教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 鈴木の6巻 | トップページ | 楽譜の数字 »

2015年1月29日 (木)

言葉の使い方 1

昨日までの暖かさが嘘の様に今日からまた寒くなってきましたね〜。

次女は、担任の先生の好み?で、窓が開いた教室で授業を受けているのか、寒さにメキメキと強くなり、家に帰ると、「暑いし、空気悪い!」と言って窓を開けたがります。ううう〜やめてくれ〜o(;△;)o

ところで、今月は、寒さとヴィオラからくる諸処の痛みで(汗)、整骨院にけっこう通ってしまいました。

昔、宮崎県の田舎の整骨院に行ってた時は、(こんなんでよくなるんかいな?)みたいな治療を施されていましたが、何十年か振りに「腕が上がらなくなって」行ってみると、丁寧な施術で感動しました。いやあ、、痛んだらすぐ行ってしまいたくなるというカンジです。
って、整骨院の話ではなくて、、実は、整骨院のお姉さん達が、患者さん(常連さんの高齢者さん達)に話すのが、タメ語で、っていうか、小さな子供に話しかけるように(たぶん、親しみを込めてそんな話し方をされているみたいなんですが)話しているんですよね。
で、それを聞いて、「私って、年上の生徒さんにどうやって話しかけているんだろう?」って考えてしまいました。たぶん普通は丁寧語(〜です。〜ます。)だけど、たぶん、注意していると、ぞんざいな言葉で話しているなあ。。と。
後、長年教えている生徒さんにも、結構、気を抜いて話しているので、くだけていたりするのかな?と。
まあ、さすがに小さな子供に話しかける様な言葉遣いはしていないけど、、どうなんだろう?と、ちょっと心配になってみました。
でも、この前、そんな事を考えつつ、年の変わらない社会的立場の高い生徒さんに話しかけていると、なんかめっちゃぎこちないカンジになってしまって、考えすぎもよくないと思ったり、、( ̄Д ̄;;
もともと私、ちょいコミュ症気味だしね、、と思ったりw。
家にいると、長女のヲタ語が伝染るし、言葉って難しいですね。
ちなみに、私は、生徒にタメ語で話されても、ほぼ気にならない自由人ですw。

« 鈴木の6巻 | トップページ | 楽譜の数字 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/58744603

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の使い方 1:

« 鈴木の6巻 | トップページ | 楽譜の数字 »