教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

LaLa10月号

実はLaLa10月号は発売日早々に買っていたんだけど、感想、遅くなってしまいました!

あ!今日、全プレ応募してきました。で、郵便局で、「為替ってほんとに手数料100円になっちゃうんですか?」って聞いてきた!。。そしたら、「一枚どれでも手数料100円になるんですよ!」っていわれました。で、「100円のものもですか?」って聞いたら、「そうです!だからお早めに買っていてください。ぎりぎりだと、買い占める人がいますから」っていわれました。近いうちに、来月号分も買いにいこうかな。。それにしても、ひどすぎる!!

で、「金色のコルダ」ですが。。。とうとう最終セレクション当日!!(うちの子供、今月号から、コルダは読まないんだって。単行本読んだときに、楽しみがないからだって〜って、どんだけ〜?。。気の遠くなる話しだ)
 先月号に引き続き、ちょっとだけ、積極的になった冬海ちゃん。かわいい〜!!きっと、最終セレクションに反映されるのね!(たぶん。。)志水君は、相変わらずマイペースで、笑えます。
 それにしても、なんかリリも久々に見た気がします!かほちゃんが、ありのままの演奏をするって伝えたのを聞いて、いい顔してます。。。。音楽は、その人のもってるものがそのまま演奏に出るから、それでいいと思う!っていうか、そうありたいんだけど、難しいよね!(日々そう思います)
 で、演奏順がかわる....って。。まずいでしょう。月森君じゃなくても、怒ります。でも、この一言、はじめ土浦くんが言ったのかと思いました。でも、彼もただ、クールなだけな人から成長しているのですね。演奏がホットになるのでしょうか!?
 でも、この後の「どんな順番でもおれたちの演奏がかわるわけじゃないし!」って言った火原っちは、えらい!!(ぱちぱち!!)
 はっきり言って、私がこの立場に立っても、月森君と同じことは言えても、火原っちの意見は出なかっただろうから。なんか、漫画相手に、感心してしまった!さすが!金管!(なんで!?)さすが!火原っち!心のゆとりがあるよね(何も考えてなかったりして!?)
 いつも思うけど、月森君の気持ちはよくわかるけど、火原っちって私が音楽に対して、欠落してるモノを持っているようで、魅かれます。(ちょっと、おばかだけど。。!?)
 でも、1位からってさあ。。普通に考えると面白くないよね!?だってどんどんレベル下がっていくってことでしょ!?
ま、楽器、違うからいいのかもしれないけど。
 1位 柚木  2位 月森  3位 土浦  4位 清水  5位 冬海 6位 火原 7位 日野   。。。でしょうか!?(私の予想)
で、ゆのきんのフォーレ(当たり前だけど。。漫画って音が出ないから、演奏シーンもあっけなく終わってちょっと悲しいわ)。。。火原っちが、何かに気づいた様子。。(私も、音がききたい!)
 で、月森君の出番。。かほちゃんに向けた目線が。。なにか、いってるわ〜!きゃ〜!!。。。さっきまで、火原っちに感心していたのを、この一コマで忘れてしまいましたね!だって、この表情。。どうよ!?反則です(ってなにが!?)
 というわけで、来月は、月森君から見れるのね〜。楽しみ!。。で、表紙も付録もコルダなのね。るん。

ほかの漫画。。
 なにげに、「4ジゲン」が好きなんだけど、にざかなさんのにざさんの家が全焼したとかで(ホームページ見たら悲惨だった)漫画、、なかった(悲)

 ホスト部。。。面白かった。。環のばかさかげんと、パリでの、けなげな鏡夜と。。ラストシーン!

だめだ!猛烈に眠くなってきた!後、割愛(すみません)
 コルダネタ、、まだ書きたいけど、明日にまわします!(最近、コルダづいてるなあ〜)



LaLa (ララ) 2007年 10月号 [雑誌]

2007年8月29日 (水)

昨夜は皆既月食

 昨日から幼稚園の夏季保育が始まり、早寝、早起きの生活に無理無理に戻しつつあります。
 ところで、昨日は待ちに待った(!?)皆既月食で、7時前から月食が始まるということでしたが、七時半前にレッスンを終え、すぐ空を見るものの、「あれ!?月は?」ってな感じでしたが、八時前に赤黒い不気味な月が見えました。
 で、夕食をさっさと食べ、屋上で、子供と見ようと出かけたのですが、雲がかかりかけていく様子はほとんど見えませんでした(泣)
 でも、シャンパンとチーズ、クラッカー(子供はジュース)を持ち込み、だらだらと空を眺めていたところ、20時30分くらいに細い月が姿を現し(この時はもう、金色に光ってましたが。。)その後、戻っていく様子は全部見ることができました。子供は、チャレンジ4年生の付録についていた望遠鏡も活用していましたが、最後の欠けが戻る頃は、肉眼で見るより、ずっと戻る様子が見えました。(子供の付録も馬鹿にできないものですね)
 次は、2010年の12月22日だそうです。20070828

2007年8月27日 (月)

金色のコルダ クラシック・コレクションコンプリートBOX

 佐賀旅行に行ったときにずっと聴き続けていたのが、このCD(といっても、CD,3枚のうち、1枚を家のCDの中に忘れていたので、2枚をエンドレスで聞いていたんだけどね。。。)
 実は、このCDのうち、3分の1は(ということは1枚分)は、同じものを持っている!!。。。というのも、このCD...クラシックコレクションの第1、2、3、4セレクションのCDとWhite Day Edition がまとまったもので、私は、既に1、3セレクションのCDは買っていたので、どうしようか迷ったんですが、こっちのCD集のほうが、私ではなく!!子供が聴くと思い購入しました!
 なぜ、こっちのCDのほうが子供が聴くかというと、クラシックコレクションのCDは、後半は原曲がまるまる入っているのだけど、これは前半のアニメで使われている部分とキャラの声のみが入っているので、子供にはとっても聴きやすいみたいです。
 子供って、そう長い曲は聴けないからね〜。いろんな曲を覚えるっていうのにはもってこいな感じです。
 うちの子供なんか、弦楽器の音はしょっちゅう聴いているけど、ほかの楽器はあまり聴かないので、ほかの楽器を聴くいいきっかけにもなったみたいです。
 それと、このCD集にはおまけに、ステラ・コンサートのDVDがついているんだけど、おまけというにはかなり長いDVDで(多分コンサートまるごと入っている感じです)、セレクションの曲だけでなく、「CRESCEND」(Vn&Pnバージョンが好きです)や、かなやんのテノールなども入っていて見応えあります。...これも子供が喜んでみてます。
 ま、クラシック入門にはもってこいのCD集だと思います!

 昨日、ダンナの学生時代の友達がピアノのコンクールの審査員がてら遊びにきてましたが、 土浦くんの演奏担当の岡田さんも審査員だったようです。岡田さんって福岡出身だったんですね。知らなかったです。

2007年8月26日 (日)

佐賀旅行

木、金曜日、母と子供と4人で、佐賀県に旅行に行った。。。佐賀なんて、1、2時間でついちゃうし、楽勝(何が!?)と思ったのが、いけなかった。母は、カーナビもついてないのに、地図も持っていなかったし、私も、母任せだったので(運転は母がするので)なんにも考えてなかったら、道に迷いまくりました。だいたい、どこに行くかは決めてたものの、行く順番を決めてなかったのがいけなくて、なんか暑い中、ぐるぐるまわってぐったり!
 一日目は、いかしゅうまいで有名な、海中レストラン「萬坊」にいき(ちょうど、お昼時で、結構まちました)、その後、マリンパル呼子の海中展望船ジーラにのりました。。。って、どっちも、海中の魚見学じゃん。。。内容、かぶってるし。。子供は喜んでたけど、この時点でもうへとへと。で、また途中で迷いつつ、いろは島の国民宿舎につきました。
 ここは、海の真ん前で、プライベートビーチもあり、きてみて分かったことですが、はじめから、ここにきて、海水浴するのがよかったみたい!見晴らしと、海の綺麗さは保証します!
 あ、温泉もいいお湯でした!!、、、ただ、古いので、冷房がうるさいの。夜中も、やっぱ暑いので、冷房つけっぱなしにしていたんだけど、ガーガーいうので、朝方、何回もおきました。(寝る時は、睡眠導入剤を飲んで寝たので、よく眠れたんだけど。。。おいおい)
 二日目は、朝、いろは島の隣の、花と緑の島だっけ!?にアスレチックみたいなのがあるというので、朝から行ってみたところ、古びてて、自動販売機もなく、脱水症状になる一歩手前で、島を一周し終えました。子供は、なぜか楽しんでたけど、全然お勧めしません!!
その後、車で、現会長に移動し、玄海エネルギーパークに行きました。7月に、大学の同級生とその子供たちと、福岡にある、九州エネルギー館に行ったこともあり、今年は、エネルギーについて(特に原子力エネルギー)よく学んだ夏だったなあと思いました。子供の自由研究の材料に使おうと思います!
 帰りに、人気のステーキレストラン「蜂」に行ったけど、もう疲れてて、おいしいのかなんなのか、正直分からないほどでした。
 八月下旬になると、少しは涼しいのかと期待してたけど、やっぱ、35度超える猛暑!!
旅行は好きだけど、やっぱ、出かけるより、家で、DVD鑑賞や、読書のほうが絶対いい!!と改めて思いました。
 毎年、母と出かけてたけど、来年の夏からはもう遠慮しよう!。。行くなら、違う季節にしてもらおうっと。
  

ジーラから見た魚の群れ(これって、えさやって集めてるんですよ)
070826_1817
いろは島から見た風景070826_1831

2007年8月20日 (月)

コルダな生徒

 今日、二回目のレッスンをした中3の女の子は(いやあ。受験は、いいんですか〜?って、聞いちゃいましたよ〜)「金色のコルダ」が好きで、ヴァイオリンをはじめた生徒さんです!
 前にも書きましたが、私は、生徒あてに毎月、お便りを作って、コピーして、渡しているのですが、最近は、必ず!?「金色のコルダ」か「ケロロ軍曹」のイラストをちょこちょこっと書いてます。(内容は、音楽ネタです!!)
で、話しがそれましたが、彼女が一回目のレッスンにきた際、お便りを渡したところ「あ、コルダ!」というもので(ちなみに火原っちを書いていたものでしたが。。)「金色のコルダ。。知ってるの!?」って聞いたところ、お母様が、「この子は、受験生なのに、漫画の影響でヴァイオリンを習いたいって聞かないんですよ!」と、おっしゃってました。
 今日、きたときに聞いたら、「月森君のラヴェルのツィガーヌに憧れて、弾きたくて。。」って言ってましたが、、、
実は、私も月森君につられて、練習してたのに、最近放置しているのでした。。。う〜ん、もう弾けなくなっているかも!?(生徒のあこがれの曲が弾けない先生じゃ、いけないので、練習しなきゃ。。ですね!)
 正直、中3から初めてツィガーヌは、どうなんでしょう〜!?。。まあ、目標を高く持つことはいいことだけどね!
 「とりあえず、ゴセックのガボットを目指しましょうね!」と言っておきました!
 でも、なんにしても、「コルダ」でヴァイオリンをはじめたいなんていい理由だわ〜(私だけですね。。。すみません)
 

2007年8月19日 (日)

アクロス弦楽合奏団

昨日、福津市のカメリアホールでアクロス弦楽合奏団の演奏会を聴きました。このコンサート、福津市の企画で無料だったの。たまたま、レッスンに帰る日と重なってるのもあり、親にチケットとってもらいました。(次女は託児があったので預けました)
 曲目が、弦楽アンサンブルではメジャーな曲ばかりだったので、長女も楽しんでました。私も、地元で弦楽合奏団に入っているので、参考になりました。やっぱ、低弦が上手だといいなあと思いました。安定感が違うというか。コントラバスが積極的に弾いていていい感じでした。
 でも、スークの弦セレは、やっぱ、難しそうでしたね!私、この曲、弾いた時、あまりよく弾けなかった(こなしきってなかった)記憶があるのですが、やっぱ、それじゃ、だめだな〜と、なんか、思い出して、反省してしまいました。
 私も、頑張らなきゃなあ〜。
 
今日は、大人の趣味の弦楽合奏団の手伝いを、ヴィオラでしていましたが、なんだかね。( ̄. ̄;)
2週間後に、ちょっとしたコンサートに出るんだけど、大丈夫なんだろうか。。なんだか心配だな〜(^_^;)

2007年8月18日 (土)

酷暑で観光

一昨日、昨日と一泊二日で突然、静岡から友達が来た!なにも、こんな暑い時に来なくてもいいものを…と思いつつ、まぁ彼女もいつも忙しいから、今しか来れないんだろーけど。それにしても、この暑い中、何処に観光に行けばいいの!?思いっきりインドア派の私には、37度の中、出かけるのはつらいの一言なのでした。
で、その中でも暑さに堪えられる平尾台の鍾乳洞に行ってきました。さすが山の上だけあって気温も30度。鍾乳洞の中は涼しいし、途中から水の中を歩くのですが、水はめちゃ冷たくて、足が痛いほどでした。ただ人が多い多い…。
昨日は海辺でバーベキューができるお店に行ったんだけど、活きのいいサザエに情がわいた子供が連れて帰る!とごね、海水とともに持ち帰るはめに…ペットにサザエなんか飼う人、いないんですけど(-.-;)
その後、温泉に行きました…彼女は私がどうしても実家のレッスンを変更できないので、慌ただしく戻り、私も子供と実家にレッスンへ行きました。
なんだか、観光地らしいとこにも連れて行ってあげれず、悪かったかな?とも思いましたが、考えてみると今の時期、いったい何処に行ったら楽しいのか…よくわからない私でした。
それにしても、暑い!…今、私の行きたい所…涼しい所ですね…それだけで充分です(^_^)

2007年8月16日 (木)

韓国映画「デイジー」

昨日は、前から見ようと思っていた「デイジー」を見ました。
。。と言いつつ、内容は、全く知らず、このポスターを見たことがあるのみで、映画館で見たいな〜とおもいつついきそびれてました。Daisyp1
。。で、内容は私が予想としたものとはるかに違い(推理ものの含まれる恋愛ものかと思ってたので)

オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客として花を持って現れたジョンウに心惹かれるようになる。そんなヘヨンの毎日を人知れず見守り続ける男パクウィ。花を育てクラシック音楽を愛するその男は暗殺のプロだった…。

こんな感じのストーリーですが、はじめ、パクウィ(チョンウソン)が全然出てこないので、??と思ってみてたのですが、30分くらい経ってやっと出てきました。ちょっと。。いや、かなりストーカーチックなんですけど、でも、かっこいいから許そう(*^_^*)
それにしても、パクウィの孤独を表すように!?チャイコフスキーの舟歌「無言歌。。ピアノ曲集。。ですよね!?」が流れるんだけど、これがまたいい味を出しているのよね。それと、死を表す黒いチューリップ。。
そう、この映画、全編オールオランダロケなのですが、この、オランダの風景が素敵です。デイジーの花が咲いている風景も、きれいです。
 話しの筋は、「レオン」に少し似ているかな!?と思いつつ、わりと王道の韓流ラブストーリーなのですが、すっかり、はまって泣いてしまいました。
 とくに、後半、刑事が戻ってきたあたりから。。やられましたね。
まあ、できすぎた話しなので、賛否両論あると思いますが、純愛モノの好きな方にはおすすめ!(私、ほんとは、あんまり、ラブストーリーは見ないんですが、この映画はよかった。)
  それにしても、韓国映画は、どうしてこうクラシックをうまく使うんだろう!?
 「スカーレット レター」のベルディの「運命の力序曲」もインパクとあったな〜(これは作品もインパクトあったけど)   
 クラシック音楽が使われている映画は大好きな私なのです!
 Daisy2

2007年8月13日 (月)

セブンイレブン ポケモンスタンプラリー

チュジフンがアックジョンを無防備に颯爽と、自転車で走っているのを見て触発されたわけでは、けしてありませんが、、、
 なぜか、ポケモンスタンプラリーを、子供と自転車で、1日で7件もまわった!(4件でシール、8件でポスターがもらえるの)。。車でピューット回ってもよかったんだけど、自転車で回るって言うので、冷房のところでゴロゴロしてばかりではいけないしな〜と、軽い気持ちで!?つきあうことに。。しかし、思ったより、坂がかなりあるし、次女を乗せたママチャリと、サイズのあわなくなった小さな自転車に乗る長女と悪戦苦闘しました。スタンプだけ押すのも悪いので、ポカリや、お水を買い買い、、回りました!
 いやあ、今日こそ、セブンイレブンの看板が見えてうれしい!と思った日はなかったです!
明日は、筋肉痛だ〜!0000387mPokemonrally07_01

あなたにとって化粧品とは。。

ブログルポにはるか昔登録したけど、記事書いたこと、一度しかなかったので、今回、化粧品についてというかけそうな内容だったので、書いてみることにしました!

私、ファンデーション塗るの、あんまりすきじゃないんですよね。なんか毛穴が呼吸できない感じがして。。で、お化粧せずに、しょっちゅうレッスンしている(ーー;)。。特に、今日一人しかレッスンないや〜っていう日なんかとくに。。

そんな私なのですが、基礎化粧品は大好きなんですよね!っていうか、**キット(セット)に弱いのよね!
実は、今日も愛用している化粧品のお得な限定セットが販売されていたのを買いにいってしまいました。(^_^;)
年に何回出るのかちょっと分からないけど、私が大学生の頃より、今のほうがこの**キットの販売が多く、これをかっていると、普通サイズの化粧品は買わないでいいかも!?ってぐらい販売されますね。
 お得感があるのと、手頃な値段がよくて、だ〜い好き!そして、念入りにお手入れしない私でも、飽きずに使い切れるところも気に入っています。
だったら、ファンデーションまで、ちゃんとしたらいいのに。。と言われそうですが、朝から、洗顔、化粧水、美容液、乳液(は、夏はつけたくないから省いて日焼け止めのベース)までつけたら、もう満足してしまって!?やる気が起きないのよね〜(--;)
 最近は、ファンデーションセットの発売も多いけど、そんな理由で半分はスルーしてしまってます。
まあ、化粧も習慣でしょうし、毎日するとちゃんとするんでしょうけどね。汗で流れ落ちない季節がきたら、バリ〜っと顔を作ってみようかな〜!?
化粧品
無添加化粧品のフェヴリナ
この記事はブログルポの化粧品特集の依頼により執筆しました。

2007年8月12日 (日)

角川夏の100冊

ケロロ軍曹の好きな私は、毎年、「角川夏の100冊」を購入する。というのも、2冊読むと、ブックカバーがもらえる企画に、毎年ケロロ柄のカバーがあるからなのさ!
今年は、乙一さんの本を三冊買い、ほぼ読みきった。(とりあえず、ケロロカバーは応募した)
読み終わったのは、「GOTH」夜の章と、僕の章。。。乙一さんの本は若者に!?人気ときいてたので、どんなんだろう!?と思ってたんだけど。。残酷な描写がリアルで、思わず目を覆いたくなるところもあるのですが、推理小説仕立てなので、先に先に読み進んでいってしまいました。話しがどれもうま〜くどんでん返しがあるのと、短編だけど、主人公が同じで話しがリンクしているのもいい感じです。
 もう少しで読み終わる、もう一冊の乙一さんの「失はれる物語」は「GOTH」とはまた違った感じなんだけど、この表題の「失はれる物語」のもし自分が主人公になったらと思うと、ぞ〜っとする話しで、実はこの話し、仕事帰りのバスでよんでたのにも関わらず、とあるところで、涙が出てきて困りました。これは、読んでみてほしいです。(でも、乙一さんの本って、結構精神的にきつい気がするのは、私だけだろうか!?)
 この本の中の、「Calling you」 という話しは、「きみにしかきこえない」という題名で、今映画になっているようです。
 
今日は、またブックカバーのために、「パイロットフィッシュ」という本を買ってきました。面白いのだろうか!?
毎年、買っていると。。っていうか、100冊のときに買っちゃったもののほかにも「ダヴィンチコード」や「天使と悪魔」etc..かってる本が入ってると、選ぶのに苦労してしまいます。
 
あ、そうそう、今年は、ブックカバーのほかに、ほんの中にMacのアイスコーヒーsのドリンク無料券までついてるからかなりお得な気がする(でも、近所にMacないから使わなかったりしてね!?)

文庫本と一緒に「韓国ドラマ通信」チュジフン特集もゲットしてきました!この雑誌、いいわ!!先日韓国に行った友人に買ってきてもらった「Singles」もよかったけど、これもジフニ萌え〜!!ですね!(ちなみに表紙の写真。。)
Minsu03581181367931240320

2007年8月 7日 (火)

雨の中で海水浴(>_<)

はっきり言ってアウトドアとか、海水浴とか苦手なんだけど、ダンナと子供に押し切られ!?昨日海水浴に行きました。
 ダンナがアウトドア系のはずはなかったのですが、いつの間にやら、簡易テントやバーベキューセットまで用意し(って私と次女が寝ている間に、長女と二人で買い物にはりきっていってた ○ ○;)行かないといけない雰囲気に。。でも、泳ぎたくないので、本持参で、ビーチでゴロゴロを狙ってたのですが。。。
 ついて30分もすると、大雨に...しかも、横殴りのひどい雨風。。。持っていったテントの中も雨でびしょぬれ。。私たちもずぶぬれ。。
 頭の中では、先日弾いたヴィヴァルディの「夏」の3楽章がエンドレスで鳴り響いてました(T_T)
 すこし小振りになったところで、バーベキューをはじめましたが、寒い。寒い!冷やしてきたお茶も、ビールもいらないから、温かいコーヒーが飲みたいよう...っておもいましたが、ないし(×_×;)
 しょうがなく、炭火の火で細々暖まりながら、バーベキューをしていましたが、、また大雨に!!

 その後、どうにか雨はやみ、子供たちはご機嫌で海で泳いでいましたが、疲れた私は、もう本を読む気力もなく(って雨で湿って本はへなへなになってるし〜)ちょっとだけ海に入り、後はぼんやりしていました。
で、帰りがけ、また大雨に遭い、ぬれながら片付け、疲れきっちゃいました。日焼けは嫌だけど、雨で風邪引くのも困りもの。うう、、頭痛がするよ〜。でも、海で使った物の後片付けもしなきゃ。。
 夏休みって疲れる〜(T^T)

画像の向きを変えるすべを知らない私(^_^;)
雨の中で海水浴(>_<)

2007年8月 6日 (月)

ピリオド奏法

 一言で言えば、「ピリオド奏法」というのは「作曲家が作曲した時に想定していた演奏法」ということです。
音源が残ってないので、はっきりとしたことはわからないのですが、当時は楽器も今と違うし(現代の楽器のほうがパワフルな音がします)、演奏された場所も今のような大ホールではなく、貴族の人のお屋敷やお城の一室だったわけで、今とはかなり音の出し方、響きや表情の付け方などが違ったんじゃないか。。それを再現して演奏してみよう!。。というのが、「ピリオド奏法」です。
 当時の文献を調べることにより、装飾音の記号の意味や、記譜の仕方などが現代の物と異なっていることがわかったり、楽器を弾いてみることにより、こんな感じじゃないのか?っていうのがいろいろ研究されずいぶんいろいろなことが分かってきたみたいですね。
  だから、「ピリオド奏法」=non vibrate っていうわけでもないし、まあ、non vibrate のところはおおいけど、当時の文献にもvibrateのことはのっているらしく、全部がnon vibってわけでもないみたいです! 
 ただ今みたいに、音を柔らかく歌うために、たくさんかけるって感じじゃなくて、かける音とかけない音をしっかり区別して、装飾のように、強調したい音にかけるような使い方をしていたみたいです。
 
ピリオドとは俗にいう「点」のことで、期間、時代、時間の意味をもち、作曲家が作曲をした時点での場所や環境も含む音楽の捉え方や奏法のことだそうです。
 
 というわけで、一般的にピリオド奏法=バロック(古典含む)と言われてますが(。。え!?違う(゜O゜;。。)作曲した時点の時代の音楽に立ち返るってことだから、バロックに限らず、ブラームスでも、マーラーでもその作曲した時点の想定した音楽に立ち返るのなら「ピリオド奏法」って言ってもいいのかな。。といいつつマーラーの時代には音源が残っているし、今とあまりかわらないので!?「ピリオド奏法」って言いませんよね。。(あ、、勝手なこと書ちゃったかも(--;) )

あと、昨日書いた「メッサ ディ ヴォーチェ」っていうのは、音を膨らませる(特に長い音を。。)奏法で、歌を歌うような!?弾き方のことです。(現代ではバロックや古典の音はまっすぐ弾くでしょ!?)

ともあれ当時の音楽をタイムスリップしてみてくるわけにもいかないので、いろんな考え方の「ピリオド奏法」があるようですね(^_^;)

日頃、まじめな分を書かないので、偉い時間がかかってしまった。。。まじめなヴァイオリン日記書いてる皆さんを改めて尊敬してしまったわ(^_-)-☆
 

2007年8月 5日 (日)

響ホール室内合奏団コンサート

終わってしまえばあっという間のようなきもしますが、今回はリハ4日だったので、きつかったです。(個人的には3日でも良かったような気もしますが、それは私が体力のないヘタレだからかも(×_×;))
 私個人の反省点は、やっぱり苦手な「アイネクライネナハトムジーク」がぎこちない演奏をしてしまったことかな。もう、トラウマですね。。(って言い切っていいわけではないんですけど^_^;。。もう、永遠の課題ですね。。すみません(→。←)")
 う〜ん。正直なところ、まだ、ピリオド奏法が身に付かない。。っていうか、舞曲のステップがわからないからガボットとか、メヌエットとかといっても、細かいニュアンスの付け方!?に自信を持てないのよね〜。そして、「メッサ ディ ヴォーチェ  で、弾きなさい」と言われても、なんかこんな物なのかな〜みたいな感じで、ちょっと自分に自信がないぶん嘘くさいのよね(ほかの団員の皆さんは別として、これはあくまでも私個人のことね(;^_^A)
 まあ、九月のセミナーでこの部分の問題は取り上げていただけることになったので(ラ〜ッキ〜)もうちょっと勉強して習得するつもりです。
 とはいっても、「ピリオド奏法」とはなんぞや!?ということはずいぶんわかったので(頭では、ずいぶん理解できたつもりなので)明日書きます!
 今日はもう疲れました!。。夕食に子供引き連れて(ダンナは打ち上げ)、自分にご褒美で、フォアグラ食べちゃった (●^o^●)。。でも、ほんとのこと言うと、疲れすぎて、おいしいのかおいしくないのか判別できませんでした(泣)

2007年8月 4日 (土)

演奏会のお知らせ

演奏会までの間、この記事をTOPにおいてます。ブログは、ぼちぼち更新しますので、下に進んで!?見てね!

響ホール室内合奏団    第10回 定期演奏会

2007年 8月 4日(土) 
    15:00開場   16:00開演

ヘンデル            合奏協奏曲 第5番
ヴィヴァルディ  ヴァイオリン協奏曲「四季」より「春・夏」
バッハ      ブランデンブルグ協奏曲第3番
モーツアルト   アイネクライネナハトムジーク


一般3000円(当日3500円)    学生1000円(当日1500円)

すごく聴きやすいプログラムなので、ぜひ、聴きにきてくださいね!私も弾いてます!
指揮は、前に、ブログにも書いた、有田正広先生です! よろしく!!Showletter

2007年8月 1日 (水)

コンサートの練習二日目!

昨日から、このtopページの記事の演奏会の練習が始まりました。普通コンサートの前は3日リハーサルが多いのですが、今回は4日もリハがあり大変です。といいつつも、ピリオド奏法が頭ではわかっても、体がなかなか反応しないので、4日のリハでよかったのかも!?
 「アイネクライネナハトムジーク」はなぜか昔から苦手な曲なのですが、今回は当時のテンポで。。ということで、思ったよりもかなり速いテンポで、なんだかプレッシャーを感じてしまう私です。2楽章(ロマンス)も実は舞曲だということでかなり軽やかなテンポです(これはなれれば心地よいのかもしれませんが。。)
 「ヘンデル」もまだ自分の中では消化できていないので、後2日でちゃんと弾きこなせるといいなと思ってます。
やっぱり、自分の中でしっかり音楽の作りを理解していないと、音楽を楽しむことはできないからなあ〜。
明日は、台風も心配ですが、頑張ろ〜っと。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »