教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« お疲れ気味なのです。 | トップページ | 酒は飲んでも飲まれるな »

2008年9月26日 (金)

リュリ ガボット(次女レッスン日記)

 実はこの曲は随分前に終わっているのですが、昨日、大人の生徒に教えていて思うところがあったので今更ながら次女のレッスン日記sweat02

まずこの曲は踊りを踊れるように軽快に弾くことと、1拍目(強)2拍目(弱)3拍目(中強)4拍目(弱)を念頭に弾くこと(場所によって例外あり)

 昨日教えていた生徒さんも苦労してましたが、3段目ファ〜レ-ドレミ〜noteのところはまずレードレのリズムをしっかり取った上で、「ファ」とつなげた時にレの音も強調する、、ためにはファで弓を使いすぎないことも大事ですね!
080926_1156
 次の段のミシシードラーソファミーミの「ミーミ」は下のミ(1)の指は絶対離さずに上のミ(4)をしっかり押さえること。(しっかり押さえないと変な音が出ますcoldsweats01

 下から3段はとにかく指を一つ一つしっかり押さえ(指がふにゃふにゃだと音もふにゃふにゃに。。)弓もしっかり動かす。ただし弓幅が多すぎるとシャアシャアsign02(ガンダムじゃないよcoldsweats01)してくるので、使いすぎもよくないので、、音がちゃんと出る程度の幅で弾くsign01音の上昇系で少しクレッシェンド、下降で少しデクレッシェンド。
 あと、昨日レッスンしてて思ったのは頂点fujiのラドシラの4−4のところは4の指は離さないで指板の上ですばやく滑らすことが大事sign01(昨日の生徒はうまくいかなかったのは4−4を移動するとき指を持ち上げていたので、時間がかかったりその後バランスを崩していたのに、途中で気づきましたsweat02)当然、ここの3の指は押さえたまま、、というのは楽譜に書いてあるけどね。。pencil

 まあ、そんなところができればこの曲はそう苦戦はしないかも。次のベートーヴェンのほうが遥かに難しいかな。(もしかしたら、その次のボッケリーニよりベートーヴェンのほうが難しいかも、、と次女の練習を見てて思います。)
 
 

« お疲れ気味なのです。 | トップページ | 酒は飲んでも飲まれるな »

バイオリン」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

コメント

この曲、すごい好きだったなぁ~(笑)
ミニヨンも好きだったけど。(ミニヨンは、いまだに、時々弾きます♪)
ラドシラ ソ♯ファミレ
って、ラとソ♯ がくっついてるのに、ソ♯とファが離れてるとこが、ぼく的には難しかったような記憶があります。

ベートーベンは、なが~い弓の使い方が、初心者のうちは、「なんじゃこれ!?」って感じなんですよ、たぶん(笑)
うんうん、ベトベンのほうが苦労しました。

ご無沙汰してます。

4-4の移動、よく出てきますが苦手です。orz
この辺りの曲は最初従妹の1/2の楽器で練習してました。懐かしいです~。

貼ってある楽譜ですが、両端がちょっと切れただけで曲が全然わからなくなってしまいました。自分はこの楽譜では絶対弾けないですね。^^;

しょっちゅう、シャアシャアしてます;^^
指を離さないで滑らす、って私もよく先生に
言われますー。
どうして離しちゃうんだろうなあ。
あと、(あとで使う指を)押さえたまま、
というのも忘れちゃいます。
そのとき出す音の指にばっかり、気持ちが
いっちゃうんでしょうね、きっと。
先生には、指を置いておくともっと力が
節約できますよーと言われるんですが、
なかなか。

音叉さん
 この曲、私も好きです!ミニヨンはあんまり好きじゃないけどcoldsweats01ラドシラソ#ファのところのファは意識的に下げなさい!って私も毎回教えてるよ。
 ベートーヴェンは長い弓にアクセントを入れて弾くのが難しいようです。

debopさん
 1/2の楽器で練習sweat01、、指の幅が狭くて慣れないと弾きにくかったでしょう(って、はじめに使ったのが1/2じゃ感じないのでしょうか!?)
 しっかり覚えてない曲って、少し音がなくても弾けないですよね。

ちゃいむさん 
 指を押さえたまま、、は絶対大事です!、、そういや、幼児のほうが大人より指をずらすのが上手な気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/24035446

この記事へのトラックバック一覧です: リュリ ガボット(次女レッスン日記):

« お疲れ気味なのです。 | トップページ | 酒は飲んでも飲まれるな »