教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 今月もおわりですね | トップページ | PM2,5 »

2013年3月 5日 (火)

リュリ〜子供の方が知っている事がある。

ああ、週末、ヒドイ花粉症から発熱、あげくに喘息で救急病院で点滴を打って来てしまいました。って、こんなことばかり書いてると、病気ブログになりそうで怖いな。

ま、気を取り直して、今日は音楽の事を少し。

点滴から帰って、ぼんやり「らららクラシック」を見ていたら、指揮棒の話をしていました。で、リュリが出て来たんですけど、、

 長女がすかさず「この人、指揮棒を足に刺しちゃって死んだんだよね〜」
 すると、次女も「そうそう、昔の指揮棒は、杖みたいなヤツで、どんどん拍子をとって、指揮してたら、足に刺さったんでしょ。」
 長女「で、傷にばい菌が入って、2ヶ月位で、死んだって国語の先生が言ってた」
 長女の国語の先生はヴィオラを趣味で弾かれる方で音楽通なんで、よく長女に話しかけて来てくれるそうなんですけどね。
 「なにか、リュリの曲、弾いた事ある?」「教本のガボットなら。。」みたいな。
 ちなみに、どうして、次女も知ってるの?と不思議に思い尋ねると「え?この番組で前に言ってたよ。」、、、なんで、私聞いてないんだろ?

私だけ、知識がないのもあれなんで、ちょっと調べてみましたw。
 1632年イタリアに生まれ生涯ルイ14世の為に宮廷バレエやオペラを作曲したフランスオペラの父とも言うべき音楽家。実はリュリは男色家としても有名(でも、結婚して子供も10人くらいいるらしいけど)
 ルイ14世に音楽家として寵愛されていたのですが、男色家である事を嫌われたのと、若手の作曲家に興味が移ったこともあり、リュリは1687年ルイ14世が手術を受け回復したことを神に感謝する「テ・デウム(賛歌)」を必死に指揮しました。あまりに指揮に熱が入ってしまい、思わず指揮棒を足に刺し、傷口に菌が入り2カ月半後の3月22日に亡くなったんだって。

 
面白いとこだけ?載っけてみました。
何年も前の事ではありますが、ヴィエニアフスキーが、ポーランド人だというのも、某ゲームで知ったし(何人とか考えず弾いてました。)まだまだ、知識の抜けが多くていやはやすみません。ってカンジです。

« 今月もおわりですね | トップページ | PM2,5 »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/50253398

この記事へのトラックバック一覧です: リュリ〜子供の方が知っている事がある。:

« 今月もおわりですね | トップページ | PM2,5 »