教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 笑えるコネタ2 | トップページ | 魅惑の建物、OPEN(笑) »

2012年6月29日 (金)

読書とヴァイオリン

今度は「BAKUMAN」風タイトルになりましたw。

子供の頃から、本を読むのは好きでした。
でも、高校生くらいの頃、親に、本を読んでいると「本読まないで、ヴァイオリンの練習しなさい」「ピアノの練習しなさい」「勉強しなさい」etc...とか言われまくり、なんだか本を読む事に罪悪感を持って読めないときもありました。
うう〜洗脳って怖い(;ω;)

そうはいっても、受験とか試験がなくなった今、また本を良く読むようになりました。

さてさて、小説を読むといろんな事を想像できます。
主人公の顔、行動とか、場面や風景、、。
ちなみに、漫画の場合は声は想像できますが、後はTVと同じく想像する余地がありません。
一旦、ドラマ化やアニメ化されたものを読むと、頭にそのイメージが出来上がってしまって、そのイメージで読んでしまうので、読みやすいけど、ちょっと残念なこともあります。

そんなカンジで読書をすると自由なイメージが描け、想像力を刺激すると思います。

で、この想像力、ヴァイオリンを弾いている時(他の楽器も)おおいに役に立つと思うわけですよ。

よく、生徒に「この曲、どんなイメージで弾いてるの?」と聞く事がありますが、「なんにも考えてなかった〜(;;;´Д`)ゝ」って答えが返ってくるときがよくあります。

っていうよりも、「じゃあ、どういうカンジで弾きたいの?」と聞いても「・・・・┐(´-`)┌」ってなカンジのときもあります。

 曲のイメージは、作曲者の国、時代や、作曲者の生きてきた背景(例えば、戦争がおこったとか、病気で苦しんだetc,,)を基にイメージしたり、自分が弾いていて、こんなイメージを持った、、というのもありで、いろいろだと思います。

 曲をそこまで弾き熟せてない人でも、「いい音をだしたい!」って思う訳で、 じゃあ、いい音って、どんな音だろう?って想像するわけでしょ!?

 まあ、そんなわかで、楽器を弾くのに想像力は不可欠だと思う訳ですよね。

で、それをてっとり早く鍛えるのには、読書がいいのではないかと思ったりしています。

 という理由を自分につけて、長年の本を読む暇があったら〜の呪縛をやっと克服しつつある今日この頃です。

 ただ、本にはまると、その世界に没頭しすぎちゃって困る事も多いので(寝る前に読んでたら、あっという間に、ものすごい時間に、、とか、やる事を後回しにして読んでて、色々困ったりとか、読み終わったら、引き摺っちゃって、鬱っぽくなったりとかw、、、)生活に支障をきたさないように注意しましょうねw.。、、って私だけ、、ではないはず!?

« 笑えるコネタ2 | トップページ | 魅惑の建物、OPEN(笑) »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

読書、いいですよねshine
今年に入ったくらいから家族で図書館ライフを謳歌しています。
毎回家族で30~40冊くらいは借りています。
読みだすと止まらないので、シリーズものにはまるとヤバイんですけどね。
自宅の前にあんな大きな図書館がオープンするひっきーさんが羨まし過ぎます


私は20年以上合唱をしていますが、歌は歌詞がある分、楽器よりは随分と気持ちをこめやすいものです。
でも外国語の歌は歌詞を意識しないと、ついつい語感や発音にばかりとらわれ、気持ちの伴わない「音」を出すだけになってしまう事もshockそれだと人にも伝わらないですよね。

合唱をするようになってから、楽器を演奏する時にも歌う事が大切なんだと痛感するようになりました。自分のピアノの音色も変化したんじゃないかな、と思います←下手は下手なりにsmile

明日30日17時から響ホールで合唱団の定期演奏会があります。
精一杯心をこめて歌ってこようと思いますnotes

YUPPIさん
 演奏会、お疲れさまでした。
歌は、楽器の原点ですよね。歌を歌うように、楽器も演奏しないといけないと、よく言われたものです。
さてさて、昨日、オープンした図書館に早速行ってきましたよ。
本も、勉強するスペースもたくさんあります!!shine
夏休みは、図書館に入り浸りになりそうです。
YUPPIさんもレッスンの行き帰りに、利用できますねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/45998148

この記事へのトラックバック一覧です: 読書とヴァイオリン:

« 笑えるコネタ2 | トップページ | 魅惑の建物、OPEN(笑) »