教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« えんぴつだより 7月号 | トップページ | 縮毛矯正の難!? »

2010年6月30日 (水)

練習量より質が大事!

サッカー、白熱しましたね〜。
PKで負けたのは残念でしたが、すごくいい試合だったと思います。

そして、パクヨンハくんの突然の訃報、、ショックです。


でも!?ヴァイオリンの記事書きます。

 次女の練習を放置していたことはこの前書いた通りなのですが、やっぱり放置していたつけは、未だ取り返せていませんsweat02
 
 前から、ボーイングに悪い癖があったのですが、一人で練習している間に、悪い癖がついてしまって、なかなかとれませんcrying
 しかも、放置していたので、勝手に練習する癖がつき、口を出すと怒ったり口答えをしたりして、練習も無駄に長引き(弾いていないのにsweat01)時間だけがどんどんすぎていきますangry
 放置している間に、「5回弾いた」と弾いた回数だけは聞いていたのですが、めちゃくちゃな練習をするくらいなら練習しない方がましでは!?と思う今日この頃。

 生徒のレッスンをしてても、毎週、同じことを繰り返し言っていることがあるのですが、ちゃんと言うことを聞いて練習してきてくれれば、もう少しはやく曲も仕上がるのに、、と残念に思うこともしばしば。
 という私も、、レッスンに通っていた頃は、先生に、何度、同じことを言わせるのimpactと怒られていたので、あまり責められないのですが、、、。

 ヴァイオリンでも勉強でも、ただ闇雲にやったからいいってものではなくて、いかにポイントを押さえて一つの箇所を短時間で集中してやるかが大事なのではないかと改めて思った今日この頃ですthink


« えんぴつだより 7月号 | トップページ | 縮毛矯正の難!? »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

ひっき―さん!うちの娘にも言ってやって下さい。もう~って言うくらいひどい練習してるんで夜勤じゃない日に久しぶりに聞くと「なんじゃ~~~~~」って言うくらい酷い!でも本人は気持ち良く弾いてるんであたしの言う事なんか聞きゃしない。T_T

ひっきー先生のダンナさまにも言われました。リンリンはまじめに練習する子だというと、「まじめに間違ったことを練習してしまうと大変だ」と。その通りですね。ただ、弾けば良いってもんじゃないし、間違ったことをなんどもやって、悪い癖をつけるなら、弾かないほうがいい場合だってありますよね。

最近は、メイメイの練習(ピアノとヴァイオリン両方)に付き合わなくてはいけないので、リンリンは自分で練習していることが多いのですが、なるべくチェックを入れるようにしたいと思います。

「何度、同じことを言わせるの」は私が、リンリンと、メイメイに良く言うセリフです。2回や3回で弾けるようにはならない、目に見えないくらいの進歩で、できたと思ったら、またできないって、これ正常なことですよね。でもついつい、口に出ちゃうんですよね。

maria369さん
 気分よく弾いてるのを、しかるのもちょっと、、ってことありますよね。まあ、あきらかに音が間違ってるとか、弓が曲がってる時はやんわり言ってあげたらいいかもしれないけど、あんまりガミガミ言うと、気持ちも乗らなくなってしまうので、、、難しいですよね。


りんめいママさん
 リンリンちゃんは、下練習してくれる先生がいるので、そんなに悪い方向にいかない気もしますが、、。
 うちの子は木金は練習しない上、土日は完全に私が放置しているので、けっこう弾けるようにならなくて当たり前なのかもsweat02
 何度もできないことをやっているうちに、できていくのが成長するってことなんですよね。、、外野で見ているとつい口を出したくなる物です。

まさにそうなんですよね。

子供のバイオリンの練習、1対1で付き合ってあげないと音も指も弓も酷い有様でbearing

しかし幼稚園児にそんなに集中力があるわけがなく。
練習合間に妹や赤ちゃんのお世話もあり。


こっちが気合い入れて練習を見ててもすぐに惰性練習になってしまいます。

一旦止まったあと、じゃ今のとこからもう一回、と言うと
「今どこ弾いてたかわからない」
と言う始末shock

いけないと思いつつ、叱責して、手も出てしまいますdespair

こんな具合でバイオリンの練習が体力勝負になってしまいます。

目標を持って集中して練習してくれたら、短時間で終わるのになぁと毎日毎日切実に思っていますsmile

ひっきーさん、こんばんは

前にも書きましたが、
中学には行って、塾と部活も始まり、
練習時間が激減。。。
そりゃあ、弾けなくもなるわ(>_<)
という出来。。。

もちろん、ヴァイオリストにするつもりは
まったくないので、勉強も大事だし。。
小さい頃とは違って中学生には中学生の
難しさが。。。

前にコンサートを聴いた木島真優さんが
小学生の内に一通りは出来るようにならないと
というようなことをおっしゃっていたのですが、
レベルは違うけど、なんとなく実感しております。。

トホホホホ…
毎回レッスンで同じ事言われてるわ。(涙

>いかにポイントを押さえて一つの箇所を短時間で集中してやる
うんうん。
それが大事よね!!
先生からそのポイントをいっぱい聞いてるはず!
…なのになかなか実践できないでいるけど、、、(汗

先生とかお母さんに言われたとおり 
「何回やる」とか「何十分やる」とかいう言いつけだけを守って 
練習したことで安心してしまうんでしょうかね…?
大人の生徒さんはとくに 「やった」っていうだけで(笑)
ま 先生の言ったことをイマイチ理解できてないってとこも
ちょっとあるのかもしんない

真面目に一生懸命やったのに
「無駄な練習」なんて言われたら切ないですねぇ…

まあ でも わかりますヨ;
練習しながら 生徒自身も いろいろ頭働かせていかないと思うです
「先生は なんであんなこと言ったのかな?」とかね

ところで
話違うんですけど
ひっきーさん…風邪の時って関節かたくなります?
なんか夏風邪ひいちゃってね 
今日 2、3日ぶりにバヨリン弾いたら
右手が固い……そして痛い(涙)
風邪のせいだったらいいんですけど…

というワケで 風邪で関節かたくなる友達募集中です♪(笑)

リンリンはつい最近、四重奏の練習を始めたんです。ファーストとチェロはリンリンと同い年の女の子、ヴィオラは、ほん先生に弾いてもらうことになりました。

で、このファーストの女の子のお母さんがとにかく熱心で、リンリンと二人で練習しましょうと誘ってくるんです。この前、初回のレッスンの後も、時間があるなら、二人で練習すればって、言われちゃいました。1時間レッスンしたあとで、7時半。晩御飯も食べてなかったし、断ったのですが、ほん先生いわく、室内楽の練習をすると、上達が早いからねと言ってました。でも、どうやら、そのお母さんは、子供に練習させようととすると、反抗されるらしく・・・。二人で練習するのは楽しいですものね。

サッカー、残念でした。
マラドーナ率いるアルゼンチンもドイツに惨敗・・・
ワールドカップ、何がおこるかわかりません。

さて練習ですが、
練習量より質・・・とってもよくわかります。
でもでも、わかっていても質の向上は
なかなかうまくできません。
レッスンから帰った日はよいのですが、
日にちが経つにつれ、
レッスンで教えてもらったことを
忘れているというアホぶり・・・(反省)

よく先生から頭を使って練習するように言われます。
でも、なかなか先生の言われている意味が
わかるまでに時間がかかります。
基本的に向いてないとか考えることがありますが、
そんなことではおばさんはめげません(苦笑)
教えるほうは大変でしょうけど、
気長に付き合っていただいてます。

>何度同じことを…

あぁぁぁ…耳が痛い(涙)
ボーイング毎回同じことをいわれているダメなヤツです。
レッスン中にいわれるてその時は少しよくなるものの
一週間経つと、また戻ってしまうみたい。
自分では言われたことを念頭において練習して、少しは良くなったかな?と思っていくと
また新たに問題が?!みたいな感じで迷走中で、メゲてしまいそう(ノд・。)

YUPPIさん
 一巻くらいの間は、できるだけついててあげないと、なかなか練習厳しいですよね。あと半年くらいは辛抱でしょうか!?
 赤ちゃんがいると、ほんと大変だと思います。特に、1歳くらいの、よちよち時代は、赤ちゃんが、ヴァイオリンを触りたがり、本人も集中できず大変かと思います。
 しばらく大変でしょうが、がんばってください。


さななさん
 本当に、ある程度までの所まで小学生のうちにやっておいてくれないと、中学生時代は、勉強、部活などいろいろ忙しく難しいな。と思います。
 できない時期は、できるだけでいいと思います。、、やめてしまったら、元に戻るのは難しいですからね。


gaboさん
 大人は、頭ではわかっているけど、なかなか先生の言われることが、すぐできないのが、残念なところですよね。
 でも、大人でも、何度目にかできるようになって進んでいくので、のんびりがんばってください。
 まずは、楽器を壊さずに!?impact


行さん
> 練習しながら 生徒自身も いろいろ頭働かせていかないと思うです
「先生は なんであんなこと言ったのかな?」とかね

先生の言ったことを考えて練習してくれる人はのびますよ。いってることがわからない時は、先生にしっかり聞いた方がいいと思う。
 先生の注意したことを、ころっと忘れている生徒さんもたくさんいますからね。
 そして、私は、同じところに、いろんな色鉛筆で矢印や印を付け、そんな生徒の楽譜はすごいことに?なってます。


風邪のとき、関節固くなるっけ?とくに関節は意識したことないけど、体の調子も本調子じゃなくなるから、そんなこともあるのかもね。、、ごめん。わかんない。

りんめいママさん
 室内楽は楽しいですよね。室内楽の練習をすると、アンサンブル能力がたかまっていいですよね。
 練習時間を考慮しつつ、仲良く続けられるといいですね。
 


Machakoさん
 サッカー、本当に1試合の重さが身にしみますよね。トーナメント制って運も関係あると思います。

 先生が言っていることがピンとこないこともあります。私など、3、4年経って、あのとき、先生が言ってたことはこういうことだったんだ、、と思い出すこともありましたよ。 
 先生も生徒も、すぐに結果を求めず、気長にいくのがいいんではないかと思います。


美紀さん
 ボーイングが、よくなるのは本当に難しいです。
私も、学生時代(卒業してからもsweat02)ボーイングのことはず〜っと言われ続けました。
 体で理解しないといけないので、本当に難しいと思います。
がんばってね。


 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/35593139

この記事へのトラックバック一覧です: 練習量より質が大事!:

« えんぴつだより 7月号 | トップページ | 縮毛矯正の難!? »