒める。「昨日より上手になったじゃん。」「今日は自分から練習する気になって偉いね。」、、当然と思えることでもなんでも褒める。と、案外子供はやる気になります。

 そんな練習のうまくいく日とダメな日を繰り返しているうちに、練習に関わる方法がなんとなくわかるようになるし、ストレスも軽減してくるというものです。
 まあ、小学校も高学年になると、「練習しなさい」と声をかければ、大抵の子は練習をします。
 初めは気乗りがしなくても、いつのまにか30分位弾いているというのが常ではないでしょうか。

 ヴァイオリンを習うメリットに、我慢強い子供になるという事がよく書かれていますが、親もかなり忍耐強く成長できる気がします。

 そこまではしたくない、、けど、子供にやっぱりヴァイオリンを習わせたいという方に読んでほしい記事は、次に書きます。

 ただ、子供が小学生以上で、子供からはじめたいと言ってはじめた方に限りますが。また明日paper

 

« 今時の体重計 | トップページ | 子供の練習に親はどう関わるのか!? 2 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/62298250

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の練習に親はどう関わるのか!? 1:

« 今時の体重計 | トップページ | 子供の練習に親はどう関わるのか!? 2 »