教室HP

教室案内は、プロフィールの中に書いてます!

スポンサードリンク

  • カスタム検索

ブクロブ

無料ブログはココログ

天気図

« あやしい?ヴァイオリン | トップページ | あやしいヴァイオリン その2 »

2007年5月 6日 (日)

その人その人に合ったレッスン

ヴァイオリン(ピアノも含む)のレッスンをしている際、練習量と、弾ける度合いによってレッスンの内容もすごく変わります.
よく練習してきて、曲や、エチュードをこなしている生徒さんは、曲の歌い方や、色づけ?中心のレッスンをします。
で、自分が習ってたときの先生のことも思い出しつつ、自分の体験も含め思うことは、、先生も人間。。疲れているときや、気分が乗らないときもあるわけで、そういう時には、歌い方を教えるのは難しく(インスピレーションがわきにくい!?)形式張ったことや、技術的なことを中心にレッスンしてしまいがちです.とはいいつつ生徒さんがよく練習してきているのを見て、気分も乗り、いいレッスンができる場合もあります.
 では、あまり練習してない生徒や、ちょっとぶきようさんな生徒はどういったレッスンをしているかというと、曲の場合は、弾けないところをピックアップして、指の確認(ひっ付ける指、のばす指、押さえたままの指など)、弓の動かし方の確認(解放弦で、腕の動かし方のパターンを覚えさせたり)をしつつ、繰り返しできないところを弾かせる練習のレッスンを中心にレッスンしています.
 その他、楽典的なことを教えたり、なぜか、学校の音楽の試験の勉強(楽典的なもの)を教えてあげることもあり、千差万別ですね!
 理想を言えば、ある程度、練習していてくれて、一人ではできない難しい技術を要する場所と音楽的なことだけ教えればいいような生徒さんばかりだと嬉しいのですが、現実は(* ̄∧ ̄*;)ウーン
 でも、みんなそれなりに?  ぉぃぉぃ(,,´¬д¬)っ"  気持ちはあるからレッスンに来ているのでしょうから、私もそれを見越して、少しでも、ヴァイオリンの上達の手助けをしていきたいと思います.(^ー^* )♪

 

« あやしい?ヴァイオリン | トップページ | あやしいヴァイオリン その2 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215772/6323536

この記事へのトラックバック一覧です: その人その人に合ったレッスン:

« あやしい?ヴァイオリン | トップページ | あやしいヴァイオリン その2 »