教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« ヴァイオリンケース断捨離!? | トップページ | 熊野旅行記 2 »

2011年4月21日 (木)

熊野旅行記 1

新しいテンプレートに変えたら、昔のものまで全部変わっちゃって、ショックを受けてしまい、結局、前回使っていた「リラックマ」に戻してしまいましたsweat02、、相変わらず、pcは苦手ですsad

さてさて、3月27日から31日まで、母と子供と四人で和歌山旅行についての記事を忘れないうちに書いておきます。

27日の夜20時発の大洋名門フェリーにて門司港より出発しました(フェリー乗り場まではダンナにcarで送ってもらったのですが、はやくついたので、出発前にデッキで夕ご飯のお弁当を食べました。)
 この日は、高校生の団体客(バレーとかバスケットとかの選手たち)が多くてフェリーも満席でした。
というわけで、二等旅客(ざこね席sweat01)に乗ったことを後悔しました。、、ベッドにしとくんだった、、sweat02
 さすがに他人とぎゅうぎゅうで寝るのは、寝にくいbearing、、というわけで、軽い睡眠導入剤を飲んで寝ました。長女のみ爆睡しててうらやましかったわcoldsweats01

3月28日
 7時に明石海峡の下を通るというので、6時過ぎには起き(っていうか、寒くて目が覚めたんだけどsweat02)船内で買ったマネケンのワッフルを食べて、8時20分にフェリーターミナルにつきました。Th_dscf0528_3

 フェリーターミナルから地下鉄で天王寺についたのは九時半過ぎ。白浜行きの特急くろしお7号は10時20分発だったので時間はたっぷりあり、まだ旅行もしていないというのに、駅で大阪限定ご当地チョッパーを子供と買い漁り?(私はご当地サンジも買ったよhappy01)弁当も買ってそれでも時間は余り、激寒いホームで待ってましたtyphoon  。
 ようやく特急に乗り(なぜか、くろしお往復切符というのにしたら、席がばらばらで、次女と私は隣でしたが、母と長女は違う車両で席もバラバラに、、ちなみに、隣の人は乗ってなかったらしく、変な切符でしたsweat02
 お弁当を食べたら眠気が襲ってきたので、DSと携帯の目覚ましをかけ、寝る前にパンダ席で写真をしっかり撮ってからしばし熟睡してました。途中からは「ドラクエ4」をやってましたが。
Th_dscf0550

 12時26分に白浜駅で降り、宿泊する「わたらせ温泉 ホテルやまゆり」の送迎バスに1時間ほど乗りホテルに着きました。
 チェックイン後、ホテルのバスで熊野古道へ。3時間半、2時間、1時間。30分と熊野古道を歩いて本宮大社に行くコースがあったのですが、私たちは1時間歩くコースを選択しました。
 昔?朝の連続TVドラマ「ほんまもん」の主人公の家がすぐ近くにある「伏拝王子」(和泉式部の供養塔も一緒にありました。皇太子も訪れたことがあると書いてありました)ところでバスを降り、本宮大社に向かって、熊野古道を歩く歩く。。Th_dscf0565_2


 マイナスイオンいっぱいなカンジの自然の音以外しない森(といっても花粉症の私はマスクと帽子で防備)をてくてく歩いて本宮大社に!
 熊野本宮大社、、全国3000以上の熊野神社の総本宮。熊野三山の中心聖地shineです。
日本の復興を願う垂れ幕が貼ってあり、私も自分のことだけではなく、東北地方太平洋沖地震の復旧、原発の問題解決を祈ってきました。
 Th_dscf0578

Th_dscf0580_2
 その後、大斎原(本宮大社の旧社地)に。夕日にあたる大斎原は神々しかったので、中もゆっくり見たかったのに、母が帰りたがったので、結局入らずじまいで、長女と後ろ髪ひかれながら(というか、ぶちぶち文句いいながらpig)帰りました。
 でも、帰りもホテルのワゴンが迎えにきてくれて、ほんと、至れり尽くせりでしたhappy01

 ホテルにつき、西日本最大の露天風呂と書いてある通り、広い露天風呂にのんびりつかりました。温度の厚いのから冷たいのまで、5つの広い露天風呂が連なってて、目の前には熊野の自然が見え、心から癒されましたconfident
 その後、夕食を。cameraは食べだしてすぐ撮ったので、その後、料理はまだいろいろ出てました。でも、この日はtrainで弁当を食べて以来、お菓子しか食べてなくて、腹ぺこだったので、珍しく、、というか、生まれてはじめて!?宿の料理を完食しましたscissors
Th_dscf0594
 母は、フェリーで眠れなかったあげく、trainで酔ったようで、具合が悪かったのもあり、食後、すぐに寝てしまったので(8時くらい?)私たちは、隣の「ささゆり」の温泉に入りに行くことに。
ここは露天風呂ではなかったけど、すごく広くて、しかも誰も入ってなくて、のんびりつかりました。
 その後、母を起こして怒られるのも嫌なのでcoldsweats01!?私たちも、よいこに?九時過ぎには寝たのでしたmoon1


つづくgood

« ヴァイオリンケース断捨離!? | トップページ | 熊野旅行記 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

熊野が呼んでいる~って感じの行脚ですね。再三ですが・・羨ましい~。

maria369さん
 さすが世界遺産と言われるだけあって、空気が神聖な気がしました。
思っている以上にいいところでしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/39534601

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野旅行記 1:

« ヴァイオリンケース断捨離!? | トップページ | 熊野旅行記 2 »