教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 基礎は大事! | トップページ | 前記事の補足 »

2010年7月16日 (金)

どこまで弾けたら楽しいのか?

昨日、少し部屋を片付けていて、過去に買った、ほとんど使っていない英会話の本がたくさんあることに気づきました。これって、勉強すべきpencil!?

 ところで、ヴァイオリン(ほかの楽器も同じだと思うけど)って、どこまで弾けたら楽しいのかな?と考えることがあります。
 答えは、ないんだけどcoldsweats01。っていうか、私ももっと弾けたら楽しいだろうなhappy01。って思うし、きっと一流の人だって、もっと自分の思った通り表現したいって思うんじゃないかなsign02
音楽は奥が深いので、ここまで弾けたから、達成〜!っていうのは、ないと思う。

 で、なんでこんなことを書いたのかと言うと、中学生になると、部活や塾に忙しい子も多いし、遠くの学校に通う子なんかもいて、ヴァイオリンの練習に時間を割くことができなくなってペースがかなり落ちる子もいます。
 別に、音大を目指している訳でもないんだから、それはそれで仕方ないんだけど、、。

ただ、思うんです。
 せめて教本が終わるくらい進んでいる子なら、やめても、アマチュアオケや大学オケなんかに入って弾いたり、そうしなくても自分で好きな楽譜を買ってきてある程度、弾いて楽しむことはできると思うんです。
 でも、そこまでいかないでやめた場合、結局、どうなんだろうってthink
たとえば、鈴木の3、4巻くらいで、やめちゃった場合、ヴァイオリンを弾く楽しみって、どれだけわかることができたんだろう、、とかthink
 もちろん、そういう人が、大人になって、またはじめた場合、まったく弾いたことのない人よりは、たしかに伸び白は多いとは思うけど、。でも、それくらいのレベルでやめた人は、もっと進んでやめた人よりは、弾きたいって思う率は低いような気がします。(dangerとはいっても、けっこう大人で、昔習ってました、、ってレッスン来てる人も多いので、、これはあくまでも私の憶測なんですがね。)
 
 と思うと、小学生(中学受験でお休みする人なんかは、小6半ば?)の間にどれだけ弾けるかによって、将来、ヴァイオリンでどれだけ楽しめるのかが決まるのかもsign02、、と思うと(ちょい大げさ?coldsweats01)、考えてしまいますね。
 もちろん、小学生半ばからはじめて、中学、高校と受験シーズンに多少のブランクはあっても、ペースよく進む子もいますので、一概に、小学生のうちに頑張らなかったらダメということもないんだけどね。
 ただ、あまりヴァイオリンの楽しさ、奥深さもわからずに、こんなものか、、と思ってしまうっていうのは、どうなん!?thinkなんて思ったり(まあ、ほかの世界も同じだと思うんですけど)上手く書けないけど、いろいろ考えてしまいます。、、、考えて、どうなるわけでもないんですけどね。

あと、「ブランク」についてもかなり考えるところがあるのですが、これは、また次回に。。
 
 

« 基礎は大事! | トップページ | 前記事の補足 »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

大人から初めてのヴァイオリンだと自分のヴァイオリン持ったっていうだけでけっこう楽しめると思うんですけど(笑)

でも音楽の楽しさを知るって奥深いですよね…
楽しい楽しいばっかじゃ なかなか見えないとこもあって…
でもプロになるわけじゃないからっていうのもわかるし;
とはいえ せっかくヴァイオリン持ったのに
なんだか もったいないことをしてるなぁ~ と思ってしまうヒトもいらっしゃって…(ごにょごにょ)
うお 偉そうなコト言ってしまった!(笑)

ひっきーさんは先生だから
生徒のご機嫌とるばっかじゃなくて
音楽とかヴァイオリンの素晴らしさとか美しさとか
生徒に伝えていく使命感みたいなものがあって
だから悩むンだと思いますヨv

身も蓋もないですが、弾ける弾けないと楽しめるは、違う次元だと思います。すごく音痴の人でも、楽しくカラオケを歌えるのと同じ??

行さんがおっしゃっているように、ヴァイオリン持っているだけでも楽しめる人もいると思うし。

プロになるなら、小学校高学年までに、きっちり基礎はしたほうがよいですよね。メンコンも弾けるくらいに。でも、そうなったからと言って、楽しめるかどうかは、また別の問題なような気がします。悩みが深くなるかもしれません。要は、音楽を愛する心が育つかどうかが、楽しめるかどうかの鍵だと思います。

話は変わりますが、私は成田達輝くんに注目しています。彼が、学生音楽コンクール中学校の部で一位になったときのビデオを見て、忘れられないくらいの印象を持ちました。聞くところによると、彼は中学からぐすごく伸びたそうです。8月からフランスに留学して、カントロフに師事するそうです。

お久しぶりです。
ひっきーさんの疑問はまさに今の私の悩み。実はだーりん、先生の都合でバイオリンレッスンは今年度までなんです。今たぶん最後になるだろう発表会を来月に控え練習してますが、これでレッスン受けなくなったら今後(将来)また弾くことあるのかしら?と思って聴いてます。中学で部活しないならジュニアオケとかに入れないかなあなんて私は思ってます。だーりんは何も考えてないみたいだし(先生は自分の先生にって言ってくれたんですが興味なし)。
今新しいバイオリン教本4だけど、将来&ジュニアオケの可能性あるかしら?やめちゃったら(文系の大学生が分数の計算できないみたいに)もう弾けなくなってしまわないかしら?

レッスンやめるときっと弾かなくなってしまうかも・・・そんな思いでレッスン続けてます。
「楽しい」というと一人で弾くのもよいけど、
合奏できるともっと楽しいと思います。
楽器持ってるだけでも楽しいけど、
人様に聴いていただけるほどになりたいという欲も・・・

楽しむっていうのは、視点をどこに置くかで変わるものなので、個人差のあることかもしれませんね。

個人的には、大人は「楽しく」でいいけど、子どもは楽しむというより「頑張る」とか「努力する」という心を養うほうへ重点を置いたほうがよいような気がします。(そうしなかった過去の反省から)

行さん
 大人からはじめた人は、自主的にやりたい気持ちが、子供より強いと思うので、何かなければ(仕事が忙しくって中断したとか、病気になって弾けなくなったとか、、なければ)続くんじゃないかな。
 子供は、親に「やりたい」とは言ったかもしれないけど、自分で月謝を払うわけではないので、やりたい意識が大人と子供では微妙に違うと思うんですよね。

> せっかくヴァイオリン持ったのに
なんだか もったいないことをしてるなぁ~ と思ってしまうヒトもいらっしゃって…(ごにょごにょ)
 いますよね〜。それでいいの?みたいな人。。まあ、いろいろってことでcoldsweats01


りんめいママさん
 私が書きたかったことは、ちょっと違ったので、また書いてみましたcoldsweats01、、、う〜ん。けっこう、書きたいことはあっても、上手く文にできないことって多々あるんですよsweat01残念だわ。
 別に、メンコンが小学生のうちに弾けなくても、プロになる人はいると思いますよ。10代の終わりくらいにどれだけ弾けてるかかもしれませんね。とはいえ、最近の小学生は上手ですねhappy01


ことままさん
 ことままさんsign01わかってくれてうれしい!!
まったく、ことままさんのコメントのような場合、この先ってどうなるんだろう!?ってことが書きたかったんですよ。
 ジュニアオケ、、レベルにもよるんじゃないでしょうか?
 でも、いったんやめちゃうと、戻るのは大変なので、もし続けさせたい意図があるんなら、なんらか、ヴァイオリンを弾ける場所!?を探した方がいいと思います。オケやアンサンブルは個人レッスンとまた違う楽しみもありますよ。、、まあ、もう少し、先生について頑張った方がいいとも思いますが。。。

Machakoさん
 ヴァイオリンはとくに、合奏すると楽しいですよね。そして、たまには人に聞いてもらえるような機会がある方が、やっぱり頑張れると思いますので、発表会などは出た方がいいと思いますよ。
 
>楽しむっていうのは、視点をどこに置くかで変わるものなので、個人差のあることかもしれませんね。
 、、そう、「楽しむ」っていうのは本当に千差万別だと思います。
「頑張る」とか「努力する」ということはほんとにだいじで、楽しむっていうのは、その上にあるものだと、私は思っています。
 特に子供には、Machakoさんが言うように、そういうことを大事にしていかなきゃと思っています。心を養う、、いい言葉ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/35770938

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで弾けたら楽しいのか?:

« 基礎は大事! | トップページ | 前記事の補足 »