教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« GWも終わって。。。 | トップページ | 子どものアンサンブルの「楽典」 »

2008年5月 9日 (金)

次女のレッスン「ブラームスのワルツ」

とうとう昨日、一本目の歯がぬけたのに、大事に持ってたのをなくしてしょげている次女のレッスンより、、「ブラームスのワルツ」notesの解説を少し!

音程、リズムはだいたい弾けていたので、弓の使い方のお勉強note
シーソソシの、シーははじめは、はやく弓を使い、先3分の1くらいのところで、ソの音に入り、その音に向かって徐々にゆっくり弓を使い、次の「ソ、シ」が切れないように丁寧に弾き、ソからシにむかって弓のスピードを上げ二小節目につなぐ。 
 で、次のドーレド(写真ではうつってないけど)のドも勢いよく弾く。
後は、この曲はパターンが同じなので、その弓の使い方を考えながら強弱をつけていく、、(というのが、子どもには難しいんですけどねsweat01
 
次の「ブーレ」も弓の幅と弾く場所を考えて、強弱をつけていくことと、気持ちを込めて弾くことが課題にdanger
次回は「二人のてきだん兵」まで宿題。。この曲はフラットも出てくるから取りかかりは大変だろうなcoldsweats01
 ちなみに久しぶりの長女のレッスンは、今日、私が実家でレッスンしにかえっている間にあるので、またまた放置にcoldsweats01
 080509_1535_2
関係ありませんが、次女はずっと、指シャブリ(小指)が眠る時にやめられませんでしたが、歯がぐらついて(10日前くらい!?)にとうとう、やめることができましたgood

« GWも終わって。。。 | トップページ | 子どものアンサンブルの「楽典」 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

ひっきーさん、お久しぶりです!
1ヶ月のお休みを経て、漸くヴァイオリンとネットに帰ってきました。

発表会の失敗でしぼんでしまったヴァイオリン熱ですが、久々にレッスンを受けたら、あまりに
楽しくて、再び急上昇です。
maxでなくて良いので、そこそこでずっと維持したいです。

ひっきーさんの前の記事を読みながら、
次女さんのMちゃんについてのコメント、「寂しいけど、その間に抜かす」に大うけしました。

次女さんは、自分で楽譜に指番号を書くのですね。
えらいなぁ。

私も東野圭吾好きです^^あと1冊は何を借りたのですか?

ぼんたろさん
 おかえりなさい。happy01
たまにお休みするのも、新鮮でいいのかもしれませんね。私は、最近はハングルの勉強をしてると、ヴァイオリンを弾く時間がないので、試験後に練習しようと、、心に言い訳してますcoldsweats01
 あと一冊は、「流星の絆」です。。まだほとんどよんでません。
次女、我が子ながら、最近、かなり進みがはやいように感じます。

フルフルさんのページから来ました。

あまりにも懐かしいので書いてしまいます。

一昨年の暮れバイオリンを始めて半年、丁度一年前、私にザイツを教えた女の先生に、ブーレとワルツのスラーを習いました。

それまでレッスンは受けてたけど独学に近い状態でした。

最初に送られてきたファックスに、ひっきーさんが書いているのと全く同じことが書いてありました。それは「ワルツ」の弾き方でした。

その先生は、ひっきーさんよりずっと年上で、芸大の有名な先生のお弟子さんでしたが残念なことに高校の理科の先生になった人です。

そして、最初のレッスンでブーレを弾きました。それなりに弾けるように猛練習して臨んだのですが、ひっきーさんが指摘するのと同じ事が出来ず、そのために最初のスラーを通過するまでに2時間以上、ずーっと最初の2小節を弾かされました。

あれは苦しかった・・・

それからずーっとスラーを教えられました。

ひっきーさんが教えてるようなことを教えてくれるバイオリンの先生って少ないような気がします。

生意気な意見書いてもうしわけありません。

次からは、もっと、普通の感想を書きます。

マクマクさん
 ようこそ!フルフルさんのところで、お名前はお見かけしてましたwink先生、FAXまで送ってくださるんですね。丁寧ですね!
 弓の使い方は大事ですよね。マクマクさんのブログの写真のりらっくま、かわいかったです。これからもよろしくお願いしますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/20857599

この記事へのトラックバック一覧です: 次女のレッスン「ブラームスのワルツ」:

« GWも終わって。。。 | トップページ | 子どものアンサンブルの「楽典」 »