教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 癒される本 | トップページ | 子供のレッスン »

2007年9月28日 (金)

椅子に座る姿勢(オケのとき!?)

 昨日まで響ホール室内合奏団の練習だったんですが、意識すればするほどわからなくなったことがあります。 それは椅子に座った時の姿勢のことです(表の人はあんまり問題ないのかもしれませんが)  私はだいたい裏に座るのですが(昨日、一昨日の練習など自主的に裏に座ってますから( ̄ー ̄)フフフ    )裏(つまり左側)って楽譜が右側に来るじゃないですか。ヴァイオリンを弾くとき、コマと左の指がまっすぐ見える位置に楽譜を普通置いて、どっちかというと左足に重心をかけるでしょ!?  でも、裏に座るとそれができないんですね〜。いすの向きを変えたり、座る方向やお尻の位置を変えたりしてもやっぱちょっと無理があるっていうか。。で、簡単な曲は体もほぐれてるのである程度変な姿勢でもそれなりな音で弾けるんだけど、難しい曲や苦手な曲になると、弓の運びがスムーズにいってなくて変な音が出てしまったりしますね。おまけに目も悪くなってるから、姿勢を正そうと背筋を伸ばして弾こうとすれば弾くほど譜面から遠くなって、楽譜が見えないの(〇o〇;)。  やっぱたくさん練習して暗譜するしかないんですかね〜(^.^;

« 癒される本 | トップページ | 子供のレッスン »

バイオリン」カテゴリの記事

コメント

実はこの記事を読んでから、ずっと悩んでました(汗)

えっと、楽譜って、スクロールの先に見えるようにするものなんですか?
(あー凄い質問)

私は、思いっきり楽譜を見て、楽器は見ないで弾いてるんです。
時折、チラ見はします。シフティング・・・なんとなくで(汗)
オケだと、耳で合わせると言う裏技(?)が使えたので、困らなかったんです(大汗)

いろんな方の記事を読むにつれ、どうやら私の構えはおかしいみたい、と思い始めました。

ううっ、早くレッスンに行かなくちゃ~!!!

表でも裏でも、楽譜と指揮者、コンマスしか見ないですね~(笑

はるか昔の記憶をたどると、ヘッドは指揮者、顔は譜面、体は表側。。。椅子の角を使って、左足は正面、右足は右側面の縁に内太ももが触れてました。脚を(股を)割って弾いてますね。

譜めくりが少し手と腰を伸ばせば出来る距離に陣取ってました(笑
間に合わないのが一番だめでしょ?オペラの時とかは本当に裏の座る位置で、表が落ちる落ちないとかありましたからね。。。

ある程度は暗譜一歩手前にまでは本番までに持って行きました。というか、なってました

一応楽譜見て弾いてるって感じです。

表が意地悪で楽譜を見せてくれない悲劇にあった人は、暗譜してたみたいよ。。。
それはそれで凄い能力ですよね。。

見えないときは、表よりも、譜めくりの関係で!と言って、少し前目に座らせてもらい、譜面は表側に傾けてあげる!という手は如何でしょう。

あんまりあてにならないかも。すみません

ともさん
 オケってさ〜どうしてもちゃんとした姿勢では弾けないので(譜面二人でみるし、練習場所によっては窮屈だったりするし)
正しい姿勢では弾けないと思う。だから、オケ育ち(!?)のともさんの姿勢は本当は弾きにくい姿勢なのかも。一人でソロを弾く時は、左足の真上?に楽器がきててその前に楽譜があるのがいいと思うよ(だいたいだけど)


danse-macabreさん
 お忙しいところ、ご足労願ってすみません。
>ヘッドは指揮者、顔は譜面、体は表側。。
 にだいたいなってますね〜。いや、私は顔は指揮者か、コンマスかそのときに大事なほうをみてるかも。。だから楽譜が見えたり見えなかったりしてるのかな(っていうか、かなり、楽譜は見てないかも。。そしてひんしゅくをかうう間違いをしてるかも。。あはは)足は、ちょっとわかんないので、参考にしてみます。でも、オペラは、ピットのなかだと狭いので、弾ければいいやって感じですごい体勢で弾いてることが多かったですね。指揮者も見えないとかいうこともあったし。
 それにしても、表の人が意地悪することなんかあるんですか!?私は楽譜があまりにもみにくい時は、ずらさせてもらってますよ。言いにくい相手だったら!?休憩中にわからない程度にずらしておきます(ホントカ!?)
 アドバイスありがとうございます!

おお~、私はオケで弾いたことがないので(てか、弾けないので--;)、
>表が意地悪で楽譜を見せてくれない悲劇にあった人
を見て、びびっています(笑)

確かに左側に座っていると、楽譜が見にくそうです。意外なことを気にしないといけないんですね。
来年の発表会で、4人で弾く合奏にもでることになったのです。今からドキドキの冷や汗です。

それど、左側に座っている人の事を、「裏」というのですね!勉強になりました^^

えーと、表と裏と、どっちが楽譜をめくる人なんでしたっけ!;^^
中学生は現在、楽譜をめくらないほうの人みたいです。
あーでも楽譜見えないのはつらいですね。
私は…だいぶローガンが進んできたから、遠くのほうが見えるかもです>違
普段、座って弾くことがほとんどないですが、座ったらまた全然違うんでしょうね。
そうそう、先日教えていただいた「ケロロ立ち」にはまってます!
何かとても楽器が安定する感じがしていいですー。腰に来るけど(笑)

ぼんたろさん
 4人の合奏、ドキドキですね!合奏で一回間違うと、同じところで何回も間違ってしまったりすることもありますよ(笑)
 頑張ってくださいね!

ちゃいむさん
 楽譜めくる人が裏です。というわけでチェロ、ヴィオラは左の人が表です(混乱した!?)
 ケロロ立ちの左足を少し平行に前にやって、重心も少し持っていくと弾きやすいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/8147275

この記事へのトラックバック一覧です: 椅子に座る姿勢(オケのとき!?):

« 癒される本 | トップページ | 子供のレッスン »