教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 性格とヴァイオリン | トップページ | 大人の生徒の仕事とレッスン »

2009年5月29日 (金)

「天使と悪魔」

 昨日、行ってきました!「天使と悪魔」happy01
 実は、「ダヴィンチ コード」(小説)に、はまった時に、一緒に買ったのに、読まないで、放置したまま、映画化したので、今度は先に映画を見ることに!
 だって、「ダヴィンチ コード」見た時に、小説のほうがよかったbearingという思いが強かったので、、。
 
 で、やっぱ、たぶん、これも小説の方が面白いんだろうなあ。。と、想像がついてしまったわsweat02
 っていうか、内容詰め込みすぎてて、はじめの一時間ごとの予告殺人が、あれよあれよと終わって、なに、なに!?ってカンジだったし、なんかねえ、、ディテールにかけるっていうか、はいはい、こういう筋ですよ。ってカンジで、あっという間に終わってしまったわcoldsweats01

 ただ、イタリアとバチカンの風景はすばらしかったわ。あと、音楽note
美しいヴァイオリンがずっと流れてて、なんかすごく耳についてたんだけど、エンドロール見てたら、私の好きな、ジョシュアベルが弾いてたheart04。ベルちゃん、、よく、映画音楽弾いてるわね〜っと思いつつ、彼、顔も甘いマスクなんだけど、ヴァイオリンも甘い音でステキなんですheart01(大学生のとき、サイン会で記念写真撮ってもらったことがあるわhappy01。、、一時期、お気に入りでヴァイオリンケースにその写真入れて持ち歩いてたっけ。。)
 、、っと、また私のミーハーな話になぜかなってしまいましたが、「天使と悪魔」これから、読もうと思います。
 ミーハーついでに、、、6月6日に、私の大好きなビョンホンさんの映画「I COME WITH THE RAIN」が、公開になるのですが、昨日、行った映画館でも公開にheart01(今朝、映画のプロモーションの様子?がtvで出てました。)
 いつも水曜日(レディースデイ)に映画にいくようにしてますが、レッスンと重なり、なかなかいけないことも多いので、今回ポイントが溜まってるので、行ける時に、即、行きたいと思いますdash
ああ、楽しみだわheart01。。でも、キムタクのほうが、たくさん出てて、しかも、なんか、かっこいいカンジだったけど、、coldsweats01
 かっこいい人を見て刺激を受けると、脳が若返るんだってsweat01(勝手に、言ってろよ。。)

« 性格とヴァイオリン | トップページ | 大人の生徒の仕事とレッスン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

天使と悪魔、みたいです。
ダヴィンチ、私は映画のみだと全くわかりませんでした・・・小説読んだらきっと、小説のほうが面白いんでしょうね。

映画館で見たほうが、映像は感激しそうですよね!

バチカンとイタリアは昔1度だけ訪れたことが
あるけど、風景はほんとに素晴らしいね!
屋根の色まで法律で決まっていて
ああいう街全体の雰囲気を大事にすることに
感激したよ…そして日本に戻ってウヘっとなった(泣
電線だけでも何とかなるといいんだけど…
と、映画と全然関係ないことを(笑
わたしは映像先だと小説読んでるときに
映像が脳内で動いてしまうので、
やっぱ原作あるときは原作が先だな~
でも後で映像だと、高確率でイメージと違う!とか
なにかしら不満が出てきちゃうね。
カッコイイ人観ると脳内が若返るのね(笑
眼福ってやつかな?

けいさん
 ダヴィンチコードは、映画だけだと、わかりにくいよね。小説でイメージわかなかった部分(謎解きに関する物とか、、)はなるほど〜ってカンジだったけど。
 私は集中力が普段ないので、映画しか見れない環境にある映画館じゃないと一生懸命見ないのかも、、sweat02

やまさん
 バチカンとイタリア、私も、むかし、ちらっといったことがあります。バチカンに特になぜか感動して?中に入ったら涙が自然に流れたのが自分でびっくりした思い出が。。(まあ、初めての海外だったし、、)
 そうそう、映像先だと、小説読むと、映画の映像が頭で浮かぶよね、、でも、小説が先だと、だいたい、映画を見てイメージと違って、こんなの違う、、と思いながら、映画を見ないといけないので、いっそ、小説だけにしておくのがいいのかしら!?
 ときめくのが脳にいいんだって。やまさんには(けいさんにも)gameの世界があるから大丈夫よ。、、私は、コルダ1の天羽チャン攻略をストレスに感じてますsweat02(やめたいけど全クリしたいしなあ。。)

ひっきーさん、こんばんは。

『ダヴィンチ・コード』の時、挫折しちゃったので、『天使と悪魔』も見ないと思いますけど、卒業旅行でバチカンもルーブルも行ったし、興味はあるんですけどね~。

『I COME~』は、YTの動画で長い予告見たんですけど、(海外版)はっきり言ってキムタクもイ・ビョンホンもそれほど出てなかったです。。ジョシュ・ハートネットばかりだった。。日本の予告だからキムタクが多く扱われているんじゃないかな~。『青いパパイアの香り』の監督さんなんですね。とってもくせのある映画っぽかったです。

今度バンコクでも「天使と悪魔」が上映になるようです。タイ語で告知打ってるのでよくはわからないのですが。是非見に行きたいです。でも恐ろしいのはタイ語吹き替えバージョンだったら・・・。ジョシュのバイオリンが聴いてみたいです。

さななさん
 「ダヴィンチコード」挫折しちゃったんですね〜。おもしろいのに、、、う〜ん。残念。
 卒業旅行で、バチカンや、ルーブル、、いかれたのですねhappy01 私も大学3年の時、初海外旅行でちらっといきました。で、映画を見たら、懐かしかったですよ〜。
 「I COME~」、、ポスター付き前売り券はJ ハートネットとキムタクとビョンホンの写真付きのが3枚綴りになってるのもあるくらいで、日本人うけしそうなように作られてたカンジでしたね。
さすがに前売りは買わなかったけど、、映画はいきます!

yumemaruさん
 タイでも「天使と悪魔」あるんですね。映画の内容よりも、バチカンとイタリアの風景が美しかったわ。もちろん、ヴァイオリンも、、私も知ってたら、もっと注意して聴いてたんだけどなあsweat02  それにしてもタイ語、、私が見たら何も理解できないわsweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/29842885

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使と悪魔」:

« 性格とヴァイオリン | トップページ | 大人の生徒の仕事とレッスン »