教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 合奏発表会が終わりました その2 | トップページ | フジパン、秋のキャンペーン »

2012年11月15日 (木)

合奏発表会が終わりました その3

めずらしく、頑張って続けて書いてます!otoshiterujyana

最後の大合奏。

Mさんには今回は間違いのないよう、重々確認してもらって(その1の話です)1曲目はヴィヴァルディのa-mollから。

これは、ダンナが指揮をしてたので、私は裏にいたのですが、次のユーモレスクから一緒に出る子に、「先生、プログラムの私の漢字が間違ってたよ」って言われ、みると、本当に間違っている( ̄◆ ̄;)。

プログラムを作ったのは私。

いやあ、フォントが大きいとか、書式が、段によって、変わるとか、なんかいろいろなことがあって、何回か、書き直しているうちに、打ち間違ったようで、、初めは合ってたんだけどなあ。。言い訳がましい、、、平謝りしていると、大人の生徒さんから、「ピアノの先生の名前がありませんよね!」って。
あ!!これは、間違いとかそういうレベルではなく、初めから、なぜか入れ損なってたわ。Σ( ̄ロ ̄lll)
 その時、はじめて、気づいたショックは大きく、完全にパニクり状態に。

とか、とか、なぜか出ない文字は入れこんで打ったりもしたものの、大事なところ、落としてるじゃないかああ。。自分。
もう気分は、壁に頭打ちつけたいかんじですよΣ((oÅO艸*)

完全にパニクり状態で、舞い上がって、「あれ?ユーモレスクの指揮って、はじめ、どうだっけ?これで、出れる?」と、エキストラのMちゃんに聞くと、こっちの方が、出やすくないですか?と言われ、完全にその気になって、その通り、振ったのはいいけど、
いつもと違うので、皆、弱気で出てました。
 
すみません。完全に、私のせいです。ごめんなさい m(_ _)m

その後、自信を喪失し、何曲か指揮していたとき、生徒が入ってくる際、並べる人に、ピアノ伴奏者さんが、私から、ピアノがちょうど見えない位置に生徒を配置しているよう頼んでいるではありませんか!!(ほんとは違うんだけどね。)

 そうか。。私の指揮がわかりにくいからもう、見ないとか、そういうことなのか_| ̄|○ と思い(もはや、ワンピースのネガティブホロウを受けた状態ですわ)見えない位置で、いきなり伴奏とヴァイオリンが始まる曲(2巻のブーレだったけどね)を振ったら、ピアノの出だしは、なかったです。、、はい、悪いのは私ですね。すみません。

 やっぱりそれはマズかったと思い、生徒にピアノの見える位置に移動してもらい、こんな状態は、絶対まずい!せっかくの発表会。みんなで楽しく弾こうって、思ってやってきたではないか!!と、気持ちを立て直し、後は、いい感じで、終えました。

 いやあ、不思議だったのは、気持ちを立て直し、心の中で、みんな、頑張ろうよ!と言いつつ!?振っているうちに、なんか音楽もまとまってきたように感じました。いやあ、音楽って、やっぱ、いきものですよね。、、って、もしかしたら、客席ではそれほど、何も思われていないのかもしれませんが、私の中ではいろいろありましたね。

 最後は、ダンナにバトンタッチして、キラキラ星変奏曲で、発表会は無事?終わったのでした。

 ちなみに、ピアノの先生がお手伝いの人に頼んだのは「指揮が見えないから、見える様に生徒を動かしてください」ってことだったんですね。で、それが上手く聞き取れてなくて、逆にずらされて、全く見えなくなったという、、、。

 いやあ。それくらい、わかれよ。自分。ってカンジでしたが、あの時は、もう、思いっきりネガティブホロウにやられてましたからね┐(´-`)┌

まあ、そんなカンジで、私個人の散々なカンジのネタ満載になってしまいましたが、客観的に見ると、よかったみたいだし、みんな楽しかったって言ってたから、いいとしよう!、、はい、ポジティブに戻りましたがな。

 お手伝いしてくれたエキストラの皆さん、リーベの皆さん、そして生徒の皆さん、いろいろ協力本当にありがとうございました。感謝しております。

 そして、これからも、よろしくね。

« 合奏発表会が終わりました その2 | トップページ | フジパン、秋のキャンペーン »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/47840470

この記事へのトラックバック一覧です: 合奏発表会が終わりました その3:

« 合奏発表会が終わりました その2 | トップページ | フジパン、秋のキャンペーン »