教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 次女のレッスン日記「バッハ メヌエット」 | トップページ | 次女のレッスン日記 「バッハ ガボット ト短調」 »

2009年4月17日 (金)

練習しなかったつけ!?

 昨日から鼻がつまり頭が、がんがんします。花粉症の薬を飲んでみましたが、治らず、、coldsweats01気づいたらひどい風邪をひいてました。(せっかく、実家のレッスンがお休みなのにさっきまで寝込んでました。なんか悔しいっbearing)、、この時期、風邪と花粉症の区別がつかないで対処が遅れて困ります。。
 ところで、春休みの間、子供がいるだけでも疲れるので、次女の練習もほとんど放置していたところ(私のレッスンがあってる間、「家で練習してなさい」と言っておいて、全然見てなかった)久しぶりに先日、練習を見たらひどいことに、、曲はひけてる?んだけどね、、なんか、弓の使い方とか使う場所とか吸い付き方とか、、なんかそういうことがきっちり出来てなくて、ものすごく雑になってましたshock。3、4日かかってやっとなおってきたカンジです。なんだか、ちょっと反省、、。
 ちなみに、休みの間、自分の練習も出来ないわけで、、2、3日前、久しぶりに最近買った楽譜をちらっと弾いて遊びました。やまさんに連絡を受けて喜んで買ったあの楽譜ですよ(笑)
 この楽譜集、とっても欲しかったんですけど、、いざ弾いてみて、あまりの強引な省略ぶりにびっくりsweat02、、「オベルタス」や「シャコンヌ」、、。いかんだろう、これは。。sweat02まあ、一分半にまとめてるんだから仕方ないんだろうけどね。
 まあ、一部だけ弾いて、弾いた気分になってみるプレイsweat01ってカンジで使うのならいいのかも!?
どうせなら曲数半分でいいから、まともに完結した曲をのっけてほしかったわ。。と、思うのは私だけでしょうか?
あとは、オーケストラの楽器紹介のコーナーなんかでは使えるかもね。。って、この楽譜、そんな使い方するものじゃないのかも。。あの表紙だしね、、きっと、こっそり見るためにあるのね!?、、、と話がずれまくったところで、終わり。(わかる人にしか、わからないことをつい書いてしまいすみませんsweat02
 

« 次女のレッスン日記「バッハ メヌエット」 | トップページ | 次女のレッスン日記 「バッハ ガボット ト短調」 »

バイオリン」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

コメント

子供の家での練習はつきっきりで「あーだこーだ」とやりたい所ですが本人達が嫌がるので仕方なくここ一番!って言う時しか口出しが出来ません。だから自ずと放ってありますが。でもやはり先生の所で基礎について指摘される事も多くて・・・。家で子供の練習中にコメントを親がはさむ時のコツみたいな物ってありますか?(;´д`)トホホ…

体調はいかがですか?
タイトル、練習しなかったっけ?に見えたわ(笑
例の楽譜は楽器紹介コーナーにはいいかも!と思います。
吹奏楽部時代、楽器紹介はみんな童謡ばっかり
吹いてましたです。
そ、そうそう、コッソリ観るためにあるのですよー!
わたくし、つっきー氏の曲、後半ほとんど無理です(泣
あんな短いシャコンヌさえ…!
どの弦で弾くのか考えるだけで頭痛いですわ…

yumemaruさん
 親が口を出すと、子供はいやがるのは上手な子も初心者も皆同じsweat02
 「あーだこーだ」といろんなことをいうとよけい、いやがられるので、先生に一番注意されること、一つだけを注意してあげるというのはどうでしょうか?姿勢や弾き方の癖は、自分で意識しない限りなおらないので、客観的に見てあげるほうがいいのかも。。とはいえ、あまり毎日のように注意してるともっといやがられるので、機嫌の良さそうな時や自分に余裕のある時なんかに限定してみるのもいいのかもしれませんね。

やまさん
 せっかくのお休み、ずっと寝込んでましたsweat02やっと元気になってきたカンジです。
「練習しなかったっけ!?」、、見えるわ。。coldsweats01
そうそう、これ、吹奏楽の楽器紹介でつかえるとおもうわ。
つっきー(こう書くと、「おじゃるまる」の恐竜の「ツッキー」を思い出してしまうsweat02)の楽譜が一番、アレンジが苦しいね。ってか、もとが長いから仕方ないのかな。。ピアノのも、、coldsweats01。私も「ツィガーヌ」は最後まで練習してないから、最後の部分は弾けないや。。さらわなきゃなあ。。。

うちは、べったり練習につきあっているんですけど、子供もついていて欲しいって言うんです。楽譜を読むのが遅いからかもしれません。下の子のピアノにも、べったり付き合わなければいけないので(こちらは付いていてほしいわけではなさそうですが、ほっとくとめちゃくちゃなので)、同じ時間に練習はできないことになります。そして、毎日上の子、1時間、下の子30分で、合計1時間半、とられることになります。

上の子は、楽譜も読めるようになってきたし、少しずつ、練習を自立させていこうかなと考えています。

風邪ですか。お休みのときに残念でしたね。どうぞお大事に。

子供の練習にどの程度付き合うかというのは、楽器を習っている子供を持つ親にとっての共通の悩みですよね。先生のお宅でもそうなんだー、とチョッピリ安心(失礼!)というか、さらに親しみを覚えるというか。

そろそろ自分でいろいろ工夫して欲しい、自分の耳で音を判断して欲しい、と思いながらも、少し練習を見ないでいるとフォームがガタガタになっていたりしてあせります。親はいつ頃手を離せるものなんでしょうね?

ウチの先生によると「私の師匠は男の子に関しては高校生まで親同伴レッスン必須になってましたよー。」だそうですが、いくらなんでもヒゲ面の息子のレッスンにいそいそついていくのは・・絶対避けたいです!!

りんめいママさん
 えらいですね〜。毎日1時間半、、。長年、先生やってきたけど、保護者さんって大変なんだ!って子供がいて初めて痛感しました。
りんりんちゃん、、ついててほしいなら、嫌な日がくるまでついてあげてる方がいいと思いますよ。

ままさん
 親しみを覚えてくれてありがとう!、、だめ親なので、ダンナの生徒の兄弟で習ってる親に、どうやって練習してるんですか?と聞いてみたりwobblyしてます。
 子供がヴァイオリンを弾いているのを聞きながらお茶を楽しむのが理想でしたが、そんな日は絶対に来ない気がします。。sweat02
 高校生まで、、は、すごいですよね!でも、中学生なんかでも親と来ますよ。ついていってあげれる間は言ってあげてくださいね。、、、などといいつつ、硬筆に姉妹で勝手に言ってくれ計画を立てている私がいえる台詞ではありませんが、、sweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/29159009

この記事へのトラックバック一覧です: 練習しなかったつけ!?:

« 次女のレッスン日記「バッハ メヌエット」 | トップページ | 次女のレッスン日記 「バッハ ガボット ト短調」 »