教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 発表会の反響? | トップページ | 手帳 »

2014年11月20日 (木)

風邪と村上春樹

ここのところ、ずっと忙しくって、ブログ書いてませんね。と言われつつ、、まじで、書く時間ないんだよ。勘弁してよってカンジでした( ̄Д ̄;;。

でも、今週、久しぶりにゆっくりできると思ったら、大風邪をひいて、久しぶりに寝込みました。

インフルエンザ以外で、38度熱が出るのも、久しぶりで、2日間寝込みました。、、、寝込みすぎて、昼まで寝ていてレッスンに来ていた生徒から、電話もらって、帰ってもらうという失態をしてしまうほど(申し訳なかったです(人><。)ダウンしておりました。

ま、その間、寝込みながら、起きている間に、遅ればせながら村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読んでました。
どうも、私の場合、村上作品は、心か身体がちょっと病んでいる時のほうが、同調しやすいみたいで、具合はすこぶる悪かったのですが、本はいいカンジで読めました。
「ノルウェーの森」に若干かぶる印象を受けましたが、やはり文章の美しさとか、透明感みたいなものが好きです。、、とくに、フィンランドに行ったところの話が、というか、情景が胸に沁みましたね。
話のテーマになっているリストの「巡礼の年」が、この話と本当にあっていて、布団の中で何回か聴きました。
村上作品って、現実的ではないけど、世界感がけっこう好き。
最近、死を身近に感じていたので、余計心に感じることがあったのかも。
関係ないけど、キーポイントの女の子(シロ)の名前が、「ゆづ」で、クロが「ゆづ」が「ゆづ」が、、って話すたびに、頭の中で、羽生結弦くんを思い出して、、それだけが、、う〜んsweat01
(ついでに、羽生くんの怪我の心配まで思い出してしまって、話に集中できなくなってしまったのは、個人的理由ですね)
あと、沙羅は、ちょっと、出来過ぎキャラな気がしました。、、心に闇を持っている他のキャラクターには共感出来ましたが。
そんなカンジで、本を読み終えて、私も風邪から、少しずつ立ち直りつつあります!

« 発表会の反響? | トップページ | 手帳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/58043558

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪と村上春樹:

« 発表会の反響? | トップページ | 手帳 »