教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« ハウステンボス 4 | トップページ | ヴァイオリン肩当て »

2015年5月26日 (火)

教室の見学

突然、暑くなってきましたね。今年は猛暑だったら嫌だな〜。

ところで、最近ヴァイオリンを始める方が多いのですが、皆さん、けっこう見学に何件も行かれていて、感心します。

まあ、何年も習うことを考えれば、当たり前なのですが、、。
私は、子供の頃、見学に行かず(というか、田舎だったので教室自体もほぼないし、他県の先生に通ったりもしていたりで)、紹介される まま、変わっていたので、習いだして「こんなはずではなかった、、」と思って我慢して通ったり、挙げ句の果てに辞めたりしていました(^-^;。
特に、印象深かったのは、それまで習っていた先生から紹介していただいたピアノの先生のグランドピアノの上に、お座敷ワンちゃんがのっていて、レッスン中もうろうろして、ちょっと動物アレルギーな私にはレッスンに集中することができず、親に頼んで辞めさせてもらったことがありました( ̄◆ ̄;)。
先生を選ぶコツは、レッスンの第一印象でしょうか。
「この先生、厳しすぎ!ついていけない」、、とか、逆に、「もっと細かく教えて欲しい」等思われることがあるかと思います。そういうの、大事にしたほうがいいと思います。
あと、一番大事なのは相性。
相性なんて、一回見てわかるもんじゃない、、とお考えの方もいるかもしれませんが、そうでもないと思います。
先月、高校の参観日に行きまして、娘の学年、ザザ〜っと、全教室窓ごしですが見て歩きました。

で、勉強を忘れた私でさせ、「この先生の、英語めっちゃよくわかる!」とか、「この先生、嫌味ったらしいから習いたくないな。」とか感想を持って見てました。
そんなに長い時間見ていたわけではないのですが、好きな授業、あまり受けたくない授業は、判断できましたよ。
というわけで、見学に行かれた時の先生の印象は大事された方がいいと思います。
ちなみに、うちの教室では、体験レッスンはしていません。
けっこう、体験レッスンの問い合わせはあるのですが、受けません。
なぜなら、一回、体験することにあまり意味を感じないからです。
もちろん短期で何回かレッスンに来たいという生徒さんは受け入れることはあります。でも、、1回だけのレッスンで相手の状態や、性格もわからないのに何かを伝えるというのは難しいです。
特に、初心者さんの場合、よく進んだとしても、1回目のレッスンでは、楽器を持てて、少し音を出せる程度までしか私は教えていませんので(某大手教室では、キラキラ星が弾けるとも聴きましたが、、、ある意味、すごいな。こっそり習いに行ってみたい  )
体験はやっぱりできないのです(´-д-`)。、、、見学で判断してほしいのです。
話、若干それちゃいましたが、楽器を習い始めるということは、先生と教室と長い付き合いになります。あっという間に10年くらい経ってたりします。、、ので、はじめは、やっぱりそこそこ慎重に考えるべきだと思います。
でも、最近、見学にも来ず、突然始められた方!!と、体験ができないと言ったら(見学ではいかがですか?とも言いましたが)無理なカンジの方と、両極端、いらっしゃいまして、世の中いろいろだな〜と私自身もカンジているところです。
P、s。あと、回数と時間と月謝に納得がいくか、、も大事かもですね(^-^;
 

« ハウステンボス 4 | トップページ | ヴァイオリン肩当て »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/60147244

この記事へのトラックバック一覧です: 教室の見学:

« ハウステンボス 4 | トップページ | ヴァイオリン肩当て »