教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 弓 | トップページ | 音楽鑑賞教室 »

2007年11月14日 (水)

弓の話し  その2

 技術はもちろんのこと、弓によってずいぶん弾きやすさが変わります。
わりと最近、大人の生徒さんで 弓を買い替えたいということで、4本ほど楽器店から、かしてもらってきた中に、とてもひきやすい弓があり、即決で買われた人がいます。
 4本試してもらったり、私が弾いてみたりして選んだのですが、びっくりしたことには、そのとき弾いていた曲を買われた弓で弾いた時、今まで苦戦していた移弦のばたばたしていたところが、うまく弾け、本人も「すごく弾きやすい!全然違う!すぐ買います!」って、すぐ買われたことでした。
 この生徒さんは運がいい生徒さんで、楽器も、すごくいい楽器を安く買われましたので、タイミングとか、巡り合わせとかその人のもってる運とかあるんだな〜と思いました。(私と楽器も運命の出会いだったのですが、、話すと長くなってしまうので、また違う機会に書きますね)
 
 ところで、ここだけの話しですが(って、おおっぴらに書いてますが)私、難しい曲のレッスンのときには密かに温存してるほうの「ユーリちゃん」を使う時があります。。。練習の足りてない時とか〜弓の力を借りてます。。この弓で弾くようになってから、グリーグの「ホルベルグ組曲」はよく弾けるようになった気がします。(メンタルな面も大きい気がしますが。。)
 明日は、合奏団の練習があるので、最近、あまり練習してないので、「ユーリちゃん」を使うことにします(笑)〜もしや、気は心だったり。。する!?
 

« 弓 | トップページ | 音楽鑑賞教室 »

バイオリン」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

コメント

どどどどど素人の私なので、「へぇ~」と読ませて頂きました。
気は心…確かに気持ち次第で、演奏、ものすごくかわりますよね。
お上手な方々は、その“変わり幅”も小さいかもしれませんが、娘を見てると、本当にそう思います。
娘のピアノの本番前はいつも、「大丈夫。ホールのピアノはいいピアノだから、うまくいくよ。」と送り出します。
(そうは言っても、なかなかうまくいかないんですけどね(^^;))
バイオリン弾きの方々には「これなら大丈夫」という弓(おまじない?)があるんですね。

ひっきーさんの秘蔵っ子、ユーリです(笑)

プロの方は弓を複数持っていらっしゃるんですね。しかも、弓によってそんなに演奏が違うんだなぁ・・・

僕の先生も弓を何本か持ってらっしゃるんですが、メインで使っている弓で指が当たる部分はセロテープをきれいに巻いて磨り減らないようにしてらっしゃいます。
でも妙にツヤツヤになるので、やっぱり温存してる方が良いのかも・・・

つまり!ひっきーさんのお手元をみると自信度合いが分かるのですね。
でも、弓一度買い換えたんですが
最初の弓は1000円の弓で(爆!
ボンドで毛がとめてあるすごい弓でした。
でも、弓を買い換えてよかったと思ったんですが、楽器が変わったらまた不足を感じるように・・・(その前に腕を何とかしたいとも思うのですがねー。
ユーリーさんはペカットやトルテの時代の人みたいですね~。すっごく高そう・・・><

>今まで苦戦していた移弦のばたばたしていたところが、うまく弾け
ええ~!こんなことがあったら、私も、ちょっと高かったとしても、ムリして買っちゃいますよぉ!その生徒さんは、ラッキーだな~^^

「音楽鑑賞教室」お疲れ様です!
でも、学校などのホール(体育館?)だと寒さとの戦いは厳しいモノになりそうだわ、、、

弓の違いで演奏が違うのってホント凄いわ。
実体験した時「こんなに違うモノなのか‥」と絶句してしまったもの。

私も早くいい弓が欲しいけど、その前にもっと腕を磨きたいなぁ。

tontonさん
 気は心というより、やっぱいい弓のほうが弾きやすいんですよ。音もいいしね。。やっぱ、舞台にのってる時は緊張するので少しでも、安心できるものを使いたいってわけ。

ユーリさん
 先生、セロテープで持つところを巻いてるのかあ。。私は楽器のほうに一部テープを貼ってもらってます。汗でニスがはげるのを防止するためですが。。

Chocolatさん
 わざわざ調べてくれてありがとう!
1000円の弓ってすごいですね。毛替えの毛より安い(笑)

ぼんたろさん
 ちょっと。。でもなかったかも。。その弓。。

gaboさん
 そうでしょ〜。弓だけでも随分違いますよね〜。ずっとヴァイオリン続けていく意思のある人には「思い切って買ったら!?』と勧めてます。

弓によって、やっぱりそんなに違ったり
するのですねー。
今度、弓を交換して弾き比べてみようっと。
技術的にまだわからないかもですけど…;^^
材質がやっぱり関係しているのかなあ。
楽器だけでなく、弓との出会いも
あるんですねえ。
魔法の弓と出会いたい……(笑

ちゃいむさん、、欲しいなと思っていると出会いってあるものですよ。オフ会でみなさんの弓や楽器を見せてもらうのも良いかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/8921082

この記事へのトラックバック一覧です: 弓の話し  その2:

« 弓 | トップページ | 音楽鑑賞教室 »