教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« フィギュアスケートとヴァイオリン | トップページ | ハングル検定試験は不合格 »

2007年12月19日 (水)

「容疑者Xの献身」

やっと「容疑者Xの献身」読みました。〜やっとというのは、手に入れるまでがやっとで(買えよ。。ってカンジですが、生徒に借りました。ありがとう〜うちが狭いので単行本はあまり買いませんので)読むのはいっきよみでした。

ネタばれはしませんが、おすすめです。「ガリレオ」「予知夢」はどちらかと言うと、心理描写というよりは謎解き重視だったように思えますが(すみません、、、読んだのだいぶ前でうる覚えですが)この作品は心理描写が多く、湯川さんの内面なんかをかいま見ることができるのがいいですね。
トリックはほんとにすごいと思いました。一重にも二重にもまんまとだまされてしまったというカンジです。
 私は数学や物理は大の苦手ですが、答えを出すのと証明するのはどちらが難しいか。。ということなどの数学とは!?。。のような公式のようなものと事件解決がうまく絡めてあったりした点は感心させられ、数学ってきっと面白い人には面白いんだろうなあと思わされました(ただし、私にはそういう感性が欠落しているので、思うだけで、理解はできないのですが)
 残念ながら、靖子さんのよさは、私にはあまり伝わってきませんでした。でも、恋愛や女性と無縁の石神にとっては、何か感じることが会った瞬間に会ったんでしょうね。。こういうのは人それぞれですから。。

 東野圭吾さんの作品は、結構読みましたが、直木賞という観点からみると、「白夜行」とか「手紙」とかもっと推理小説ものではなくもっと、文学的なものはあると思うんですが、、。なぜ、この作品で直木賞なのかな!?。。とは思いました。

 で、この作品、映画化するんですが、正直言って、どうなんでしょうね〜。ドラマの「ガリレオ」の流れからいくと見ないほうがよかった〜。。になっちゃうんですかね!?
 ドラマの湯川(福山雅治)と草薙刑事(北村一輝)の配役はまあいいとして、、、でも湯川はあんなにかっこ良い人じゃないと思ってたんだけど、、いない人間(わかりきってるとは思いますが、内海刑事ですよ!!)をいれるなあああ!!!!。。
「容疑者X」って湯川と草薙刑事の友情の部分が浮き彫りになってるけど、ここを内海刑事でやってしまうのかな!?。。どうなんでしょ〜。。やだな〜。あのうるさい内海刑事に、この純粋な話しに割り込んできてほしくないんだけどなあ。。
 と、結局ドラマの愚痴で終わってしまいました。

容疑者Xの献身



容疑者Xの献身


著者:東野 圭吾



容疑者Xの献身

« フィギュアスケートとヴァイオリン | トップページ | ハングル検定試験は不合格 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私もこの作品、内海刑事には出て欲しくないです。
あの刑事がでると、この世界観が崩壊してしまう気がします。
もっと内容に伝えるべきことはあるはずなのに、あの刑事がダメにしてしまいそうな気がします・・・

ドラマはよく作中で「人の気持を考えて」とか言ってましたが、そのまま内海刑事に言いたいような出来事がいっぱいでした。・・・私はもう、5話位で見るのを止めましたけど・・・。

私も靖子さんはよく分からなかったですが、娘さんが可哀想でした。たった一人で悩んでいたんだろうな、と思うと・・・
きっと未練なんてなかった石神にとって、自分の未来をささげてもいい人だったんでしょうね・・・。

keiさん
 私もこの作品、内海刑事には出て欲しくないです。
あの刑事がでると、この世界観が崩壊してしまう気がします。
>そうなのよ〜。あの刑事は、、いりませんから。。「人の気持ちを考えて」って。。ほんとにあなたが、ずかずかやってくるのが嫌なんですけど。。見たいなところがありました。そういや、北村一輝さんはプレイボーイ風エリートだったけど(ドラマでは)これも、ちょっと違う気がするんですよね。。
keiさん、、東野圭吾さんの作品で、加賀刑事さんシリーズも良いのでよかったら読んでください。おすすめします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/9474244

この記事へのトラックバック一覧です: 「容疑者Xの献身」:

« フィギュアスケートとヴァイオリン | トップページ | ハングル検定試験は不合格 »