教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 酒は飲んでも飲まれるな | トップページ | 月森君と留学 »

2008年10月 2日 (木)

子どもの練習に親はどれだけ関わるか

 今週は「酒に飲まれる事件sweat01」でひどい目にあったり、日曜日は長女の運動会もあったし、次女の練習もなんだか昨日5日くらいぶりに聴いてあげましたsweat02
 だいたい週末は、金土曜日は実家へレッスンに帰り、最近は日曜日も一日中忙しい事が多く、次女の練習にも平日しかつきあわないんだけど、今週はそんなこんなで、一人で弾いておきなさい。。と言っておいたのですが、昨日久しぶりに練習を見てあげたら、弓の動きとか、弓の配分とかetc..テキトーになっていて、もうすぐ仕上がりそうなはずだった曲もなんか、ぱっとしなくなっていましたsweat02
 で、練習につきあっても、ぐずぐず言うし、、なんかエンジンかからないカンジで、時間だけかかり、私もすご〜く疲れましたsweat02 やっぱ、ある程度、コンスタントに練習につきあってあげないと、だめだなあ。。と反省しましたsweat02
 上手な子達って、程度は人それぞれだけど、親と一緒に練習してるものですよね。
長女の練習にも少しはつきあってあげると、今よりうまくなるんだろうけど、夕方もレッスンがあったり、夕飯の準備してたり、次女を見てたりした後で見る気がしなかったりetc..で、相変わらず放置してます。仕方ない、、彼女には犠牲になってもらいましょうsweat02(そんなんでいいのかcoldsweats01、、いや良くないけど。。)

« 酒は飲んでも飲まれるな | トップページ | 月森君と留学 »

バイオリン」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

コメント

酒に飲まれる事件・・・ ̄m ̄ ふふ
大変でしたね~~  二日酔いは辛いですよ。
二日酔いには絶対なりたくないわ。
って 私かな~りお酒は強いんです。
ワイン5.6杯じゃ シラフでしょうね。

そうか・・
やはりイヤイヤ練習してる子供でも
親が一生懸命だと違うのかしら。。
私も娘のピアノに付き合っていたけれど
(結局自分で勝手に辞めてきた)
辞めた今でも時間があるとピアノを弾いてる娘を見てて やらせて良かったと思ってます。
でも もっと好きになって欲しかったなぁ。。で、代わりに私が頑張ってるのですよね。

はじめまして。
いつも更新楽しみにしています。
北欧に住んでいて、小3の息子がバイオリンをはじめて二年になるので、日本のバイオリン事情がわかるひっきーさんの情報はありがたいです(スイスの物価事情についてのお話にはうなずきっぱなしでした。こっちも似たような感じです・・)。

親が練習に関わるって精神的に疲れます・・。子供は毎日の習慣をこなすように結構淡々と練習しているのですが、つきあっている親の方が「やってもやっても上達しない感」に苦しめられています。
趣味だからもう少しリラックスしてみてあげても良いと頭では思うものの、結構煮詰まるものです。
これからもひっきーさんの楽しいブログでときどきガス抜きをさせていただきますので、よろしくお願いします。

yumiさん
 yumiさん、お酒強そうですよね。いつもおいしそうな記事満載だしhappy01
 ピアノもヴァイオリンも少しでも親が見てくれてる子は伸びが違うと思います。。でも、やめて大人になっても弾いてくれてるんだからいいじゃありませんか。。まあ、yumiさんのような難曲はちょっとやそっとじゃ弾けませんね。。私も見習って練習せねばsweat02

ままさん
 はじめまして!遠く北欧から見てくれてるとのこと。ありがとうございますsign01北欧の人ってかっこいいですよねheart01うらやましいわ〜heart04
 親が練習に関わるのは本当に精神的にきついですよね。いや〜実際、自分の子どもに練習させてみて、習わせる親の苦労がどれだけわかったことか。。ってなカンジです。
 そう、、曲に飽きる。。これが一番辛いかも。何でも言いから合格してくれ〜ってなカンジですよね。。。そんなわけで、もう少しのところで合格させない生徒の親にすまない気持ちになる今日この頃です。
 また、遊びにきてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/24199060

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの練習に親はどれだけ関わるか:

» 楽器選び [林こずえのバイオリン教室@東京]
バイオリンの選び方、出会いについてかきます。最近の傾向、新作(2008年、イタリア製)はだいたい150万〜250万くらいで売られていて《日本製や中国製は2万からあります。》、バイオリンの値段は基本的に年代が古くなるにつれて高くなります。... [続きを読む]

« 酒は飲んでも飲まれるな | トップページ | 月森君と留学 »