教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« ヴァイオリンの副教材 | トップページ | 熱中症 »

2013年7月10日 (水)

ヴィオラのテキスト

一昨日、梅雨明けと同時に、雨も一粒も降らず、灼熱地獄ですね。泣

練習も長く続ける体力がありません。
昨日 ヴァイオリンの副教材の話を書きましたが、今日は、ヴィオラの教本のことでも。

ヴァイオリンの教本に比べ、ヴィオラの教本って、少ないですよね。

近年は鈴木のヴァイオリン教本のヴィオラ版とかも出ているので、それを使って同じ様に教えていくのがいいのかも、、とも思いますが、過去、現在、私がレッスンを受け持った方で、初心者のヴィオラの方はいなかったため、鈴木の教本は、未だ使った事が無いんですよね。
ヴィオラ初心者さんを教える事があったら、使ってみたいですね。、、、途中から(5巻あたり?)ヴァイオリン教本と曲が違うのも楽しそうです。
では、いったい、どのような教本を使っているかというと、「磯良男さんのヴィオラの教本」(いろいろな音階と小品がのっています。)と本人の弾きたい曲!
今、教えている生徒さんは、特に希望がなかったので、「ヴィオラ31選」を順番にやってます。
31選、、、いろいろな楽器のものが出ていますが、中身は楽器ごとに違って、楽しいです。有名な曲がほとんどだし、、。
まあ、これが終わったら、エチュードは、「カイザー」や、「クロイチェル教本」、音階は「カールフレッシュ」というたぐいにシフトしていくのがいいのかな!?とも思っています。
ちなみに、私は、音大で、じゃんけんに負けて!?カルテットで、突然、ヴィオラを弾かないといけなくなったのがきっかけで、はじめに弾いた曲は、モーツアルトの弦楽四重奏曲の「狩り」でしたね。
いやあ、もう、ハ音記号も読めないし、運指は違うし、大変でしたよ。
卒業して、「BACHのチェロ組曲のヴィオラ版」で、ヴィオラの練習を少しずつしたけど、後は無理矢理、カルテットや弦合奏で弾いて、慣れましたね。
でも、、チェロだけは弾けないなあ。。。笑

« ヴァイオリンの副教材 | トップページ | 熱中症 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

毎日暑いですね!
ところで、素朴な疑問ですが、プロ、アマ問わず、ヴィオラしかやったことがないというという人って、どのくらいいるんでしょうね?
おそらく、1割もいないんじゃないかと。
それと、不思議なのが、ヴィオラのサイズ、380mm~420mm、かなり大きさに違いが。

先日、プロの人に聞いたのですが、380mmとのこと。
どうりで、ヴァイオリンに見えたわけだ。

それにしても、ヴィオラの教材って、少ないんですね。
生徒が少ないから、先生も少ない、当然教材も少ない、ということでしょうか。
そういえば、ピアノの教材は、ヴァイオリンの教材の10倍以上あるそうです。

ちさこさん
 こんにちは。ほんと、毎日、暑いですね。
ヴィオラしかやった事無い人、、、プロの人はたぶん、子供の頃ヴァイオリンを弾いていて、ヴィオラに変わった方がほとんどだと思います。
 でも、アマチュアの方では、高校や大学のサークルなどで、いきなりヴィオラを弾かれている方もいるので、少なからずいらっしゃるのでしょうね。
 ヴィオラは、サイズがまちまちですね。私のはけっこう小ぶりですw。

ヴィオラの教本、昔に比べたらそれでも、増えた気もしますよ。
ピアノの教本は、ほんと、選べないくらい多いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/52391377

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラのテキスト:

« ヴァイオリンの副教材 | トップページ | 熱中症 »