教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 「ミニヨンのガボット」次女のレッスン日記 | トップページ | スイスからの訪問者!? その1 »

2008年8月14日 (木)

ミレイ展に行ってきた

 おとといは、2回目の海水浴に(夜のレッスンは辛かったですsweat02)昨日は、ジョン エヴァレット ミレイ展に行きました。っていうか、ミレイの「オフィーリア」が見たくてsign03行きたいなと思ってたのですが、なかなか時間がなくて、、、というか、私が絶賛してたので、家族もみんな行く行く!というので、予定を合わせていたらこんなぎりぎりになってしまいましたsweat02(日本ニ箇所開催で8月30日(土)~10月26日(日)はBunkamuraザ・ミュージアムであってますので興味のある方は行かれてくださいね。)
 この作品、夏目漱石が影響を受けて「草枕」の一文に出てくることでも有名ですよね。(その、「草枕」は私の愛するグレングールドがラジオで朗読したりして、愛読書だったんだから、ほっとけませんpunch
 今時の話では宮崎駿も影響を受け「崖の上のポニョ」でお母さんのモデルはこの「オフィーリア」なんだから、結構タイムリーな話題ですよね。sign01
 実は私が初めて海外旅行に行った時、この絵は「テートギャラリー」で見て衝撃を受けた絵なんです。私は、ターナーが好きなので、テートには絶対行きたくていったんですけど。。
 で、3年前!?響ホール室内合奏団のイギリス公演の折り、自由時間があったので、また「オフィーリア」を見たくて行ったのですが、どこかの国に出張中でなくて(かなり探しまわりましたがweep)すごく残念だったんです。。その絵が北九州に来るというので(っていうか6月から来てて、街中「オフィーリア」が貼られていて、、)もう行かなきゃ!ってずっと思っていてやっと見に行けましたconfident
 080813_15071
やっぱり素晴らしい絵だったわ。今回は「オフィーリア」のデッサンも来てて、見比べられてそれもよかった。そして、ミレイだけの作品ということで、彼の作風や人となりも少しわかった気がしてよかったな、と思いました。
 でも、やっぱり、その中でも「オフィーリア」は群を抜いてよかったです。(北九州市立美術館で見れるのが不思議な感覚でしたが)  なんかうれしかったな〜happy01

« 「ミニヨンのガボット」次女のレッスン日記 | トップページ | スイスからの訪問者!? その1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー。
ミレイというので落穂拾いのミレーさんかと思ったら別のミレイさんでしたね。

私はモネが好きですねー。
異国の絵が近所で見れるというのは少し不思議な感じでしょうが、何度も見れるので良いじゃないですか~。
ありがたみが少なくなるかも??

絵はいいですねー。
大好きな絵が近くに回ってきたのって、
何か運命的なものがありますね!

うちから30分ほどの倉敷には「大原美術館」が
あって、
昔とても感動した「受胎告知」という絵が
あるんですが、なかなか観に行けてません;^^
上でしょこらさんがおっしゃっている、モネの
「睡蓮」もありますよ。

しょこらさん
そう、このミレイさんは有名なミレーさんじゃないんです。この絵のみが有名なんですよ。
 モネもいいですよね。
何度も見に行きたかったのですが、結局一度しかいけずじまいですsweat02

ちゃいむさん
 ちゃいむさんって、岡山県!?
私、大原美術館は行ったことがありますよ!いい絵が沢山ある美術館ですよね。「睡蓮」もしっかりみました!

このオフィーリア凄く凄く好きなんです。
あとこのモデルさんも(え?

この絵を描く時、モデルさんを実際にバスタブ(だったかな?)
に入れて、結果風邪をひかせて高熱を出させて
モデルさんの父親にこっぴどく怒られたとか・・・

Bunkamuraかぁ。
会いに行こうかなぁ。

むらかみ☆ さん
 おおっ!仲間が!
そう、このモデルさん、風邪引いて父親にめちゃ怒られて以後、モデルはミレイのはやんなくなったんだよね。で、絵描きの友達と結婚したという、、。
 ぜひ見に行ってきて!やっぱ平日に、、じっくりがいいよね。イギリスまで見に行かなくても見れるのはありがたいことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/22987056

この記事へのトラックバック一覧です: ミレイ展に行ってきた:

« 「ミニヨンのガボット」次女のレッスン日記 | トップページ | スイスからの訪問者!? その1 »