教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

後5分で今年も終わりです

 今日だけは子供がDSしてても怒らない〜と思っているので(昼はもちろん一緒に掃除三昧でした)のんびりしてます。そばは、私は食べるだけだし。。(苦笑)
 というわけで、本当に今年は皆さんお世話になりました。年賀状も、掃除もはやめに取り組んだつもりではありましたが、未完に終わったのは七不思議ですね、、(って私が単にさぼっただけですが、、でもこの枚数みてよ。)
071215_0030_2
 来年は、もっとヴァイオリンネタを増やしつつ、コメントしてくれた方にお返事書くの遅いわ、短いわ〜という友達なくしそうな状態を解消するように(!?)がんばりま〜す。。。ので、見捨てないでね。(でも、実行できるのだろうか)
071215_0028
私の、年賀状は毎年プリントゴッコです。パソコンで作りきらないんです(アホ)。。これも来年こそは、頑張るぞ!(でも、去年から言ってるのであまりあてにならないの)
まあ、そんなわけで、カウントダウンの「ローマの松」が始まりだしたので、このへんで!

あと24時間で。。。

今年も終わりですね〜。明日、ブログ書く自信がないので今日、書いときます(だって、掃除終わってないもん〜号泣) 年末は忙しく、発表会の次の次の日は、耶馬渓に一泊忘年会!?旅行に行き〜合奏団の黒い!?話し付きで精神的に(本当は夜更かしで)まいった上、子供とサイクリングなどをしたためにかなり疲れました。
 ちなみにどうでもいいことですが、途中でよった温泉は「金色温泉」(かな色とよみます)で、車の中では、延々にコルダのCDがなっておりました。
 で、昨日一昨日で今年のレッスンはすべて終わり、今日は餅つきをしました。
年の最後のレッスンともなると、合格か持ち越しか微妙なラインの人は、きりがいいとこで合格にしてしまってます。
しかし、合格にしてあげようと思っている人(あんまり進歩がないけど〜すまん〜長く曲を弾いてる人)などは、どうにかして仕上げたいと思いついついながながレッスンしたりして、疲れたりもするのですが(笑)〜とりあえず、今年のレッスンは終了しました。 
 で、今日は雪が横殴りに降ったりもする中、おもちをつき、おせちも手伝いをちょっとだけして、もらって帰ってきました。
 明日は、掃除です。
 ともさんが書いてたように、手が荒れるのは嫌なので(笑)、ハンドクリームとスクワランオイルをまめにぬりつつ(という名目でさぼりつつ〜笑)掃除をするつもりです。
 というわけで、今年の2月よりはじめたブログですが、たくさんの方に読んでもらい、コメントいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
 
 一応、明日書けないことを想定しつつ、挨拶まで。。

2007年12月26日 (水)

ミ二発表会を終えて。。

 ミニ発表会というのは、初めての試みで、教室で、出演者数は少ないけど、曲数は多く、懇親会つき、、という試みだったんだけど、初めてということで要領を得ないのと、キラキラ星の生徒と、自分の子供の心配を多々しつつ(自分の子については、気持ち的には心配はしたけど、やることが多く、放置していましたが。。)ど〜っと疲れてしまいました。
 まあ、反省点から書けば、2日目がクリスマスイブにあたり、懇親会は盛り上がってみなさんたくさん飲んでらしたけど(私も含めて!?)その後、家で子供さんとクリスマスをするのは大変だったんではないかと思いました。
 私も、片付けそこそこで、今度は家でクリスマスをこどものためにするのが辛かったです。。もう、ケーキとチキンさえあればいいよね〜みたいな。。
 あと、一日目は、本当に要領を得てなくて、食べ物がちょっと足りなかったの。。自分が思ってたのより、ずっとたくさん用意しとかなきゃ。。ってなカンジでした。(あと、カナッペ用アンチョビを出し忘れてたのに、今日気づいたの。。どうりで、バジルとミニトマトがはけないわけね。。ってカンジでした。)
 いろいろ、作ったので次回の参考にも、写真とっておくんだったな〜。
 
で、ヴァイオリンのほうはどうだったかと言うと、一日目は鈴木の4、5巻まで(といっても半数1、2巻の子)でした。発表会の会場と違ってお客さんが近いので、違った緊張感がありましたね。
 キラキラ星の男の子が本番で、同じフレーズを何度も繰り返しちゃった時は、どうしようかと思ったけど、まあいい感じの発表会でした。次女は(親ばかではなく。。笑)よく弾けてました。
071223_13351
でも、二日目の長女の演奏は、グランプリファイナルのキミーマイズナーにだぶって見えてました。(わかる人はわかると思いますが〜笑)
 いい感じで弾いてたと思ったら、何回も止まるんだもん。。あれ、あれ〜ってかンジで(泣)
やっぱ。放置していたのが、マズッタかな〜。ちょっと反省しました。っていうか、彼女、ニブニブなんですよね。。だから、フィオッコのアレグロをアレグロのテンポで弾きこなせなかったんですね。。(というわけで、発表会が終わっても一人だけ、まだまだ、アレグロをひき続けるらしい〜う〜ん。春には終わってくれイ。
 他の子は、今回一人、ブルッフの1、2楽章を弾いたけど、「チャルダッシュ」や「プレリュードとアレグロ」、「バレーの情景」といった小品ばかりだったし、よく弾いていたので、聴いていて楽しい発表会でした。(普通は、コンチェルトがわんさか続くので)
 まあ、そんなカンジでなんとか終わってよかったです。〜といいつつ私の生徒はあまり出ていないんですけどね(苦笑)
ちなみに、長女の靴を買い忘れ、学校のシューズで出しました。

 

2007年12月22日 (土)

ミニ発表会の準備

昨日は、半日がかりで懇親会の買い物をし、夜は(はじめたのも遅いのだけど)、今朝!?の3時までプログラムを作り、今日は伴奏合わせでした。
 今回は希望者だけのミニ発表会(しかも、大人はなし。。)なので、そんなに大変じゃないだろうと思ったけど、やっぱいろいろ大変です。。自分の子も出るしね。。
 まあ、ちょっと、ほっとしているのが、反抗期幼稚園児たちがどうにかこうにか、形になったことかな。(といいつつやっぱり、、キラキラ星変奏曲は最後のテーマだけ間に合いませんでした。。)でも、随分健闘したと思うし、これもひとえにお母様方の協力あってこそだわ。。とほっとしつつ、感謝してます。
 明日、うまくいくといいけど。。あと、カナッペ、、ちゃんと準備し終わるかな。。ちょっと心配です。

2007年12月19日 (水)

ハングル検定試験は不合格

 今回全然勉強が足りず、試験を受けた後も全然駄目だったので、不合格だと思って通知を見ましたが、やっぱり不合格でした(苦笑)
 でも、51点(60点合格)と思ったより点が取れててびっくりしました。予想では30点くらいのはずだったから。
ダンナに「やっぱ駄目だったけど、何点だったと思う?」ときくと「35点」。。。「28点」「20点」。。とどんどん低い点数を言ってくれてたくらいで。
 6月にはリベンジするぞ〜とは思っているものの、最近、気ぜわしくぜ〜んぜん勉強してないの。。(泣)
やっぱ一日1ページ、単語書くとかはやらなきゃね〜。
明日から、すこ〜し、頑張ろう。。。(といいつつ来年からに仕様かと、ちょっと思ってる私。。これだからいけないんですよね。)
071219_2330

「容疑者Xの献身」

やっと「容疑者Xの献身」読みました。〜やっとというのは、手に入れるまでがやっとで(買えよ。。ってカンジですが、生徒に借りました。ありがとう〜うちが狭いので単行本はあまり買いませんので)読むのはいっきよみでした。

ネタばれはしませんが、おすすめです。「ガリレオ」「予知夢」はどちらかと言うと、心理描写というよりは謎解き重視だったように思えますが(すみません、、、読んだのだいぶ前でうる覚えですが)この作品は心理描写が多く、湯川さんの内面なんかをかいま見ることができるのがいいですね。
トリックはほんとにすごいと思いました。一重にも二重にもまんまとだまされてしまったというカンジです。
 私は数学や物理は大の苦手ですが、答えを出すのと証明するのはどちらが難しいか。。ということなどの数学とは!?。。のような公式のようなものと事件解決がうまく絡めてあったりした点は感心させられ、数学ってきっと面白い人には面白いんだろうなあと思わされました(ただし、私にはそういう感性が欠落しているので、思うだけで、理解はできないのですが)
 残念ながら、靖子さんのよさは、私にはあまり伝わってきませんでした。でも、恋愛や女性と無縁の石神にとっては、何か感じることが会った瞬間に会ったんでしょうね。。こういうのは人それぞれですから。。

 東野圭吾さんの作品は、結構読みましたが、直木賞という観点からみると、「白夜行」とか「手紙」とかもっと推理小説ものではなくもっと、文学的なものはあると思うんですが、、。なぜ、この作品で直木賞なのかな!?。。とは思いました。

 で、この作品、映画化するんですが、正直言って、どうなんでしょうね〜。ドラマの「ガリレオ」の流れからいくと見ないほうがよかった〜。。になっちゃうんですかね!?
 ドラマの湯川(福山雅治)と草薙刑事(北村一輝)の配役はまあいいとして、、、でも湯川はあんなにかっこ良い人じゃないと思ってたんだけど、、いない人間(わかりきってるとは思いますが、内海刑事ですよ!!)をいれるなあああ!!!!。。
「容疑者X」って湯川と草薙刑事の友情の部分が浮き彫りになってるけど、ここを内海刑事でやってしまうのかな!?。。どうなんでしょ〜。。やだな〜。あのうるさい内海刑事に、この純粋な話しに割り込んできてほしくないんだけどなあ。。
 と、結局ドラマの愚痴で終わってしまいました。

容疑者Xの献身



容疑者Xの献身


著者:東野 圭吾



容疑者Xの献身

2007年12月18日 (火)

フィギュアスケートとヴァイオリン

私は子供の頃から、フィギュアスケートを見るのが大好きだけど(滑るのはかなり下手です。。)フィギュアとヴァイオリンって、特に受験生の頃は共感しながら見てました。
 ジャンプと似ていると感じるのは、曲の中で高い音などに跳ぶところがうまく決まるか、、とか、その高い音に至るまで音を外さずに上がって来れてるかとか、、頂点の音で、ヴィヴラートがかかってるかだとか。
 スピンやステップのかわりに、スラースタッカートや重音での技術があることとかね。
もちろん表現力が大事なのも同じだし、技術、曲のつなぎ、曲をどう理解し滑るか(弾きこなすか)も同じだし。。やっていることは全然違うのに、すごく親近感を持ってみれるスポーツだなあと、技術的に難しい曲を弾いてる時や、コンクール、受験、試験のときなんか、人ごととは思えない気分で見てましたね。
 
 そして、音楽もスケートにも(もしや、ブログを書くことにも!?)共通して感じるのは、人間性が出ると言うこと。
勝ち気な人はやはり、強気なものがでますし、ソフトな方は柔らかい表現をされてるのが見て取れますね。
音楽(まあ、他のこともそうですが)で表現力を磨くにはいろいろな経験をすることが大事だと言われますが、それも一理あると思います。
 人間としての幅が広がれば、いろいろな表現ができる柔軟性を持つことができるんでは!?と思うんですよね。
もちろん、技術も磨いていかなければならないのですが。。

 ところで、昨日までの「グランプリフィギュア」。。
スケートに関して言えば、高橋大輔君がランビエールに、0、16と僅差で及ばなかったのはとても残念でしたが(今回のランビエールは、踊りやステップに華がありとてもすてきでした。。高橋大輔君もよかったですが、ジャンプの回転数もですが、きれが少し悪かったように思えます)、一番、私がもの申したいのは、ゲストの話しとか、女子選手の過去の映像だとか、そんなので時間を使うのではなく、男子も3人しか放送しないのでなく、全員放送してほしかったし、ペアやダンスもせめて上位は放送してほしいです。
 真央ちゃんは大好きですが、、ちょっと身びいきして番組作りすぎてるような気がしてなりません。。
でも、真央ちゃん、、シングル6位から2位(フリーは一位の成績)はすばらしかったですね。。。シングルは、最初のジャンプがトラウマになってるんじゃないかと心配してたのですが、次のルッツまで、、とは、、ちょっとかわいそうでした。
 個人的には、キムヨナちゃんの演技が大好きです。だから、満足!(でも日本人としては、真央ちゃんに優勝してほしい気持ちもありますが。。)
 そして、キャロライン ジャンがオリンピックに出る頃どういう選手になってるかも、今後の楽しみですね。
いや〜フィギュアスケートから目が離せませんが。。頼むよ!!テレ朝さん!!!!。。ってかんじですね。

2007年12月17日 (月)

次女のヴァイオリン

コードが、駄目になって、アップルストアに頼んでる間(といっても2日)、パソコン無しの生活をしてました。。
昨日、代引きで、ビョンホンカレンダー(これも代引き)といっしょにやってきました。(嬉しいけど、悲しい。。財布が寒い〜)
「フィギュアスケート」とか「容疑者X」とかじっくり書きたいこともありますが、ちょっと時間がないので小ネタ(!?)を。。(笑)

発表会まであと5日。。なのに、先週、突如、次女のヴァイオリンのサイズを1/10から1/8に変更することに。。
練習しているのをふと見たダンナが一言。。「この楽器、小さいね〜。次のサイズに変えたら!?」
「え!?」。。。「このタイミングで、ですか!?」。。。。う〜〜〜。困るの、私じゃん。。(レッスンしてくれないし。。)
と思いつつも、楽器大きいほうが音なるし、今回は教室でやるミニ発表会だから、まあいいっか(なんていいかげんなんだ。。)と思いつつ変更。。変えた日は次女は、腕が痛い〜と言って練習したがらないし、次の日もなかなか指が広がらず音程をとるのが大変そうですが、4日経って、ちょっとなじんできました。。
 先週は、次女含め、キラキラ星の二人も風邪で高い熱を、3、4日だし練習してないようですが、今週、少しでも頑張ってくれるといいけど。。まあ、ミニ発表会だから。。できたところまででいいことにしましょう。。(ということにしておく。。苦笑)071213_1626
ちなみに、長女も次女も私の子供の頃のヴァイオリンを使ってます。物持ちいいでしょ〜。
ついでに、次女のケース。。ラブベリーのラブ、目玉オヤジ、きいろいとり、おためしどり(「ブレイブストーリー」(去年見たアニメ映画)は前の楽器からつけかえたのですが、「金色のコルダ」の柚木サマキーホルダーが前の楽器から、どうしても外れないので、月森クンをつけてみました。。
  しかし。。すごいじゃらじゃら。。ですね。。071213_1634

2007年12月13日 (木)

コルダなテキスト!?

最近、パソコンの速度が遅く、つないでいる線(どうも一万円くらいかかるらしい〜泣)が接続がうまくいかなくなったりで、ブログの更新が滞り気味です。。
 ところで、昨日、LaLaの全プレのコルダのシールやスタンプが届きました(子供にとられるので二つ購入しました)
で、早速次女が、シールをはると言い出し、ゴセックのガボットのページに、かほちゃんとひはらっちをはってました。
「え〜二つもはるの〜?」といったら、「この曲は二人で演奏してた曲だからね〜」というので、仕方なく!?はってあげました。
071212_2356
でも、今やってる曲は「メヌエットNO.2」と「NO,3」ですが。。ちなみに次女の楽譜は全部コピーしてスクラップブックにはったものです。。。どうせ、見てないしね(楽譜読めませんから。。)
071212_2354
長女のほうは、相変わらずフィオッコのアレグロを弾いてますが、、メトロノームにあわせて、じわじわとテンポをあげる練習をしてて、苦戦していたらしく、のぞいたら涙目で練習してました。。。発表会まで後10日。どうなることやら。。

2007年12月11日 (火)

素人の合奏の大変さ

 昨日の幼稚園の生活発表会は、広報として一番前で写真を撮りまくり、「プリキュア」も演奏し、途中から次女は熱を出し(最後まで果敢に参加(;_;)。。と、とても濃い半日でした。(その後のヴァイオリンのレッスンは結構辛いものが。。)
 次女は今日は代休でしたが、急性気管支炎気味で38度も熱を出したので、私もレッスンはお休みしました(甘えっ子なので)
 
 で、「スマイルGO GO」はどうだったかと言うと。。はっきりいって悲惨でした(T_T)。。前日に会場に行って午前の部、午後の部に分かれて練習があって、客観的に聞いて、ひどさとどこが悪いのか、わかったんだけど、時既に遅し。。(ーー;)
 今更、パート練習するわけにもいかないし(その日は二回通すだけだったので)、私も一週目の練習は合奏団の練習があったので、参加してないので、もの申せる立場じゃなかったのもあるんだけど、合奏になれてない人って自分で弾くことにばかり、集中してるのでまわりを聞くことができにくいんですよね。。どこであわせる。。とか、この部分はこのパートを聞いて弾くとか。。そういうお約束がわかってないので。。(仕方ないとは思うのだけど。。っていうか、じいさん先生、指導しろよ(-"-;))間奏なんかでおもいっきりずれが生じてました。
 で、本番で楽器の場所が入れ替わってたので、今まで隣はコンタクトのとりやすい人だったのが、本番の隣が助っ人の先生だったのですが、先生、大事なリズム(バスパート)のキーボードをやってるのにはしるはしる。。(^_^;)。。一生懸命、それを伝えようと合図!?を送ってたのですが、見てくれませんでした。。(;_;。。。
 ダンナも「ああなってしまったら、もう修正できないね。。」っていってました。「指導したかった。。」とも。

やっぱ、父兄で演奏って言うのは、難しいわ。。なま音だと、まだ聴こえると思うんだけど、PA使ったりするとバランスもよくわかんないから、来年は、リコーダーアンサンブルかハンドベルなんかだといいかも。。幼稚園に提案してみようかな!?。。とりあえず、おわってよかった。。

長女のとったビデオはダンナの手元しかうつってなかった。。。「だって〜、お父さんが間違える瞬間をとろうと思って〜」って、、、なんじゃそりゃ!? (ノ-_-)ノ ~┻━┻ ☆`
 

2007年12月 5日 (水)

「スマイル GO! GO!」

これ、以前、ともさんが書いた記事(9月2日)の題名のパクリなんだけど、今、頭の中を、この「プリキュア」の曲が、ぐるぐる〜っと流れてます。。
 というのも幼稚園の生活発表会(お遊戯会)で、父兄のバンドにダンナと参加したんです。
で、ヴァイオリンの先生はピアノも弾けるだろうから。。って(楽器違うんですけど)キーボードになったの。で、ダンナはほんと弾けませんから。。って頼み込んで、シロフォン(鉄琴)に。。
 で、先週から練習があったんだけど、演奏会の練習で行けず、今日、ダンナとともに初参加しました。
ダンナは、父親で参加するのは2、3人だし、なんたって、一応音楽家なのに、ぼろぼろでもまずいということで、キーボードで一本指で練習しておりました。071205_1230
この姿はかなり笑えました。しかも、左右を赤と青の色鉛筆で区別し楽譜に書き込んでいました。さすが、A型。
私など、スコア見て、上はメロディオンと、下はバスと重なってるので、弾けなくても大丈夫だろうと(おいおい。。)ちょこっとしか練習していきませんでした。
 
しかし、行ってみてびっくり!指導におじいちゃん先生が来てたんだけど、「この音楽はのりです。笑顔で体を動かして弾きましょう。」と、ただそれだけで、ひたすら通し練習、、この曲だけで、一時間半近く弾かされ続け、くたくたに。。5分くらいの曲なのに。。(泣)
 しかも、ドラムと小太鼓の前で全然自分が何を弾いているのかわからない。。ちなみにパート練習も、ずれたところの部分練習もいっさいなし。。
 「速いテンポでやっておけば本番少し落とすと楽になります」(まあ、そりゃそうだけどね。。)ってひたすらテンポアップ。。
 なんか、、、すごかった。。。これでいいのか!?。。言ってることは悪くないんだけど、もっとやり方というのがあるだろうに。。あさって、明々後日と練習があって、日曜日が本番です。(いや〜。メインは子供の劇と器楽ですが〜笑)   今週いっぱい、頭の中は「プリキュア」だな〜。

ちなみに、子供は日曜の朝、起きて見ているようですが、私は、プリキュアが終わって「ゲゲゲの鬼太郎」に間に合うように起きるので、この番組はほとんど見たことがありません。。

2007年12月 3日 (月)

演奏会の会場

 なんだか最近ちょっとくらい話しを書いてしまってますね!高橋大輔君もNHK杯で逆転優勝したことだし、元気を取り戻さないと。。高橋大輔君といえば、ショートのヒップホップの時は髭はやしてたけど、フリーのロメジュリではそってましたよね。。これって役作りですかね〜!?
 ところで、この前演奏した教会の話しを書きますね。
いつも思うんですが、残響がどのくらいあるかって、演奏する者としてはすごく気にしますね。今回、リハーサルはいつもの?響ホールのリハーサル室でやってたんですが、ここは、良くも悪くも、どんな響きをするのかよくわかってるので、まあこんなカンジかな。。(ああ、いい加減ですね〜笑)と思って弾いていました。このリハ室、程よい響きで音的には気持ちいいんですが、何が嫌いかって、照明が暗い。。そして私的に嫌なのは窓がないの。。窓のないとこ苦手なんですよね。。昔、Y教室で、3時から9時までぶっつけで教えてた時、入った時は明るかったのにいつの間にか真っ暗なのがすごく嫌だったのを思い出します。。
 あ、はなしそれた!で、教会は前日の練習で初めて行ったのですが、響く、響く。。もう、ウワン、ウワ〜ンってカンジ。で、今までやってた音楽性は急遽、コンパクトなイメージにすることのなり、レガート気味なところも粒を立たせたり、音も小さめに弾いたりといろいろ苦労しました。。ところが、予想はしてたんだけど、本番でお客さんが入ったら(服などで音を吸うので)程よい響きに。。だから、リハの時よりも、粒を出すのを控えめにしたり、やっぱりfのところはfで弾いたりしましたが、前のプルトの音がほとんど聴こえないので、人によって、ニュアンスが少し違って弾いてたんじゃないかな〜と思いました。こんなカンジのリハと本番での響きの変わる場所ってちょっぴり怖いですね。(まあ、良いほうに変わったんだから良いんですけどね。。)
 ほんとのところどうだったんだろ。。気になります。。

2007年12月 2日 (日)

プレイヤーと指導者。。

 若い頃(大学出たての頃)は、プレイヤーと指導者では絶対プレイヤーのほうが、格上のイメージがあった。
まあ、華々しいし、、ヴァイオリン弾いてます!ってほうが偉いのかと。。
 でも、だんだん年を取るに連れて、プレイヤーと教えることとは違う職業なんだと思うようになりました。
だいたい、先生が演奏バリバリしててレッスン変更になったり、チケット買って〜っていわれたり(これって、私!?)するより、毎回、ちゃんとレッスンがあってしっかり教えてくれるほうがいいんじゃないかと。。
 もちろん一流のソリストに習うんなら、また違うだろうけど。。どう思います!?
合奏団を辞めて、教えることだけに専念しようかな。。って思う理由の一つでもあるんですよね。。う〜ん。
私、疲れてる!?
 

合奏団、やめようかな〜!?

演奏会は、なんとか!?無事終わりました。
 今回、練習が月曜〜木曜まであり、次女は毎日、幼稚園のお残りバスだったので、木曜日の日に「演奏会出るのやめて!」と泣かれてしまいました。。演奏会は19時からなので、終わる頃は寝てる時間なのが特に嫌だったみたい。。。それに、いない間、練習してなかったので、今日、久々にヴァイオリン弾かせたら、ひどく弾けなくなってました。。発表会前だというのに。。
 合奏団の演奏会の主だったもの(リハが3日は絶対ある、定期とか響シリーズ)は年に三回あり、発表会と時期がよく重なるんですよね〜。そのほかにもコンサートはありますが。。
 家の中も、どんどん汚くなり(だんだん片付ける気力がなくなる&子供が散らかす)、「のだめ」の部屋どころではなくなり、どうにかしなくては。。(毎度のことですが)
 そんなこともあり、なんだかやめてしまおうか。。と思うようになってしまいました。(他にもいろいろ理由はあるけど、、、)
 いったんやめてしまうと戻るのは難しいですが(演奏する人間なんて私じゃなくてもたくさんいるわけで。。)もういいかな。。と。
 まあ、ぼちぼち考えてみます。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »