教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« グランプリファイナル 福岡 男子フリーの話。 | トップページ | ヴァイオリンを弾く時の服装 »

2013年12月16日 (月)

グランプリファイナル 福岡 男子フリーの話。 その2

忙しい合間をぬって書いたのですが、けっこうかかってしまい、今週末は全日本選手権ではありませんか!!

 あああ、、、(いろいろ思っております)

ところで、土曜日、実家レッスンを終え、JRで黒崎に向かおうとした所、事故が起こったばかりで、電車が動くめどがたたないということで、、、実家の母に車で送ってもらいました。この日は、山口から生徒が来る日だったので、変更できないshock(もう出発してるはず!)とあせりました。無事ギリギリ間に合って良かったですが、電車事故、めっちゃ困ります!JRなんとかしておくangry

というわけで、最後のGPファイナルネタ!↓

まずは、町田樹くん。

 SPの失敗を引きずらず、良い演技でした。
演奏も同じなのですが、気持ちをいかに早く持ち直すかっていうことが、やっぱり大事なんですよね。ジャンプもいいカンジで決まって(最初の4T  4T+2と決まった時は、感動!)スタオベです!
 
 私の後ろの人が、「進撃の巨人」のリヴァイさんに町田を見立てた?進撃の町田という旗?をふっていましたが、、町田君って、確かにリヴァイさんの髪型と同じですよね〜。笑
 隣に、幼稚園の子供とそのお母さんが座っていて「後ろの人、兵長、持ってるよ」「ほんとだ!リヴァイさんだ。」みたいな会話をしていて、ちょっと笑えました。
その女の子、初めのJrの時から来ていて、「羽生君、いつ出る?」ってお母さんに何回か聞いていて「あと3時間くらいかな。」と言われてて、ちょっと大変だろうな〜と思ってました。そして、6分間練習のとき、オーサー監督がプーさんのティッシュケースを持って来て、リンクのふちにおいていると、お母さんに「プーさんがいるよ〜」と。するとお母さんが「羽生君も、オーサー監督もいるじゃない!」と言っていたのが面白かったです。
話が思いっきりずれました。  閑話休題
織田くん
 一つ目のジャンプは決まらなかったものの、後はいい調子で滑ってました。ステップの所では、みんなあたたかく手拍子してました。
 やはりこういうプログラムが彼にはあっているなと思いました。
羽生結弦くん
 6分間練習で決まっていた4Sが残念ながら失敗ジャンプに終わっていたものの次の4Tは綺麗に決まり、後は、いいカンジ。
 羽生君の時は、最後まで失敗してほしくなくて、祈る様な心境で見てました。
ロメジュリ、、ストーリーも狂おしいのですが、見てても苦しかったわ。内容は素晴らしいんだけど、ハラハラして。
  もう、ジャンプ飛ぶたびに、「よし」「よし」って心の中でかけ声かけつつ最後のスピンの時には、「後少し頑張れ。頑張れ」って心の中で祈りながら見てました。
 
 私的には、Pチャンを上回る点数が出るとは思わなかったけど(Spの点数とあわせて勝つかなあとは思いましたが、、ごめんなさいsweat02)嬉しい優勝でしたね。
 
 ちなみに、隣の子も、「羽生君、負けちゃうの?」ってお母さんに聞いてましたよ僅差なカンジがしていました。
  そういや、公式練習のとき羽生君が、胸を剣で突き刺す動作の練習を何回かしていました。。おおっ。ジュリエットってカンジでしたねw。
 表彰式は、ちょうど背中を見るカンジになりました。といっても、こちらを振り向いて手を振ってくれたりもしてましたし、織田君と話したり(織田君が変な姿勢で?メダルを受け取っているのをまねたりしてました)している横向きの羽生君を見ておりました。そして、日の丸が揚がって、君が代が流れるのを会場で聴けて感激しました。、、気がはやいけど、ソチオリンピックでも頑張ってほしいと強く思いましたよ。
 で、他の表彰式も見たいところでしたが、すでに22:00もまわっていましたので、走って博多駅まで帰りました。(臨時便バス、、乗れそうにないくらいの人だったので)

« グランプリファイナル 福岡 男子フリーの話。 | トップページ | ヴァイオリンを弾く時の服装 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/54274703

この記事へのトラックバック一覧です: グランプリファイナル 福岡 男子フリーの話。 その2:

« グランプリファイナル 福岡 男子フリーの話。 | トップページ | ヴァイオリンを弾く時の服装 »