教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« ふっか〜つ!! | トップページ | ゲーム日記「遥か3 十六夜」総集編 その1 »

2009年1月30日 (金)

妥協しないレッスン

  今年初めてのブログなので、ゲーム日記も書きたいけど、まじめな日記を。。happy01(後で余力があったらゲーム日記もたまっているので書きますsweat01
  レッスンしていて時々思うのですが、どこまで妥協せずレッスンできるか!?ということを考えます。
けっこう、生徒によって、ここまで、、と思うところがあるのですが、、、これ以上、ここを注意しても今はできないだろうな、、とか、、投げ出しちゃうだろうな!?とか、、思ったりすると、ある線で見極めをつけちゃうというか。。think
 でも、あんまり妥協しすぎると、少しずつ方向がずれてしまって、変な基礎が身に付いたりとか、後になってもその基礎を結局やり直さないといけなかったりするので、妥協は禁物だなと思ったり。。think
 そのさじ加減が難しいんですよね。。coldsweats01
  結局は、弓の動かし方や、シフトの仕方のこつ、、とか基礎ができてれば、曲に関するレッスンさえすればいいはずなんだけど、なかなかそうはいかないのが現実なんですよねsweat02
 私の場合、、、先生やってて思うのですが、自分が元気なときは、相手が嫌でも、一緒に弓を動かしてあげたり、しつこく基礎練にも目を向けているのですが(しなくていい人にはもちろんしませんが、、coldsweats01)、疲れていたり、体調が悪いと、音程や曲に関することのほうに比重がいってしまいがちかも。。sweat02
 でも、長女をみていて思うのですが、でたらめにやりすぎてると、、もう、どこをどうなおしていいのかわからないcryingカンジですねsweat02。ああなると、どこからどういっていいのかcoldsweats01
 長女は放置しすぎたので、私はもうどうしていいのかわかりません。。罪滅ぼしにピアノを教えてますconfident(こっちのほうが、ましなので、、ちょっと救いです、、。)

« ふっか〜つ!! | トップページ | ゲーム日記「遥か3 十六夜」総集編 その1 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!インフルエンザ大変だったんですね><
今年はヤバイのが流行っているようだし、気をつけないとですね。

私がレッスンに行きだして丸3ヶ月経ちました。
今日の日記、すごく分かる気がします。

私が習っている先生も、悩みは尽きないご様子。
一番困ってるのは、習いに来ておきながら自分を変えないタイプの方みたいです(これはあくまで予想だけど)
年齢は関係無いのかもしれませんね・・・

バイオリンは一生続けたいな♪って思えるほどの魅力があると思います。でも基礎が難しいなぁとも思います。

ところが基礎が固まるほどに(バイオリンに慣れるほどに?)、楽しさの種類が増えるんですよね!
さらに、どこまで行っても先があるから、うっかり(笑)続けちゃうんですよねぇ~^▽^

いい楽器はじめてよかったわ^^

あと、まだレッスンは8回だけど、自分から質問をすると解決が早いなぁと感じました。特に大人はそうかもしれませんね。

先生だって人間なので、ムラがあるのは当然だと思います。男性でもいましたよ、そういうトレーナー、指揮者・・・むしろ、音楽にはまり込んでいる程、ムラがあるのかもしれません。

先生もいろいろ考えてくださっているのですね。
ごくろうさまです。

うちの息子も未だに基本的なところで悪い癖が取れなくて困っています。はじめて2年半弱ですが、最初のときに、もうちょっと気をつけてやるんだったとすごく後悔しています。親の責任もあるよなあと思いながらも、ガミガミ「ヒジを入れろ」だの、「弓の小指を離すなだの」(レベル低くてすみません・・)と注意しまくりです。注意する度に早いうちに癖を直してやらなかった自分に自己嫌悪ですが、「うるさいから」と注意しなくても、妥協してしまった自分に自己嫌悪です。

本人は弾けるようになってきたツモリで、おかしなプライドが出てきたので余計にタチが悪いです。本当に基礎は大事だと実感しています。まだまだバトルは続きます。バイオリンは絶対やめないといっていてくれるのが救いですが、趣味だとはいえ、基礎がちゃんとできていないまま続けてもどうなんだろう?と今度は親が悩みます。

基礎は本当に大事だと思いました。ひっきーさんも体調を整えて、生徒さんの基礎、しっかり見てあげてくださいね!!

こんにちは。
復活おめでとうございます♪

先生って忍耐ですよね。
その日の体調や気分を抑えて、大変だと思います。
基礎は生徒の立場からも楽しくないけど、
教える側からも楽しくないかもしれないですね。
それに生徒さんも色々なタイプの人がいるから、
打てば響くタイプ、打つと破れるタイプとか、
素直な人、天邪鬼な人、ほんと大変だと思います。

私は先生に対して、
ついつい大人の身勝手さや甘えが
出てしまってます(~_~;)反省。
いや~、先生ってありがたいです。
ひっきーさん、これからも頑張ってくださいね。

始めまして。うちは娘が只今バンコクで中国人の先生にバイオリンをならってます。小5の女の子です。母の私はレイトスターターです。こちらでは英語で習うのでとても娘はストレスを感じています。未だに私は通訳してます。レイトスターターでも習っといて良かったなと初めて痛感しています。一応先生が何を言ってるのか基本的な事が分かるからです。もう一つの困り事は、殆ど初見で弾かされている事です。アッコーライのコンチェルトもいきなり楽譜を渡され「さあ、では一緒に弾いてみましょう・・・」と言う感じです。娘は日本ではバイオリンでストレスなんか感じた事は無かったけど、今は多いにストレス!と断言します。先生も教え方が上手なのか確かに娘の技術の向上には目を見張る物が有ります。先生は「初見に強くなれたらこんなに心強い能力は有りません。この子はもう少し頑張った方が良いのです。」と先生なりの娘に対する解釈もあるのでこのまま付いて行くしかないのですが、娘がなれるのが先か、先生が思い直してくれるのが先かいつもレッスンでは緊張が続きます。バイオリンの先生は引き手数多でなかなかバンコクでは見つからないので他に移るのは難しいので、尚更はらはらしっ放しです。

私も妥協しない先生に習い始めて3ヶ月、未だに3巻の一段落目から進んでませんw

でも私もそういうレッスンを望んでいたので満足です^^
ひっきーさんもストレスためず(ゲームで発散して)長女ちゃんも頑張ってくださいね!

ともさん
 もう3ヶ月もたつのですね。月日の流れは早いものです。
>一番困ってるのは、習いに来ておきながら自分を変えないタイプの方みたいです(これはあくまで予想だけど)
 そうなのよ。わかってくれる!?happy01、、でも、けっこう大人でも「そんなのできませ〜ん」って言ったり、子供だとむす〜っとしたり、、先生やりだして、気が長くなった気がするわcoldsweats01
自分から質問してくる人っていいと思う。私が子供のときは、練習してないから、質問することを考えてて、先生のはなしで時間費やして、しめしめ、、と思ってたけど、そういうのはいけないねcoldsweats01

ままさん
 お久しぶりです!ブログ、、再会しましたので、またよってくださいね!
 「ひじを入れろ!」、、私もしょっちゅう子供に言うんですが、なかなか言うことをききません。そして、保護者の方からも「うちで言うことを聞かなくて、勝手に弾きたがって困ってます」みたいなことをよく言われますので、家では「お母さんが先生だから言うことを聞くんだよ」とはいうものの、、なかなか難しいですね。
 特に私も子供のとき思ってたのが「お母さんは弾けないくせに口だけ出して〜impact」みたいによく思ってたし、、。頭の痛い問題ですけど、子供に負けず、がんばってください!
 親がしっかり関わってあげてるこの方が絶対のびますので!(でも、息抜きもしてくださいねcoldsweats01

Machakoさん
 基礎は教わる側も楽しくないけど、教える側も楽しくないし、疲れますcoldsweats01でも、基礎をしっかりやってもらわないと、上達しないし、、頭の痛い問題ですsweat02
 そう、いろんなタイプの人がいますね。天の邪鬼な人は「こんな難しい曲ひけません。この本はもう続きません、、」なんて言うので、試しに違う曲集を貸してみても、実は、テキストの曲を進むのが嫌なわけでもないらしく?次の曲を弾いてきたり、、長年、教えてて、やっと人が見えてくる場合もあって、考えてしまうこともありますね。まあ、先生も日々、精進しないといけないってことでしょうねsweat01

yumemaruさん
 はじめまして!ちょっと、ブログの方ものぞかせてもらいました。。面白かったので、またあそびに行きますね。
 アッコーライの初見は大変ですねsweat02長いし、、。でも、初見ができるようになると確かに楽ですよね。上手になっているのなら、先生についていくしかない!、、といいたいところですが、娘さんの気持ちもよく聞いてやってくださいねconfidentせっかく、上手になってきたのに、ある日突然「やめる〜!」ってことになる子もいますので、、。
 よければまた遊びにきてくださいね!

keiさん
 三巻の一段落だけ、、は大変ですね。
でも、あの曲一段目が何度も出てくるので、一段弾けたら、5、6段弾けたことになるのでは!?、、と、励ましてみたりして!?
 keiさんがひいてるうちにこの曲の解説を急いで(ほんとか?)書きます。
 

お久しぶりです~~
ひっきーさんもインフルエンザだったんですね。お互い大変でしたね~~
しかも、そちらは雪も降るし!これからもお身体にはご注意下さいね。

先生のお悩み痛いほど分かります。まだ1年半しか習ってないのに、勝手にこう!って自分で決め付けちゃうとなかなか治せないんですよね。先生もよっぽど酷くなければ妥協しちゃう事は多々あるんでしょうね。
新しいレッスンに通い始めてから、今まで言われていた注意点などを思い出します。
修正するいい機会かなと思いますが、やっぱり1人の先生になが~く習い続けるのもやっぱり羨ましいなぁ。

くまさん
 くまさんもインフルエンザだったんですねsweat02、、私も、タミフルが効いてよかったです。
くまさんも、都会の荒波でがんばってくださいね!
新しいレッスンに行きだして、前の先生の言ってたことを思い出したりすることはありますね。私も、何人もの先生に習いましたが、自分の気に入った先生に長く習うのが理想でしたね。といいつつ、、まんねりしてほかの先生に習ったりもしましたがsweat02
 くまさんも新しい先生で、今までと違うことも、あるかと思いますが、臨機応変にがんばってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/27599240

この記事へのトラックバック一覧です: 妥協しないレッスン:

« ふっか〜つ!! | トップページ | ゲーム日記「遥か3 十六夜」総集編 その1 »