教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

椅子に座る姿勢(オケのとき!?)

 昨日まで響ホール室内合奏団の練習だったんですが、意識すればするほどわからなくなったことがあります。 それは椅子に座った時の姿勢のことです(表の人はあんまり問題ないのかもしれませんが)  私はだいたい裏に座るのですが(昨日、一昨日の練習など自主的に裏に座ってますから( ̄ー ̄)フフフ    )裏(つまり左側)って楽譜が右側に来るじゃないですか。ヴァイオリンを弾くとき、コマと左の指がまっすぐ見える位置に楽譜を普通置いて、どっちかというと左足に重心をかけるでしょ!?  でも、裏に座るとそれができないんですね〜。いすの向きを変えたり、座る方向やお尻の位置を変えたりしてもやっぱちょっと無理があるっていうか。。で、簡単な曲は体もほぐれてるのである程度変な姿勢でもそれなりな音で弾けるんだけど、難しい曲や苦手な曲になると、弓の運びがスムーズにいってなくて変な音が出てしまったりしますね。おまけに目も悪くなってるから、姿勢を正そうと背筋を伸ばして弾こうとすれば弾くほど譜面から遠くなって、楽譜が見えないの(〇o〇;)。  やっぱたくさん練習して暗譜するしかないんですかね〜(^.^;

癒される本

最近、なんだか夏の疲れが出たのか(ってまだまだ暑いけど)心も体も疲れがちです。 旅行にでも行ってリフレッシュしたいけど、なかなかそんな時間もないので、ブロコミさんから送ってもらった「感動ワールドジャーニー」という本を読みました。この本は12カ国の写真エッセイ集なのですが、日頃、音楽に関係あるヨーロッパや、韓国ばかり読んでいる私には、自然や、動物の写真や話しがとても新鮮でした。インド洋の綺麗な写真やケニアの大自然の中の動物の写真に癒されました。  興味を持ったのが、南アフリカ共和国!!アフリカといえば、草原の動物をイメージしがちですが、海がとても綺麗で、驚いたことにはペンギンがたくさんいるビーチなんかあって、 アフリカ旅行してみたいなと思いました。ホテルもステキなホテルが紹介されてました! アフリカ旅行"


ブログ 報酬
ブロコミモニターに参加しています
   

2007年9月27日 (木)

椅子に座る姿勢〜

、、のことを、今日、弾いててすごくいろいろ考えたので書こうと思ったのですが、へとへとなので、明日書きま〜す! 今日は、ゴロゴロして、はやく寝る。。アンサンブルは神経が疲れます。。(普段、ポヤヤンなので)

2007年9月26日 (水)

LaLa11月号感想

今日、明日は私が入ってる弦楽アンサンブルの練習なのですが、なんとなくテンションだんだん下がってきちゃって。愚痴書きそうなので、音楽から目線をかえて、LaLaの感想かきます!  今月号はなぜか22日発売だったので、レッスンの合間に早速買いにいきました!  今月号はコルダ表紙ということで、誰かな〜。月森クンかな〜。と楽しみにお店へ!  で、月森クン!?が、かほちゃん!?。。に、後ろからて握り合いながら、肩に手をかけてますよ!?。。ほえ!?  で、ほんとだったら、きゃ〜!!って感じなんだけど(花音さん壊れてたしσ(^◇^;))、悲しいかな。。月森クンが月森クンに見えん!!長女まで、「これ、月森クン ?きらさんに似てるけど、ほんとに月森クン?」といってるし、そのうち「これはニセ森クンに違いない」(誰だよそれ!?( ̄- ̄;)という話しに勝手に落ち着きました。。というわけで、萌えませんから。。。あ〜あ、残念)  で、内容はと言うと、(まずはコルダです)月森クンのベートーヴェンのロマンス(おお!!やっと、あまりさらわないで弾ける曲を弾いてくれているぞ。。という主観は置いといて(;^_^A  この曲、CDに入ってたから室谷さんのヴァイオリンをイメージしてしまいますね。室谷さんのロマンスも素敵なのですよ〜ッと、話し脱せん。でも、表紙の月森クンは、??でしたが、中の月森クンはいつもの月森クンで、よかった〜(#^_^#)  かほちゃんの言葉を思い出しながらロマンスなんか弾いているから、「かけがえなきもの」それは俺にとって。。。 え!?なに、、なんなの!?と期待したけど、音楽。。。そしてヴァイオリンだ。。。  だって。な〜んだ!表紙からして、「日野。。お前だ。。」とか言うかと。(いや、やっぱそれはないか!?( ̄Δ ̄;)) でも、その後、かほちゃんの「すごくステキだった」にいい表情してましたが。  で3位は私の予想ではツッチーでしたが、志水クンだったのですね。他人の演奏がいい刺激になるのはいいことですよね(●^.^●)。。ツッチーと言えば、かほちゃんの腕をとって演奏前に、「サッカーやめた。」って。「続けていくぜ?お前もだろ?」といいつつ、私の好きなブラームスの「パガニーニの主題により変奏曲」を弾きに舞台に! なんか最終セレも来月号で終わりっぽいね。なんだか寂しくなります。コルダの漫画、お休みなんてことになったら楽しみが減っちゃうよ〜ん。  ほかの漫画、「メイド様」も「キスよりも〜」まだ、夏休みの話しなんですけど、、、(10月号なのに)いつもさくさくよんでます。あ、「ZIGZAG」も!  にざかな。。まだ復活してませんでした残念。。 「ハルヒ」は鏡夜のパリの話しはなかったのでなにげに残念でした。 「ヴァンパイア」はかなめセンパイの秘密が知りたいわ〜!私、かなめが好きなんだけど、だんだん黒い人に(花音さんの言うとおり、柚木?岸尾さんだから?)なってますね〜。(ちなみに私のメール音は最近、岸尾さんの声ですから。。カンケイない)でも、零、、かわいそうね。  後はまだ読んでないの。「図書館戦争」が面白いと聞いてますが、、どうなんだろ!?

LaLa (ララ) 2007年 11月号 [雑誌]

問題の表紙です。。どうよ!?

ヴァイオリンの左手の持ち方

明日から響(弦楽アンサンブル)の練習なので、今日は子供のといっても次女のみですが)ヴァイオリンの練習をしっかりみました(練習があると、疲れるので、、自分の子供の練習はみたくないのです(--;)  本当は今日から有田正広さんのセミナーのはずだったんだけど、先生が急病で(古楽音楽祭のときはずいぶんお元気そうで、安心しましたが。。病院で禁酒と言われたそうですが。。(^_^;))セミナーが中止になり、明日から団員だけで練習することになりました。 で、それはどうでもよくって。。今日、次女の練習をみててなるほどと思ったのですが、実は次女は左手がべったりネックにくっついてて指をしっかり押さえることができてません。しつこく、親指と人差し指の間でヴァイオリンをまっすぐはさみなさいよ!といってもできません。長女と私の大学時代の友達(いちお、生徒なんですが)ネックに押しピン(といっても直接ささるといたいので先をセロテープで保護したものをつけさせ、なんとかなおりました(が。。たまに刺さってたようです(>_<)  )  こういう生徒さん、小さい子に多いのですが、今日練習させてて、どうも、左手というより、ちゃんとヴァイオリンがはさめてないからも一理あるなと思いました。ヴァイオリンがはさめてない−>落ちそう –≥手で持っちゃう。。みたいな図式ができているようで。。  ためしにしっかりヴァイオリンをはさんで左腕を楽な状態にさせたら、ずいぶん綺麗な形で持てるようになり、指も指板にのるようになってきました。本人はきつくていやがってましたが、ちょっと続けてやらせてみようと思ってます。とはいってもここ数日はまた放置してしまうだろうから、逆戻りするんでしょうけど( ̄、 ̄)

2007年9月25日 (火)

多井智紀さん(コルダの志水クン演奏担当の)に会った!

 古楽音楽祭のつづきです。
実は日程をはっきり調べるために、福岡古楽音楽祭のサイトを検索した時の会話から。。
 ダンナ「ひっきーもこのコンサートいくの!?」       私「 (#^_^#)。。きゃ〜!」(返事になっていませんから)
 ダンナ「( ̄- ̄;)   誰かかっこいい人でも出てるの!?」( (◎-◎;)!!するどい!)
 私「かっこいいっていうんじゃないんだけどね。」(多井さん、すみませんすみませんΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓
ダンナ「どうせ、ミーハーな理由でしょ〜」 私「いやあ〜コルダの志水クンの多井さんが出演していたものだから。。つい反応してしまってσ(^◇^;)」
  というわけで、ちょうど運良く実家レッスンもお休みの週だったのもあり、しっかりサインをもらおうとCD持参して出かけました。
 古楽で多井さん!?。。私としては不思議な感じだったのですが、古楽のベテランさんの中ですごく頑張ってました。っていうか、チェロって通奏低音なんてもんじゃなくヴァイオリンなみに!?大活躍するんだけど、ほんとセッションしてるって感じでしたね〜!いやあ。多井さんの株あがりましたから。(って、偉そうな私。。<(    )>すみません。。)
 で、パーティーで、有田さんに、「実は、子供が見ているアニメで多井さんがチェロを弾いていてぜひサインもらいたいんですよね〜」(ほんとに子供にサインもらってきて!ってせがまれたのよ〜)って言ったら、ついてきてくれるというので、勇気を持って声をかけることに(キンチョ〜。まるで、告白シーンだな。。ヽ(///>_<;////)ノ)で、有田さんが「多井クンのCDをもっててサインほし〜んだって」(有名な有田さんにそんなこと言わせて、すみません。すみません。。)で、コルダのCDを見せると、どん引きされてしまいました( ̄□ ̄;)!!  「勘弁してくださいよう〜」って。でも、有田さんがそこで、私のダンナが自分が今年指導している合奏団のコンマスで、ひっきーさんは、その奥様よ!とフォローしてくださったので(先生。。重ね重ねすみませんです。)サインも写真もOKでした!少し、お話もしましたが、私はパニックってたもので、(O.O;)なんかちゃんと話せませんでした。でも、多井さんは個性的な、まじめな方でした。
ヴィバルディの四季で、酔っぱらいのソロの後に、アドリブでチェロを落とすまねしてて、「面白かったです〜っ」て言ったら、「そういうところの印象ばっか残ってないで、もっと音楽に感動してほしいんだよな〜」って言ってました。そういや、「クラシックはあんまりやりたくないけど、室内楽は好き」とか「もともと古楽に興味があった」って言ってましたね(彼の先生は古楽の方面で活躍されてるチェロ奏者ですよね。たしか)
 でも、コルダの話しは嫌そうでした。ただコルダのコンサートみたいな超満員のお客さんの前で弾くのは初めてで緊張したって言ってましたが。。バッハ、失敗しちゃったし。。とも。(彼の中で、コルダは、たくさんの男の子が好きになってくれるゲーム。。っていうのが強いみたいでした。〜まあ、そうなんだけどね。)
 あの時は、パニクってたから言えなかったけど、「コルダをきっかけに音楽が好きになる人もいるんですよ!」といいたかったな〜。私、初対面の人と話すのかなり苦手だし、緊張しちゃうからなあ。。(T^T)  有田さんともはじめは話せなかったし。。この性格、なおしたいです〜(>_<)
 あ、サイン、子供の名前でいただき、子供たち、めっちゃ喜んでました。
 すみません。頑張って、画像小さくなったんですが、またしても横向きです(泣)

070924_2128

2007年9月23日 (日)

福岡古楽音楽祭

 今日は、幼稚園の運動会でした。ダンナが大人のアンサンブルとともに合宿に行ってしまったので、長女にビデオ撮影を頼み、私は写真を撮ってたのですが(広報)、全然いい写真とれなくてまずいことに(ーー;)。クラス対抗リレーも出て、とっても疲れ、家に帰って、子供もほっといて寝てました。で、やっと、復活したので、金曜日に聴きにいった「古楽音楽祭」オープニングコンサートについて書こうと思います。
  「古楽音楽祭」は今年、私たちがバッロクの勉強とコンサートでお世話になっている有田正広さんが音楽監督の今年でもう九回目を迎える音楽祭です。有田さんと言えば、前にも書きましたが、ピリオド奏法!!というわけで、大きなホールでの演奏会ではなく、アクロス福岡国際会議場を使っての演奏会でした(といっても400人ぐらい入るところだったけど)この日、九響の定期演奏会をアクロスの大ホールでやってたので、お客さんの数は!?と思ったけど、古楽って根強いファンがいるらしく、私が行ったときにはもうかなり入っていて、前のほうは、演奏者の真横!?の席か二階しかあいてませんでした。古楽だし。。二階じゃ、聴こえないかも。。と真横の一列目に座ったので、ヴァイオリンソロなどは、よく見えましたが、有田さんのフルートは後ろ姿を見て聴きました。
 私、大学のとき、古楽サークルで、リコーダーとかヴィオラ ダ ガンバとか弾いてたんで、モンテヴェルディとか懐かしく聴かせてもらいました。モンテヴェルディはルネッサンスとバッロクの岐路に立つ人で、この人の時代の音楽から音楽に人間の感情や人間くさい感情表現を用いるようになってきたそうです。ということで、モンテヴェルディの歌曲と、カステッロのソナタが演奏されました。ヴィオラ ダ ガンバのライナー ツィッペリングさんってめちゃくちゃ、うまかった!こんな上手なガンバ聴いたことないぞ!!(感動(*^^*))
 で、その後、フィッシャーという人のターフェルムジークという曲があり、この曲からチェロやコントラバスも出てきたのですが、(古楽だから当たり前なんだけど)ガット弦で弓もバロックBowで、チェロもエンドピンたててなくて膝ではさんでました!古楽用コントラバスは初めて見ました!(太いガット弦だったな〜)
 で、前半最後に、ヴィヴァルディの「秋」。。これ、面白かった〜!音楽って自由なんだな〜ッて感じで。
酔っぱらいのシーンでは、ソリストの寺神戸亮さん、一回転するし、みんな再現部の前で寝たふりしてるし。。あ、ちゃんと(今度この曲は12月にやるんで)奏法とかも参考に見てきましたよ。
 後半は、テレマンのリコーダー組曲とクープランのコンセール第8番でした!
で、このリコーダーのワルター ファン ハウヴェさんがまた、めちゃうまかった!リコーダーでもこんなに音楽性って出るのね!!ってかんじで。で、最後は全員で演奏!有田先生のフルート、初めて生で聴きました(これまためちゃうまい〜って語彙力のない私 v(;^_^A
 この演奏会、9時からパーティーもあるので、そっちにも顔を出すつもりでいたのですが、終わったの9時45分。
外に出たらエレベーターとまってました。(パーティーで食べればいいか!と思ってたので、すごくおなかすいちゃった。〜食卓の音楽を聴きながら、おなか減るってどうよ!?(;^_^A)
 そういや、リュリってイタリア人だったって知ってました!?ルイ14世のいとこと知り合い(!?)で、フランスに連れてこられて、ルイ14世と知り合いになり、宮廷音楽家になった(ちょっと誤植あるかも。。(¨;)1)って解説の人が言ってた。私、これまで、リュリはフランス人って生徒に教えてたよ( ̄。 ̄;)やば。。懺悔せねば。。

 実はね、このコンサート、コルダと微妙に!?関係あるのよ!。。その話しは、、次に続く!(みなみ花音さん、乞うご期待!)。
 

2007年9月21日 (金)

楽器の修理代

 実は実家で使っているヴァイオリンのネックと指板が外れてしまっていたので(いやあ、ケースを開けたら、ネックから折れててびっくりしましたよ!!)修理に出してきました。で、修理代4万円なり。おまけに、毛替えも弓の持ち手の皮まきもしたので、5万近い出費が。。((──┬──__──┬──)号泣)
 この暑さ(今日も35度近い。。)でやられたのね(T.T)
私だけでなく、この暑さに耐えきれなかった楽器が所狭しと山のようになって足の踏み場もないほど(ちょっと大げさ!?)でした。
 工房って儲かるかも(^¬^)。。なんて思うほどの数だったよ(休みはなさそうだけど)

というわけで!?私の楽器もいつできるのかわからない状態でした。。(とりあえず、セカンド楽器だからいいとしよう。。)
 今日は、今から、福岡まで、古楽音楽祭に行ってきます。というわけで、出費かさむかさむ。。(×_×;)
プレステ2が買えるのはいつになるのやら。。(T.T)

2007年9月20日 (木)

今月のお便り

前にも書きましたが、私は毎月、生徒宛にお便りを書くのですが、今回はブログで知り合った皆さんのことをちょっと書いたので、読んでもらおうと思ったのですが横になってしまいました(ごめんなさい。縦にする方法がわかりません。。でもクリックすると全文が見れます。。一応!)
 皆さんが頑張ってるのを読むと、私もほんとに刺激になって練習もするので感謝してるんですよ〜!
ありがとね!!
070920_2104

すごくわかりやすい先生

 ダンナの受験生の生徒が、オープンキャンパスで、大学の先生にヴァイオリンを習ってきたのをビデオに撮ったものを見せてもらった。
 いや〜、相手が高校生だからか、公開レッスンだからか。。いえいえ、、たぶん先生がすばらしいのでしょう。すごいわかりやすいレッスンだった。今時の音大の先生ってこんなに丁寧に教えてくれるの!?。。みたいな。
 重音の説明が、「鏡餅は下と上が同じ大きさでは、不安定でしょ!?重音も同じように下のほうがよく聴こえたほうが安定感があるのよ」とか、弓の使い方について「まっすぐはやく動かすよりも、人間のては円を書くように動かすほうがちゃんと動くのよ。場合によって大きく円を書いたり、小さく円を書いたりして、弓を使いましょうね」だとかetc..そして、先生はプレッシャーがかからないようにか!?ずっとにこやかな笑顔でレッスンしておりました。
 私の大学の時の先生なんか、精神世界の話しはするわ、言葉にならない何か(感情!?)をレッスンしようとするわ、機嫌が悪い時のレッスンなんかもろ響くわって感じだったけどな。(それはそれで、私は勉強にもなったし、先生が大好きだったからいいんだけどさ)
 私も、言葉にならない何かを歌ったり、ヴァイオリンにのせて、こう!!とか言ってるけど、もっと端的な説明ができるようにしたいな〜と思いました。
 それにしても、毎日暑くて、違う意味で機嫌悪くなりそうな今日この頃。。。笑顔を忘れずに!ですよね!!

2007年9月18日 (火)

「たまには違う環境に身を置くのも悪くないかと。。」

って、これは月森君が遊園地に行った時の台詞ですが。。 (#^.^#)
 
というわけで(どういうわけじゃ(^-^;)。。昨日は家族で地元の遊園地「スペースワールド」に行ってきました。
「スペースワールド」のうりは、やはり3大コースターなのですが。。まず手始めに、3歳児ものれるコースターにのり(下の子かたまる。。)その後、上の子と、まずはヴィーナスに!(高さ40mに登りきったら二回急な坂があり、そのご一回転して地面すれすれを走ったり。。するコースター)
 久しぶりにのったら怖かった〜(*_*)。
 観覧車をはさんで、逆向きコースターなど、コースター系に乗り続けてた上の子。。「ジェットコースター祭りはもういいよう〜疲れた〜」というので、次は水の中に16mの高さから落ちるアトラクション「アドベンチャークルーズ」
に!落ちる時は怖かったけど、それよりびしょびしょに!
そんなこんなでいろんなアトラクションを回ったんだけど、3大アトラクション一つしかのらないのも寂しいので、一人で 「('ヘ`; 、まだのったことのない「ザターン」にのってきました!
出発後2.5秒で最高時速130kmの世界へ!(ここがめちゃ、怖かった)65mの高さに昇りつめたら、なんと最大傾斜89°の急降下!(あっという間で、何がなんだか。。)。。。でも、おもしろかった〜(私以外の家族は誰も乗りたがりませんでした(^_^;))
 雨も降ってたし、一人で乗るのも嫌なので、タイタンはやめにしました。
 閉園までめいいっぱい遊んで、とても疲れました。
「頻繁にはごめんだけどな。。。悪くはない。。。」って月森君は言ってましたが、やっぱ遊園地はたまにいくところでしょう。。疲れるし、、。
 とりあえず、月森君を見習って練習してもらわないと。(上の子は、「ラ フォリア」下の子は「習作」(一巻)dです )

 お昼はケンタッキー、、子供たちは、「あ!火原先輩の「カツサンド」がある〜!これにする〜」ってやはりコルダに毒されてました(!?)。。。「購買のカツサンド〜」って喜んでましたが、、購買じゃありませんから( ̄- ̄;)。
 Coaster_10
Coaster_147
 

2007年9月17日 (月)

ヴァイオリンを弾く姿勢(子供の場合)

 最近、ちびっこに試してることがある!
 昔、私も勧められた経験があるので、大人にも有効かもしれませんが(動きの激しい人には)。。
 足のかかとをつけて足先を90度くらいに開き、足はぴたっとひっつけて立つの!名付けて「ケロロ立ち」!!
この立ち方の利点は、なんたって体がぐらぐらしない。楽器が左に弾いてるときにくる〜っと回ってしまう人や、感情を込めすぎてよけいな動きをしすぎてしまう人に、有効だと思います。(ま、難しい曲を弾いてる人にはどうかな!?とも思いますが、左腕(左半身?)がしっかり固定されることで、右の動きが、正しい方向に自由に動きやすくなるのがいいなと思って試させてます。
 ちびっこは、動きたがるし、じっとしてないから、これで立たせると結構大変みたいです。
 そういや、以前、演奏の仕事で、先輩格の人から、この立ち方を勧められたとき、足のかかとからふとももまで、ジッパーをあげるようにキューッと引っ付けていくイメージで足をつけてまっすぐ立って弾くと姿勢よくなるよ〜って言われたことがありました。これで弾くと結構きついけど、腹筋も鍛えられるので、おなかもスリムになるかも!?。。。ってそういう問題じゃないですね。。アハハ。
 Keroro001
足は、ケロロより開くのよ(笑)

2007年9月13日 (木)

「ハリーポッター」をやっと見てきた

って、昨日の話しなんですけどね。
 ダンナの分の前売りまで買ってたのに、夏休みは無理なので、昨日になってしまいました。。。でも、結構大きな画面だったのでよかった。
 前日に、「ハリーポッターと炎のゴブレット」を見ていたのがよかった。。シリーズ物って仕方ないんだけど、忘れた頃に放映されるので、見てなかったらわからなかっただろうなあ。。。。いやいや、本を読んでない私としては、今回の映画の内容は、謎も多かったです。。。やっぱ、よく書かれているとおり、本は読むべきなんですね。
 だいたい、原作がある映画って、緻密さにおいては原作に勝てっこないもんね。
 今回の映画を見ながら、なんだか、ラストは、スターウォーズと似てるような感じがしてきて、ヴォルデモートがシスにみえちゃう始末(ハリーはアナキン。)
 戦ってるシーンもフォースみたいなのが出てたし。(校長先生は、オビワンケノービっていうのはどうでしょう!?)
 心の闇、、みたいなのが鍵になってるのも似てませんか!?
 で、このままハリーが自分の弱さに負けて、ヴォルデモートの言いなりになると、ダースベーダーになっちゃうの。
。。。と、どこまでも、スターウォーズと重ねてしまう、お馬鹿な私!。。。次は違う話しになるんだろうけど。
 ちなみにハリーとチョウの関係って何!?突然、キスしててびっくりしましたが。
 。。やっぱ、本読むべきなのね。。。古本屋さんで買ってこようかな。

2007年9月12日 (水)

ヴァイオリンの姿勢と視力

 レッスンしてる時に何人かの生徒から、「目が悪いので近くで楽譜見ないと弾けません。。」とか、「老化が進んでもうこの眼鏡はあわなくて。。」なんて言われる時がありますが、そういう人に限って楽譜を、どうにかこうにか見ようとしてか、すごい姿勢が悪いの。普通ヴァイオリンをまっすぐ構えたら、コマと指板を押さえる指と楽譜が一直線に見えるはずだけど、なんか変な持ち方になってるの。
 あ、でもオケみたいに楽譜、二人で見る時はこれは成り立たないよ。
で、この前、弦楽アンサンブルをした時の自分の姿をDVDで見たんだけど、音が細かい曲と、自信のない曲になると猫背気味になってた。まずい!!生徒に注意してる場合じゃなく、姿勢の悪いのは自分じゃん。。って感じでした。
 そういや、この時、私、オケなんかで、いつも裏(左側)に座ることが多くて久々に表(右)に座ったら、楽譜、見えない!見えない!。。何回か練習で、飛び出し事故を起こしてしまいました。たぶん、右目で楽譜見る習慣がついてるのかも。。。。っていうか、左目、視力悪い!?
 視力はかってもらわなきゃ、いけないかも。。とりあえず、ブルーベリーでも食べておこうかな(ってそんなんでいいのか!?)
 皆さんも目はお大事に!

『ハイパー乳酸菌生産物質 BRMS(バームス)』5日間サンプル体験

ポッコリおなかをなおすべく!?体験したBRMS5日間サンプルですが、あっという間の5日間でした。
顆粒タイプ(1袋1.5g)で、レモン味のとけやすいタイプだったので、毎日苦にももならず飲めました。(こんな感じなら続けようと思えば何日でも続きますね)
で、問題の 便秘改善に効くのかということですが、私はそこまで、本来便秘ではないので、1、2日目は何事もなかったのですが、それ以降はかなり効きました。バームスで腸内の大掃除をしてくれると書いてありましたが、ほんとにそんな感じでした。おかげさまで、ポッコリおなかは、普通のおなかになり、体重も1キロ減ってました。
 前より善玉菌がたくさんになったのかな!?これを機に食生活も見直さなきゃと思いました。
ブログ 報酬
ブロコミモニターに参加しています

2007年9月11日 (火)

弓の動きについて その2

 長女のヴァイオリンの時間は、夕ご飯の準備やレッスンと重ねることが多いので、一人で練習させてることが多いので、、気づいたら弓の動かし方は悲惨なものになっていた。
で、 この前書いた話しの続きになってしまうのですが、長女にしつこく、ダウンでは弓を手首から前に押し出して、アップでは反対側に引っ張るのよ〜っと、めずらしく今日は見てあげていたのですが、どうしても手の甲が水平になった状態で動かないんですよね(まあ、厳格にきっちり水平に弾いてる人はいないんだけどね。ぐにゃぐにゃなの)。。。お金なんかのせたらすぐ落ちるだろうな〜(汗)
 そういえば!!昔私が大学生だった頃、やっぱこの奏法に問題があって、アップのときに手首があがりすぎないのを予防するようボウリングの腕を強制するやつ(リスタイ)を、先生に「ボウリング場で買ってきなさい」と言われて、買って腕にはめて練習してたことがありました。(そのまま使うと弾けないので、ちょっとアレンジして使ってたのですが)
 弓の動きって、口ではやはりなかなか説明がつきませんね。
 でも、立ち方がピシーッと決まってないと、弓の動きはもっと悪くなるみたいです。う〜ん、奥が深いわ〜。Goodswristmongooseasahi
こんなやつ!でもこのまま使うと、手首からの動きができないのでご注意を!

2007年9月10日 (月)

マラソンコンサート(響ホール)

今日は北九州国際音楽祭の一環でもある市民企画事業マラソンコンサートに、うちの生徒の子供の合奏団と、うちで練習してる大人のアンサンブルが出演するので、ヴィオラでお手伝いをしました。子供の合奏団はヴィヴァルディの「夏」と「カバレリアルスティカーナ」、大人の合奏団はメンデルスゾーンの「結婚行進曲」、マイフェアレディーから「踊り明かそう」、「千の風にのって」を弾きました。
 子供の合奏団はヴィオラ、一人だったので、ちょっと音量的にも大丈夫だったのか心配でした。(〜大丈夫とはいわれたけど)
 はじめの一曲めは子供たちが緊張していたので、ちょっとだけ出だしは気負ったけど、あとは慣れた響ホールだったおかげで、楽に弾くことができました。
 まあ、両合奏団にも、自分にもいろいろな課題があるな〜と思いつつ、やっぱりどんな形であれ、本番を踏むことは勉強になるのでした。
 明日からは、また、バッハを練習するぞ!

2007年9月 6日 (木)

ポッコリおなかとさようなら!?

今日は頑張ってもう一つ書いてみます。
最近、面白そうなので登録したブロコミさんから、「BRMS」というサンプルが送られてきた。
最近、アイスの食べ過ぎと、野菜不足のせいか、おなかがはるのが気になってます。この「BRMS」は便秘改善に劇的に効果があるらしいので、早速飲んでみました(一日スティック1本飲むだけ〜量も少ないし、飲みやすいです)〜5日続けて飲んでみてスリムなおなかになったかどうかまた書きますね。
 ビリーも全然続かない私。おなかだけでもやせるといいけど。
ブログ 報酬
ブロコミモニターに参加しています

弓の動きについて

今日は朝から小学校の家庭教育学級(「家庭に置ける性教育」という講演〜今回、係なので休むわけにもいかなかったの)があったので、ヴァイオリンの練習はお休みとなりました。(やっぱ3日坊主だったな)

で、弓(V)の動きについて、フルフルさんから質問もあったので、どういうことかちょっと書いてみます。

ダウンとアップの弓は、本来どちらから弾いても同じ音が出るように弾けないといけません。
 我が家の長女の例をとりますと、、、弓の使い方について注意するとダウンは意識すると手首から前に押し出すように弾くことができます。でも。。アップはその反動で動いている場合が多いので(何となく戻ってきている)弓がしっかり使えてません。よって、ダウンに比べ、弓の量が少ない(もとまで戻ってない)ので、だんだん使っている場所が上に上に上がっていってしまってます。
 そして意識をしていないのでアップのほうが弓の吸い付きが悪く音にムラが出ます。(ダウン大、アップ小〜大げさにいったら。。ってかんじかな) 
 今それを解消するために、カイザー1番を練習してますが、普通ダウンから弾くのですが、アップからも同じように弾けるように練習しています(っていうか宿題です)
 ダウンで手首から前に引っ張ったら今度は、アップで逆の手首から、楽器のほうに引き寄せることが大事です。ただ手首をこね回したらいけません。弓を持つ手の甲にお金などをのせて動かしても落ちないくらい(といってもこれは難しいのですが)平行に手の甲は動きつつ手首を動かすことが大事です。
 弓の動かし方って本当に難しいですね!私も完璧にはできてないし、一生勉強ですね。

2007年9月 4日 (火)

ヴァイオリンを弾くときに意識すること

 今日は、我が子がヴァイオリンのレッスンを受けていた。。。あんなに、家でうるさく言ってたのに、2学期が始まったばかりの疲れが出たのか、めちゃめちゃへたくそで(上の子なんか具合まで悪そうだし。。)合格無し。(二人とも〜もう、うんざり)レッスンされてることも私が家で、ガミガミ言ってることと同じ。しょせん、父親に習っているヴァイオリン(それもたまに)なんか上手になるわけないか。。
 下の子は幼稚園児なので仕方ないにしても、上の子を見てて思うことは、何考えて弾いてるんだろう!?
いっつもたらたら練習してるのを、たまに横で注意するんだけど、言うことは同じ!
「腕をもっと入れなさい」「指を立てて弾きなさい」(これって、月森君がかほちゃんにも言ってたな。22、23話あたりで〜そして、私は、感心していた!)
 でも最近口うるさく言ってるのは、弓を手首から動かしなさい!ということ。。それと[V]を常に意識して弾きなさい!ということ。(だってダウンのもどりで、アップの弓を使ってる感じなんだもん)
 毎日のようにいってるのに、心に響いてくれないのか全然よくなりません。で、弓ももとのほうで弾いてたはずが、いつの間にか先で弾いてるし(これはVが使えてないから)
 あ〜あ。のれんに腕押しとはこのことなのよね。本人が、いい音を出そう!と思わない限り、奏法も音楽性も身に付かないというのは重々わかってはいるんだけど、ほかの上手な子たちを見ると、ちょっぴり悲しくなります。
 性格が幼いのと、ほかのことに気持ちがむいてるのが仕方ないのかな。
 明日は、私自信が弾くときに意識することを書きます。(明日、弾いたらとりあえず3日坊主!)

2007年9月 3日 (月)

ヴァイオリン練習開始!?

今日から待ちにま〜った新学期!
 ブログで知り合った皆さんに触発され(そんなのでいいのか!?)子供が出かけて一番にしたことは。。ヴァイオリンの練習ですよ〜!(なんの風の吹き回し!?)
 アマチュアの皆さんがこんなに頑張っているのに、私が、のほほん韓ドラ視聴ばっかしてるわけにはいかん!!と!?(ちなみに今見てるのは、台湾ドラマ。。というのはおいといて)朝から、練習してみました!
 で、やっぱ、課題がないといけないと、9月下旬のセミナー(前も書いたピリオド奏法のつづき)で、模範演奏をすることにしてもらいました(といっても一番簡単なやつ〜弱気です)
 で、この3週間は頑張って、バッハの無伴奏組曲をさらおうと思ってます。
 ちなみに、今日レッスンに来た生徒の弾く鈴木の7巻のヘンデルやバッハのコンチェルトも指ならしで!?弾いてみました。
バッハのコンチェルトって難しいよね。(という私の個人練習のせいで!?ここにもたまに顔を出してくれるタクマミさんのレッスンはちょっと細かくやってしまいました〜彼女が、バッハを弾いてるので)
 明日も頑張るぞ〜(3日坊主になりませんように!)

2007年9月 2日 (日)

「春のワルツ」が好きになれない理由

 韓国ドラマは好きなんだけど、ユンソクホ監督作品はどうも苦手です。
このドラマ、主題歌が、どうしても、中森明菜の「セカンドラブ」のパクリに聴こえて、いやなんだよな〜。
で、主人公が、なまじっか(?)ピアニストなのがまたよくない。なんかね。なんていっていいのか分かんないんだけど、かなり無理があると思う。。
 だいたい、今日見た最終回、イナ、いくら個人的な感情があっても(音楽事務所の人としては)演奏前に演奏者の持ち物を捨てたり、演奏に響くようなまねはしないでしょ!?
 それに一度、舞台にたっちゃった後で、いくらお守り的なものでも、探しにいったりはしないでしょ!?
それから舞台裏のゴミ箱に割れた電球。。そのまま捨てるってあり!?
 一生をだめにするようなけがだったら、コンサートでも弾けないと思うんだけどな。

 と、文句たらたらなのですが、一番???、、だったのは、弾けなくなったのに、なにしに、ウイーンに行ったの!?
「会うのが辛いから」って、恋愛の辛いのも分かるけど、ピアノが弾けなくなった辛さとかそういうのの、かけらもないのは、どうして!?
  音楽家から音楽とっちゃったら。。たった数ヶ月で、いくら恋愛が成就しても、にこにこしながら結婚式なんてあり得ない!!まして、名だたるピアニストなら。。。
 ウイーンの景色は懐かしく、素敵でもあったんだけどね。これってシナリオにずいぶん無理があったんじゃないかと思います。
 最後は、台詞(冬)や、心臓の音(夏)なんかで四季シリーズのまとめ感をだしたのかなとも思ったけど(秋、、はよくわからんけど)、、映像美は認めるけど、もうちょっとストーリーも大事にしてほしかったわ。

あ!「春のワルツ」、チュジフン君がオーディション受かってたんだけど、「宮」に決まっておりたんだよね!?(ね?さななさん?)でも、内容的に、「宮」で正解だったね。。。。でも、ジフン君のピアニスト姿は見たかったな。(笑)

 今度は「北京バイオリン」が始まるみたいだけど(映画は見ました)、どうかな!?

2007年9月 1日 (土)

夏休みも終わり!

 子供の自由研究(原子力発電について〜私が詳しくなっちゃった)もやっと終わりました。
 夏休みの宿題と言えば、私は祖父が画家だったので、いつも夏休みに泊まり込んで、絵を描いて見てもらったり、工作の手伝いをしてもらったりしていました。夏休みだけじゃなく、祖父の家には、土日に一人バスに乗ってよく泊まりにいってました。(私が行かない日は、弟が行ってました)
 なぜ、そんなに泊まりにいきたかったのかというと、祖父の家は広く、食事もおいしく、しかも、スケッチしている祖父の横で、漫画を描いたり、一緒にプロ野球ニュースを見たりしながら夜更かしするのが楽しかったから。夜中に和菓子を食べたりね。
 今でも、懐かしく思い出します。
 
で、今は毎週末、うちの子供たちを引き連れ、実家でレッスンしている私。親はうるさくてたまらないみたいだけど、子供にとっては後々いい思い出になるのかな!?
 9月は、敬老の日もあるし、何かプレゼントでも持たせてゴマをすっておこう!?
 敬老の日のプレゼントで一番人気は花のようですね。
敬老の日
この記事はブログルポの敬老の日特集の依頼により執筆しました。
 

デスノート

 映画のほうの「DETH NOTE」前編後編を最近見てとっても面白かったので、期待してたんだけど、ちょっと今日のは、ダイジェスト版って感じで、話しが大まかすぎて初めて見た人にはこれは分かるのかな!?ってな感じでした。
 もとの漫画のほうを読む読もうと思いつつ、機会を逸しているので、近いうちに読みたいなあと思ってます。
アニメもDVDで一話一話見たら面白そうな感じですね。近くのレンタルビデオ屋さんにあったので、そのうち借りてみようっと!
 今日は、実家のレッスンが久々にお休みだったので(明日の朝も)気分的には楽な週末でしたが、やっぱ、夏休みは一日子供の世話に明け暮れるので、疲れがたまりまくってるかんじです。
 来週からやっと始業式!9月は自分の練習もしっかりしようと思います。弓も毛がえしてきたしね。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »